171件中 51 - 60件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た特別急行列車

    新宿線と共に西武鉄道の主要幹線であると同時に東京圏の主要通勤路線である。吾野駅で西武秩父線と接続し、特急・快速急行と飯能駅 - 西武秩父駅方面間の普通列車が直通運転している。歴史的経緯から西武鉄道の鉄道路線は池袋線系統、新宿線系統とその他の路線に大別でき、狭山線・豊島線・西武有楽町線の支線と西武秩父線を併せて「池袋線」と呼ぶことがある。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た練馬高野台駅

    富士見台駅を出ると、途中で環八通りを跨いで石神井東小学校を通過し、石神井川を越えると練馬高野台駅に着く。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た入間基地

    武蔵藤沢駅を出発し国道463号(行政道路)の下をくぐり過ぎると、ひたすら航空自衛隊入間基地(とその跡地)の中を通り抜ける。車窓東側には、自衛隊の航空機を多数眺めることができる。かつてはここに、自衛隊への物資輸送のための、下原駅という貨物駅が設置されていた。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た中村橋駅

    練馬を出た後は、練馬区役所が見えてくる。途中で豊島線が高架下へ分岐する。目白通りを跨いだ先には中村橋駅が見える。なお、目白通りの架道橋は高架複々線化前は線路が下、道路が上を走っていたが、工事完成後は線路が上、道路が下を走る、いわゆる「逆立体化工事」が行われた。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た三峰口駅

    西武秩父駅経由で三峰口駅に乗り入れる系統と秩父鉄道線御花畑駅経由で長瀞駅(2007年春の改正までは寄居駅まで)に乗り入れる系統があり、いずれも西武鉄道から秩父鉄道への片乗り入れ運転。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西武2000系電車

    車両は平日の池袋 - 飯能間と土曜・休日の西武秩父行きには新2000系や9000系、新101系などの通勤車両が使用され、土休日朝に2本設定されている飯能発池袋行きおよび秩父鉄道直通列車には4000系が使用される。なお、平日の日中に10両編成で運転される列車がある以外は8両編成で運転される。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た長瀞駅

    西武秩父駅経由で三峰口駅に乗り入れる系統と秩父鉄道線御花畑駅経由で長瀞駅(2007年春の改正までは寄居駅まで)に乗り入れる系統があり、いずれも西武鉄道から秩父鉄道への片乗り入れ運転。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た横浜高速鉄道みなとみらい21線

    2013年3月16日に副都心線と東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線の相互直通運転が開始される際には、副都心線を介して西武線と東急線・横浜高速鉄道線との相互乗り入れを行う。これに対応するため、石神井公園駅付近の複々線化および高架化と保谷駅改良工事を行っている。また、新たに飯能及び小手指発着の快速急行(横浜方面直通のみ練馬駅停車、副都心線内急行、東横線・みなとみらい線内特急)が設定される予定。なお、副都心線に直通する列車はすべて東横線・みなとみらい線まで直通して武蔵小杉、菊名、横浜、元町・中華街発着となり、渋谷など副都心線内発着の列車は設定されない。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た八高線

    元加治駅を出ると畑と住宅地の中を走り、やがて八高線と交差し、くぐり抜けると上下線が分かれる。変電所が見えてくるあたりで未成線となった短絡線の建設予定地が分かれていく。この辺りでは、緩いカーブを描きながら、高速で走行する。しばらく行くと、東飯能方面からの単線の線路が合流し、飯能駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東飯能駅

    元加治駅を出ると畑と住宅地の中を走り、やがて八高線と交差し、くぐり抜けると上下線が分かれる。変電所が見えてくるあたりで未成線となった短絡線の建設予定地が分かれていく。この辺りでは、緩いカーブを描きながら、高速で走行する。しばらく行くと、東飯能方面からの単線の線路が合流し、飯能駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

171件中 51 - 60件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード