201件中 91 - 100件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た客車

    12系客車 - E851形電気機関車のさよなら運転列車の客車として借り入れて入線している。なお、営業運転のため、一旦西武鉄道の車両としての車籍を入れている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都立大泉高等学校・附属中学校

    石神井公園駅から大泉学園駅付近の区間は2015年1月まで高架化工事が実施された。ときおり畑が混じる住宅街を抜けて大泉高校・同附属中学校付近で右へカーブししばらくすると大泉学園駅に到着する。同駅は後述の狭山ヶ丘駅と同様に、池袋線の中でも特にホームがカーブしている駅である。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た笹目通り

    練馬高野台駅を出ると笹目通りと交差し、石神井公園駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た寄居駅

    西武秩父駅経由で三峰口駅に乗り入れる系統と秩父鉄道線御花畑駅経由で長瀞駅(2007年春の改正までは寄居駅まで)に乗り入れる系統があり、いずれも西武鉄道から秩父鉄道への片乗り入れ運転。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た正丸駅

    池袋 - 吾野間で休日運転されていた急行「正丸」「伊豆ヶ岳」が前身で、1969年の西武秩父線開業に伴い西武秩父まで延長された際に「奥秩父」「奥武蔵」の愛称に改称されたのが起源となる。停車駅は「奥秩父」が池袋 - 所沢 - 飯能 - 吾野 - 正丸 - 芦ヶ久保 - 西武秩父で、「奥武蔵」は飯能 - 西武秩父間が各駅停車。これらの列車は、当初は「ハイキング急行」もしくは「不定期急行」と呼ばれており、ヘッドマークも掲出されていたが、1973年の改正で「奥秩父」が消滅。さらに1980年には快速急行に種別が変更。愛称名も1980年代後半には使われなくなった。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都立保谷高等学校

    保谷駅を出ると右手に保谷電留線が見える。保谷駅 - ひばりヶ丘駅間の保谷高校付近に大きなカーブがある。カーブが終わり直線になり、東京都道36号保谷志木線の踏切を過ぎると、ひばりヶ丘駅が見えてくる。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東長崎駅

    東長崎駅は島式ホーム2面4線で、この区間での普通列車の待避駅となっている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た化石

    待避・折り返し用の中線がある仏子駅を出発すると、築堤を走り、右側に大きな団地を眺めつつ、入間川を渡る。この入間川橋梁は池袋線の橋梁の中で最も長い。入間川を渡る際、進行方向左側には使用されていない旧入間川橋梁が錆びた姿を晒している。また、北側の河原ではかつてアケボノゾウの足跡化石が見つかったことがある。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た練馬区立石神井東小学校

    富士見台駅を出ると、途中で環八通りを跨いで石神井東小学校を通過し、石神井川を越えると練馬高野台駅に着く。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見たホームドア

    07系 - 小竹向原駅と新線池袋駅(現副都心線池袋駅)にホームドアが設置されたため、ドアの間隔が他車両と異なる同車の乗り入れは事実上不可能となり、2007年10月で有楽町線での運用を離脱。現在は東西線で運用されている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

201件中 91 - 100件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード