201件中 21 - 30件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た神奈川東部方面線

    なお東京急行電鉄と相模鉄道は2022年度下期の開業を目指し、東横線の日吉駅から綱島駅・新横浜駅・羽沢横浜国大駅を経て、相鉄線西谷駅までの間に約10kmに及ぶ「相鉄・東急直通線(仮称)」という連絡線を建設し、それを介した東急と相鉄の相互直通運転を計画しているが、詳細は未定である。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見たICカード

    池袋線では、2007年3月18日からSuicaとの相互利用が可能なICカード「PASMO」を導入しているが、自動改札機が設置されていない武蔵横手・東吾野・吾野の各駅は簡易ICカード改札機、その他の駅は自動改札機での対応となっている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た自衛隊

    武蔵藤沢駅を出発し国道463号(行政道路)の下をくぐり過ぎると、ひたすら航空自衛隊入間基地(とその跡地)の中を通り抜ける。車窓東側には、自衛隊の航空機を多数眺めることができる。かつてはここに、自衛隊への物資輸送のための、下原駅という貨物駅が設置されていた。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東武東上本線

    西武線のほか、同じく有楽町線・副都心線と相互直通運転を行う東武東上線にも乗り入れており、西武線直通列車の折り返しが東上線直通列車(またはその逆)となる運用もある。東武鉄道の車両は西武線への入線に対応していないため、乗り入れない。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た豊島区

    池袋線(いけぶくろせん)は、東京都豊島区の池袋駅と埼玉県飯能市の吾野駅を結ぶ西武鉄道の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はSI。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見たSuica

    池袋線では、2007年3月18日からSuicaとの相互利用が可能なICカード「PASMO」を導入しているが、自動改札機が設置されていない武蔵横手・東吾野・吾野の各駅は簡易ICカード改札機、その他の駅は自動改札機での対応となっている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た輪番停電

    3月14日 同月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による発電所の停止に伴う電力供給逼迫のため、東京電力が輪番停電(計画停電)を実施。これに伴い、この日から東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線との相互直通運転・秩父鉄道秩父本線との直通運転が休止され、特急レッドアローの運転が休止される。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た交通新聞社

    どの列車がどの車両で運転されるかは『MY LINE 東京時刻表』(交通新聞社)の列車番号欄にて判別ができる(西武池袋線のページでは相互直通列車も西武方式の列車番号で記載されているため判別は不可能)。列車番号末尾アルファベットの「M」が西武6000系(02M以降の偶数番号)、「S」が東京地下鉄所属車両(8両編成は01S - 19S/10両編成は21S以降の奇数番号)、「K」が東急・横浜高速所属車両(8両編成は01K - 49K/10両編成は51K以降)となっている(「T」は東武所属車両で01T以降の奇数番号)。なお、列車番号が6桁の数字で表記されている東横線・みなとみらい線では上3桁が運用番号で、100番台が西武6000系、700番台が東京地下鉄所属車両、000番台が東急・横浜高速所属車両となっており(800番台は東武所属車両)、例えば「02M」の場合は東横線・みなとみらい線では「102」となる。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た帝都高速度交通営団

    1998年(平成10年)3月26日 西武有楽町線を介して帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)有楽町線と相互直通運転開始。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見たちちぶ (列車)

    ちちぶ」:池袋駅 - 西武秩父駅間の運転西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

201件中 21 - 30件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード