495件中 51 - 60件表示
  • 天覧山駅

    天覧山駅から見た西武池袋線西武池袋線

    天覧山駅(てんらんざんえき)は、かつて埼玉県飯能市本町(廃駅当時は大字原町)に存在した西武鉄道池袋線の駅。天覧山駅 フレッシュアイペディアより)

  • 準急列車

    準急列車から見た西武池袋線西武池袋線

    2010年現在では津軽鉄道、名古屋鉄道と、阪急電鉄、近畿日本鉄道のうち一部のものを除いた、大半の私鉄の準急が都市部付近では急行(西武池袋線は快速)と同じ停車駅で運行し、郊外では各駅停車になる、区間急行的な種別として設定されており、急行や区間急行と並行して設定されている路線では一部の例外を除き急行運転区間では急行と同じかそれよりもこまめに停車し、区間急行よりも通過運転区間が短い種別として設定される傾向にある。準急列車 フレッシュアイペディアより)

  • 東長崎

    東長崎から見た西武池袋線西武池袋線

    自治体としての東長崎町の沿革については当該項目を、東京都豊島区の西武池袋線東長崎駅近辺については長崎(豊島区)を参照のこと。東長崎 フレッシュアイペディアより)

  • 西武ぶしニュータウン

    西武ぶしニュータウンから見た西武池袋線西武池袋線

    ニュータウンを東西に分断するかのように、中心部に飯能狭山バイパス(国道299号)が南北に通っている(ニュータウンには直接接続していない)。交通は西武池袋線仏子駅からのバスを利用する。西武ぶしニュータウン フレッシュアイペディアより)

  • 停車 (鉄道)

    停車 (鉄道)から見た西武池袋線西武池袋線

    多くの場合、緩急接続のため上位の列車種別の停車駅には下位の列車種別の列車は必ず停車するが、ラッシュ時にそれを行うと、より速達効果の高い上位種別列車に乗客が集中し、乗換駅での乗降時間の増大を招く。それを防ぐため、種別ごとに対象とする駅を分散させ、列車ごとの乗客数を平準化することが千鳥停車を実施する主な理由である。列車の追越もあまり行わず、複数種別の列車が走る場合でも平行ダイヤに近い形態をとることもある。代表的な事例として、西武池袋線の池袋 - 所沢間が挙げられる(1998年3月 - 2001年12月までが最も多く、10種もの列車種別が存在していた)。停車 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 西武20000系電車

    西武20000系電車から見た西武池袋線西武池袋線

    本系列は従来、主力車両として運用された101系電車のうち、初期に新製された車両(低運転台車)104両の老朽化に伴う代替を目的として導入された 。設計コンセプトは「シンプル&クリーン」とした 。なお、本系列は最終的に10両編成8本(80両)、8両編成8本(64両)の計144両が製作されており、101系の代替車両数より40両多くなっている。これは2000年度・2001年度に増備した2・3次車8両編成5本(40両)が池袋線中村橋 - 練馬高野台間の複々線延伸に伴う列車増発用として新製されたためである 。西武20000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 西武バス飯能営業所

    西武バス飯能営業所から見た西武池袋線西武池袋線

    西武バス飯能営業所(せいぶバスはんのうえいぎょうしょ)は、埼玉県飯能市美杉台にあり、西武バスのうち飯能市、入間市、狭山市、所沢市などの西武池袋線沿線地域と、東京都青梅市、西多摩郡瑞穂町周辺の路線を受け持っている営業所である。最寄りの停留所は美杉台ニュータウンである。西武バス飯能営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 西武バス練馬営業所

    西武バス練馬営業所から見た西武池袋線西武池袋線

    練馬駅から田柄地区、下赤塚駅を通り成増駅まで南北に結ぶ。現存する当営業所管内の路線では最古で、1950年10月10日に開通した。池袋駅東口(西武百貨店)から目白通り・練馬駅を経て成増までの直通便(成池線)が存在したが、渋滞の悪化に伴う長距離バス需要の低下によって1960年代に廃止され、1970年代に入ると西武池袋線の踏切渋滞を避ける形で豊島園以南が廃止された。これにより、以後の成増線は、豊11-2として朝夕に練馬駅発着便を若干走らせていた時期を除き、長らく豊島園 - 成増間の運行に徹することとなった。西武バス練馬営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川東部方面線

    神奈川東部方面線から見た西武池袋線西武池袋線

    なお、東横線は終着駅である横浜駅から横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転を実施している。東横線とみなとみらい線は、ほぼ全ての列車が相互直通運転を行うなど事実上一つの路線として一体的な運用を行っている。さらに、2013年3月16日からは、もう一方の終着駅である渋谷駅で東京メトロ副都心線(及びその先の西武池袋線と東武東上線を含む)との相互直通運転も開始する予定である。このうち、東京メトロや東武鉄道は本路線への乗り入れについて言及をしていないが、西武鉄道は既に社内向けの広報誌において「本路線が完成した場合でも副都心線・東横線を介した相鉄線方面への乗り入れは実施しない」と示している。神奈川東部方面線 フレッシュアイペディアより)

  • 北中 (所沢市)

    北中 (所沢市)から見た西武池袋線西武池袋線

    西武池袋線小手指駅の北方に位置し、岩岡町、向陽町、青葉台、小手指町、東狭山ヶ丘、および狭山市南入曽と隣接する。北中 (所沢市) フレッシュアイペディアより)

495件中 51 - 60件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード