201件中 111 - 120件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た営団07系電車

    07系 - 小竹向原駅と新線池袋駅(現副都心線池袋駅)にホームドアが設置されたため、ドアの間隔が他車両と異なる同車の乗り入れは事実上不可能となり、2007年10月で有楽町線での運用を離脱。現在は東西線で運用されている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東横瀬駅

    東横瀬駅(貨物駅 芦ヶ久保 - 横瀬間 1996年4月1日廃止)西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東川 (埼玉県)

    同駅を出るとガードがあり国道463号と立体交差し、非常に緩いS字カーブを走る。さらに東川を越えるとこの付近には六所神社や住宅街、畑が広がる。S字カーブが終わると上新井の大踏切(西所沢6号踏切)から小手指駅までは直線である。近年線路下に新所沢駅から国道463号所沢入間バイパス(小手指バイパス)につながる新所沢駅前通り線が立体交差で開通した(上新井跨道橋)。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た変電所

    元加治駅を出ると畑と住宅地の中を走り、やがて八高線と交差し、くぐり抜けると上下線が分かれる。変電所が見えてくるあたりで未成線となった短絡線の建設予定地が分かれていく。この辺りでは、緩いカーブを描きながら、高速で走行する。しばらく行くと、東飯能方面からの単線の線路が合流し、飯能駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た駿河台大学

    入間川橋梁を渡りきると2009年8月に再有人化されるまで池袋線唯一の無人駅であった元加治駅に到着する。同駅からはかつて入間川に向かう貨物線が伸びていた。駅前は路線バスなどの発着もないため(駿河台大学へのスクールバスが発着するのみ)、閑散としている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東久留米駅

    ひばりヶ丘駅を出ると右にカーブし、落合川を渡る。次の東久留米駅まで住宅街がほとんどで、この区間は緩やかな下り勾配になっている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都道233号東大泉田無線

    大泉学園駅を出てゆめりあの間を抜けてもまだしばらくカーブが続き、直線になると東京都道233号東大泉田無線(保谷街道)とほぼ平行して走る。保谷街道の踏切を越えると保谷駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た国道16号

    入間市駅を出ると列車は築堤の上を走り、国道16号線と霞川を渡る。一瞬ではあるが、入間市市街地が望め、駅前の高層マンションや各種商業施設(コナミスポーツ、まるひろ百貨店、i-potなど)が望める。霞川を渡り終えるとすぐ切り立った崖に沿って、急カーブを描きながら走る。そのため進行方向右側の眺めは大変良く、ほんの一瞬だが、車窓の窓一面を空が占める。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た入間川 (埼玉県)

    待避・折り返し用の中線がある仏子駅を出発すると、築堤を走り、右側に大きな団地を眺めつつ、入間川を渡る。この入間川橋梁は池袋線の橋梁の中で最も長い。入間川を渡る際、進行方向左側には使用されていない旧入間川橋梁が錆びた姿を晒している。また、北側の河原ではかつてアケボノゾウの足跡化石が見つかったことがある。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都道311号環状八号線

    富士見台駅を出ると、途中で環八通りを跨いで石神井東小学校を通過し、石神井川を越えると練馬高野台駅に着く。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

201件中 111 - 120件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード