495件中 71 - 80件表示
  • 西武411系電車

    西武411系電車から見た西武池袋線西武池袋線

    改造後は常時701系列とともに運用され、一時期は池袋線系統でも運用されていたが、701系列の新宿線系統への集中配備化に伴って本系列も池袋線系統から撤退した。西武411系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の鉄道

    1998年の鉄道から見た西武池袋線西武池袋線

    (高架化) 練馬駅(池袋線、豊島線、西武有楽町線)1998年の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本町 (所沢市)

    宮本町 (所沢市)から見た西武池袋線西武池袋線

    所沢市中心市街地内に位置する。西武新宿線航空公園駅と西武池袋線西所沢駅を結んだ線上にあり、元町・金山町・西所沢・上新井・けやき台・泉町・喜多町・北有楽町・有楽町と隣接する。宮本町 (所沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 西武4000系電車

    西武4000系電車から見た西武池袋線西武池袋線

    本系列は、1988年(昭和63年)に101系の台車・制御装置・主電動機などの機器を流用して東急車輛製造で製造された。飯能 - 西武秩父間(池袋線・西武秩父線)のサービス改善と、秩父鉄道秩父本線への直通運転を目的として登場した。車両の塗装は8500系などと同じライオンズカラーであるが、本系列では赤・青・緑の帯の間に白のラインも入るなど異なる点もある。西武鉄道の特急車両以外の車両としては初めて妻面の窓を廃止したり、妻面以外の広告枠をなくしたりしている他、蛍光灯には連続型のカバーが取り付けられている。西武4000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 秩父鉄道秩父本線

    秩父鉄道秩父本線から見た西武池袋線西武池袋線

    西武鉄道池袋線・西武秩父線からの乗り入れは、平日は飯能駅から長瀞駅・三峰口駅までの1往復であるが、休日は2往復が西武線内で快速急行となって池袋駅から発着する。2007年3月5日までは長瀞発着列車はこれより先の寄居駅まで運転されていた。なお秩父夜祭当日は直通列車は西武秩父駅発着になる。秩父鉄道秩父本線 フレッシュアイペディアより)

  • 入間基地

    入間基地から見た西武池袋線西武池袋線

    2000年(平成12年) - 倉庫建物より火災を起こし、付近を通る西武池袋線が運休する等の影響を与えた。入間基地 フレッシュアイペディアより)

  • 所沢駅

    所沢駅から見た西武池袋線西武池袋線

    新宿線(駅番号:SS22)と池袋線(駅番号:SI17)が乗り入れ、両路線の乗換駅として機能している。歴史的な経緯から、西武鉄道の案内図などでは新宿線の方が優先され、『新宿線所沢駅』としていることが多い。所沢駅 フレッシュアイペディアより)

  • 列車種別

    列車種別から見た西武池袋線西武池袋線

    なお、列車種別の代替的な方策としては、個々の列車の停車駅数は一定水準に留め、列車ごとに望ましい停車駅を決定、割り振っていく方法が考えられる。このような方式で停車駅が決められた列車は、ある区間では各駅停車のように各駅に停車し、別の区間では全く停車しないということもあったりする。こうした運行手法は、近年の韓国や長野新幹線、アメリカの通勤鉄道などで採用されており、阪神電気鉄道の初期の急行運転や西武鉄道池袋線の朝ラッシュ時などに行われている千鳥停車もその一種だが、利用客の誤乗の可能性や、望ましい停車駅を策定する事の難しさからそれほど一般的ではない。列車種別 フレッシュアイペディアより)

  • 江古田駅

    江古田駅から見た西武池袋線西武池袋線

    江古田駅(えこだえき)は、東京都練馬区旭丘一丁目にある、西武鉄道池袋線の駅。駅番号はSI04。江古田駅 フレッシュアイペディアより)

  • 営団7000系電車

    営団7000系電車から見た西武池袋線西武池袋線

    1998年(平成10年)の新桜台 - 練馬間の複線化および西武池袋線乗り入れ開始に際しては、行先表示器がLED式に改修されている編成に西武形ATS・西武用列車無線装置などの乗り入れ機器を搭載し、字幕式で残っている編成は西武池袋線への乗り入れが不可能な編成として区別をした。後者も2000年(平成12年)度までにLED化と乗り入れ対応工事が施工され、全編成が西武乗り入れ対応車となった。このため、前面と側面それぞれに用意された列車種別表示窓に列車種別が表示されたことは一度もなく、側面の表示窓はアルミ板で塞がれたままであった。営団7000系電車 フレッシュアイペディアより)

495件中 71 - 80件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード