201件中 51 - 60件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た横瀬駅

    羊山公園の芝桜(最寄駅:西武秩父線横瀬駅・西武秩父駅)西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た所沢駅

    秋津駅を出るとすぐに武蔵野線と交差し、マンションが見えてくるとカーブする。そして、柳瀬川を越えると新秋津駅付近からのJR連絡線と併走状態になり、所沢駅まで3線区間になる。カーブを抜けた後は広い丘やゴミ焼却場の煙突が見え住宅街を走る。大きな団地群が見え、所沢陸橋をくぐるとかなり大きな左カーブを曲がる。曲がるとすぐに右側に新宿線の線路が見え、所沢駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た巾着田

    巾着田の曼珠沙華(最寄駅:高麗駅)西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西武有楽町線

    新宿線と共に西武鉄道の主要幹線であると同時に東京圏の主要通勤路線である。歴史的経緯から西武鉄道の鉄道路線は池袋線系統、新宿線系統とその他の路線に大別でき、狭山線・豊島線・西武有楽町線の支線と西武秩父線を併せて「池袋線」と呼ぶことがある。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た稲荷山公園駅

    稲荷山公園駅は狭山ヶ丘駅と同様にホームが大きくカーブしている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た埼玉県

    池袋線(いけぶくろせん)は、東京都豊島区の池袋駅と埼玉県飯能市の吾野駅を結ぶ西武鉄道の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はSI。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西武6000系電車

    路線図で示される種別カラーは紫色で、英文種別表記は「RAPID EXP.」である。また、2008年6月14日のダイヤ改正に備えて新101系・新2000系・6000系・9000系・20000系・30000系の通勤車両全系式で、字幕式行先表示器の交換やLED式行先表示器のロム書き換えが実施された。旧字幕では「快速」部分が水色地に白文字、「急行」部分が赤色地に白文字となっていたが、新字幕ならびにフルカラーLED表示器では紫色地に白文字で及び、3色LEDでは無点灯の地に赤文字での表記となっている。なお2016年3月26日以降、「Fライナー」として運転される列車で東急車と西武車は紫色地に緑のFと白文字でF快急と表示される。またLED表示器などで表示できるスペースが限られる場合は「快急」と略される。列車番号は1000番台が与えられる。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た明治神宮前駅

    朝・夕方に池袋駅発着および西武有楽町線経由で有楽町線・副都心線(東横線・みなとみらい線)直通で設定されている系統。副都心線直通としては通勤種別としてFライナー快速急行に代わって運転される。副都心線内は主に通勤急行(明治神宮前駅通過)、東横線・みなとみらい線内は主に通勤特急(日吉駅・馬車道駅・日本大通り駅停車)として運転されている。主に他の種別を補完する形で運転されている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た元町・中華街駅

    練馬駅から西武有楽町線・東京メトロ副都心線・東急東横線を経由して横浜高速鉄道みなとみらい線の元町・中華街駅まで相互直通運転を実施している。副都心線に直通する列車はすべて東横線・みなとみらい線まで直通して武蔵小杉駅・菊名駅・横浜駅および元町・中華街駅発着となり、渋谷駅など副都心線内発着の列車は設定されない。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た下原駅

    武蔵藤沢駅を出発し国道463号(行政道路)の下をくぐり過ぎると、ひたすら航空自衛隊入間基地(とその跡地)の中を通り抜ける。車窓東側には、自衛隊の航空機を多数眺めることができる。かつてはここに、自衛隊への物資輸送のための、下原駅という貨物駅が設置されていた。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

201件中 51 - 60件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード