201件中 41 - 50件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西武4000系電車

    このほか、2016年4月17日より、西武4000系1本(4009F)を改造した「旅するレストラン 52席の至福」が、土曜・休日を中心に年間100日程度、池袋駅または西武新宿線西武新宿駅から西武秩父駅まで1往復運行される。ただし、所要時間は通常と比べて長くなっている。2017年以降は、夕方のみ池袋線池袋駅から飯能方面へ向かい、池袋駅へ戻ってくるコースも用意された。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た入間基地

    武蔵藤沢駅を出発し国道463号(行政道路)の下をくぐり過ぎると、ひたすら航空自衛隊入間基地(とその跡地)の中を通り抜ける。車窓東側には、自衛隊の航空機を多数眺めることができる。かつてはここに、自衛隊への物資輸送のための、下原駅という貨物駅が設置されていた。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た御花畑駅

    西武秩父駅経由で三峰口駅に乗り入れる系統と秩父鉄道線御花畑駅経由で長瀞駅(2007年春の改正までは寄居駅まで)に乗り入れる系統があり、いずれも西武鉄道から秩父鉄道への片乗り入れ運転。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た三峰口駅

    西武秩父駅経由で三峰口駅に乗り入れる系統と秩父鉄道線御花畑駅経由で長瀞駅(2007年春の改正までは寄居駅まで)に乗り入れる系統があり、いずれも西武鉄道から秩父鉄道への片乗り入れ運転。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た長瀞駅

    西武秩父駅経由で三峰口駅に乗り入れる系統と秩父鉄道線御花畑駅経由で長瀞駅(2007年春の改正までは寄居駅まで)に乗り入れる系統があり、いずれも西武鉄道から秩父鉄道への片乗り入れ運転。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東急東横線

    練馬駅から西武有楽町線・東京メトロ副都心線・東急東横線を経由して横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅まで相互直通運転を実施している。副都心線に直通する列車はすべて東横線・みなとみらい線まで直通して武蔵小杉駅・菊名駅・横浜駅および元町・中華街駅発着となり、渋谷駅など副都心線内発着の列車は設定されない。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西武豊島線

    新宿線と共に西武鉄道の主要幹線であると同時に東京圏の主要通勤路線である。歴史的経緯から西武鉄道の鉄道路線は池袋線系統、新宿線系統とその他の路線に大別でき、狭山線・豊島線・西武有楽町線の支線と西武秩父線を併せて「池袋線」と呼ぶことがある。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た横浜高速鉄道みなとみらい線

    練馬駅から西武有楽町線・東京メトロ副都心線・東急東横線を経由して横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅まで相互直通運転を実施している。副都心線に直通する列車はすべて東横線・みなとみらい線まで直通して武蔵小杉駅・菊名駅・横浜駅および元町・中華街駅発着となり、渋谷駅など副都心線内発着の列車は設定されない。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た武蔵野線

    秋津駅を出るとすぐに武蔵野線と交差し、マンションが見えてくるとカーブする。そして、柳瀬川を越えると新秋津駅付近からのJR連絡線と併走状態になり、所沢駅まで3線区間になる。カーブを抜けた後は広い丘やゴミ焼却場の煙突が見え住宅街を走る。大きな団地群が見え、所沢陸橋をくぐるとかなり大きな左カーブを曲がる。曲がるとすぐに右側に新宿線の線路が見え、所沢駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た石神井公園駅

    練馬駅から石神井公園駅までは高架複々線となる。内側の線路は普通列車用で、途中駅には島式ホームが設けられている。外側の線路は優等列車用で、途中駅にホームは設けられていない。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

201件中 41 - 50件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード