495件中 61 - 70件表示
  • 東京地下鉄

    東京地下鉄から見た西武池袋線西武池袋線

    東武東上線(森林公園駅)1・西武池袋線・有楽町線(飯能駅)2 - 有楽町線東京地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 西東京市

    西東京市から見た西武池袋線西武池袋線

    交通は東京の中心へ向かう東西が主で青梅街道、五日市街道の主要道路、鉄道も西武鉄道池袋線、西武鉄道新宿線がいずれも市内を東西に連絡している。南北の交通は市域のほぼ中央にあたる谷戸新道、境新道があるが鉄道線は南北への連絡はなく、南北の移動はバスが中心となる。西東京市 フレッシュアイペディアより)

  • 西武豊島線

    西武豊島線から見た西武池袋線西武池袋線

    豊島園行きの始発列車、豊島園発の最終列車が線内運転である以外は、すべて池袋線池袋駅と豊島園駅間を直通する各駅停車である。線内運転の始発・最終列車も含めすべて8両編成で運行される。西武豊島線 フレッシュアイペディアより)

  • 所沢市

    所沢市から見た西武池袋線西武池袋線

    池袋を起点とする西武池袋線と西武新宿を起点とする西武新宿線の2つの幹線が東と南からやってきて、所沢駅に互い違いで乗り入れている。その後2つの路線はそれぞれ北と西とに進路を変え、当市内を横断する。所沢市 フレッシュアイペディアより)

  • 八高線

    八高線から見た西武池袋線西武池袋線

    箱根ヶ崎駅を出ると、かつては本線の右側を複線のように貨物線が並走していた。撤去された現在は草に覆れ面影が乏しい。ゆるい登り勾配を進むと、瑞穂バイパスの跨線橋をくぐる。ここで、八王子駅から当線の左右を並行して走ってきた国道16号と一旦別れ、川越市までは、当線と川越線とは全く別ルートを走る。埼玉県入間市に入り、狭山茶の茶畑の中を走り八高線最高地点を通過。掘割された圏央道を跨いで、緩い勾配を下ると八高線最高所駅の金子駅に到着する。金子駅からは加治丘陵を峠もなく20‰の急勾配で駆け下りる。この下り坂を金子坂という者もいるようだが、脇の道路を地元では長沢峠と言い、新久から仏子への丘陵を越える道路のことを金子坂と言う。飯能市に入り左にカーブすると、右手に駿河台大学が見えてくる。そして高い築堤と橋梁で入間川を渡る。複線の西武池袋線の上を越える手前で築堤から高架になる。元々は入間川橋梁から築堤で高さをキープして、単線の池袋線を橋で跨いでいたが、池袋線の複線区間延長のため、橋を付け替えることが必要になり、元の築堤の左側に高架を造り、付け替えた。緩やかな左カーブを抜けると高架が終わり、住宅街の中を進むとやがて右にカーブする。すると、左側から飯能駅を経由しない短絡線の予定地だったスペースと、飯能駅でスイッチバックし単線になった同線が急カーブで寄り添ってきて東飯能駅に着く。同線がすぐまた左急カーブで離れ、国道299号の跨線橋をくぐり、鹿山峠を20‰の急勾配で登って駆け下りる。林地を抜け、左急カーブのすぐ右手に本線の変電所が見えるが、ここが1947年の八高線列車脱線転覆事故の現場であり、すぐに川越線との分岐点である、高麗川駅に到着となる。八高線 フレッシュアイペディアより)

  • 新秋津駅

    新秋津駅から見た西武池袋線西武池袋線

    構内から西武池袋線所沢駅方面への連絡線が延びている。これは、1976年(昭和51年)に武蔵野南線が開業した際に敷設されたもので、従来池袋線池袋駅と国分寺線国分寺駅で行われていた日本国有鉄道(国鉄) - 西武鉄道間の貨車中継はこの連絡線を使って当駅で実施されることになった。西武池袋線が貨物取扱を廃止してからは、新車搬入と地方私鉄への譲渡車両輸送や改修工事で車両メーカーへ輸送される際に使用されている。なお、他の西武線とつながっていない多摩川線使用車両の武蔵丘車両検修場における検査入出場は西武鉄道との連絡線を介し、甲種輸送で八王子駅経由で武蔵境駅へと向かうルートで輸送される。新秋津駅 フレッシュアイペディアより)

  • 信号場

    信号場から見た西武池袋線西武池袋線

    北飯能信号場:池袋線 東飯能 - 武蔵丘信号場間(類型3)信号場 フレッシュアイペディアより)

  • 東急東横線

    東急東横線から見た西武池袋線西武池袋線

    2013年(平成25年)3月16日 渋谷駅 - 代官山駅間の地下化および東京地下鉄副都心線との直通運転開始に伴うダイヤ改正を実施予定。副都心線経由で東武東上線・西武池袋線との相互直通運転を開始する一方で、日比谷線との直通運転を終了する。東急東横線 フレッシュアイペディアより)

  • 保谷市

    保谷市から見た西武池袋線西武池袋線

    大正時代に池袋と所沢をむすぶ武蔵野鉄道(現在の西武鉄道池袋線)が開通し、保谷駅・ひばりヶ丘駅(当時は田無町駅)が開業した。保谷市 フレッシュアイペディアより)

  • 清瀬市

    清瀬市から見た西武池袋線西武池袋線

    武蔵野台地の東北端手前約15km付近の平坦部に位置する。市域は、約6.5km×2kmの狭長の地で、その長軸は台地の傾斜と向きを同じくし、西高東低の地形をなしている。標高は、西方の竹丘(たけおか)地区で65m、北東の下宿(したじゅく)地区で20mと、6.5kmの間に45mの標高差がある。市域北部を流れる柳瀬川によるわずかの沖積低地があるが、それ以外は洪積台地が占める。柳瀬川に沿う中里(なかざと)、下宿地区は、柳瀬川の低地より5〜10m高く、清瀬旭が丘団地付近の台地よりも10〜15m低い標高25〜30mのテラス状になっており、下清戸(しもきよと)、中清戸(なかきよと)、上清戸(かみきよと)地区から西武鉄道池袋線周辺の市街地へと続く広範な台地である。団地北側の崖面からみると、6mほど関東ローム層が堆積し、その下は武蔵野礫層が堆積している。清瀬市 フレッシュアイペディアより)

495件中 61 - 70件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード