171件中 91 - 100件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都道444号下石神井大泉線

    石神井公園駅を出るとひたすら住宅街や畑を通過する。途中東京都道444号下石神井大泉線の踏切までの直線区間は、高架複々線化用地として線路脇に空地が広がっている。大泉高校付近で右へカーブししばらくすると大泉学園駅に到着する。同駅は後述の狭山ヶ丘駅と同様に、池袋線の中でも特にホームがカーブしている駅である。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た笹目通り

    練馬高野台駅を出ると笹目通りと交差し、石神井公園駅に到着する。今後2014年度にかけて大泉学園駅付近まで高架になる予定となっている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東久留米駅

    ひばりヶ丘駅を出ると右にカーブし、落合川を渡る。次の東久留米駅まで住宅街がほとんどで、この区間は緩やかな下り勾配になっている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見たスクールバス

    入間川橋梁を渡りきると2009年8月に再有人化されるまで池袋線唯一の無人駅であった元加治駅に到着する。同駅からはかつて入間川に向かう貨物線が伸びていた。駅前は路線バスなどの発着もないため(駿河台大学へのスクールバスが発着するのみ)、閑散としている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都道318号環状七号線

    江古田駅を出た時点で環七通りをくぐり、桜台駅に至る。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都道233号東大泉田無線

    大泉学園駅を出てゆめりあの間を抜けてもまだしばらくカーブが続き、直線になると東京都道233号東大泉田無線(保谷街道)とほぼ平行して走る。保谷街道の踏切を越えると保谷駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た寄居駅

    西武秩父駅経由で三峰口駅に乗り入れる系統と秩父鉄道線御花畑駅経由で長瀞駅(2007年春の改正までは寄居駅まで)に乗り入れる系統があり、いずれも西武鉄道から秩父鉄道への片乗り入れ運転。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東所沢駅

    現・JR武蔵野線「東所沢駅」とは全く別地点で、関係もない。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た正丸駅

    池袋 - 吾野間で休日運転されていた急行「正丸」「伊豆ヶ岳」が前身で、1969年の西武秩父線開業に伴い西武秩父まで延長された際に「奥秩父」「奥武蔵」の愛称に改称されたのが起源となる。停車駅は「奥秩父」が池袋 - 所沢 - 飯能 - 吾野 - 正丸 - 芦ヶ久保 - 西武秩父で、「奥武蔵」は飯能 - 西武秩父間が各駅停車。これらの列車は、当初は「ハイキング急行」もしくは「不定期急行」と呼ばれており、ヘッドマークも掲出されていたが、1973年の改正で「奥秩父」が消滅。さらに1980年には快速急行に種別が変更。愛称名も1980年代後半には使われなくなった。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都立保谷高等学校

    保谷駅を出ると右手に保谷電留線が見える。保谷駅 - ひばりヶ丘駅間の保谷高校付近に大きなカーブがある。カーブが終わり直線になり、東京都道36号保谷志木線の踏切を過ぎると、ひばりヶ丘駅が見えてくる。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

171件中 91 - 100件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード