171件中 61 - 70件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た黒須駅 (埼玉県豊岡町)

    崖を下ると黒須貨物駅の跡を通り抜け、圏央道をくぐり、仏子駅に到着する。この区間は進行方向左側に加治丘陵が見えるため緑に溢れている。また、線路が直線的なため、比較的高速で走る。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た入間市駅

    稲荷山公園駅を出発するとほどなく入間市駅に到着する。毎年11月3日の入間航空祭開催時は当駅折り返し列車が運行される。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西武6000系電車

    英文種別表記は「RAPID EXP.」である。また、2008年6月14日のダイヤ改正に備えて新101系・新2000系・6000系・9000系・20000系・30000系の通勤車両全系式で、字幕式行先表示機の交換やLED式行先表示器のロム書き換えが実施された。旧字幕では「快速」部分が水色地に白文字、「急行」部分が赤色地に白文字となっていたが、新字幕ならびにフルカラーLED表示機では紫色地に白文字での表記、3色LEDでは無点灯の地に赤文字での表記となっている。また、LED表示器などで表示できるスペースが限られるとき、「快急」と略される。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西武球場前駅

    池袋線内は清瀬駅発着で毎時2本、所沢駅・小手指駅発着で毎時各1本、いずれも各駅停車で運転。ラッシュ時には飯能駅発着の快速(有楽町線内各駅停車)も運転される。西武ドームでのイベント開催時には狭山線西武球場前駅発着の列車も運転される。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た清瀬駅

    東久留米駅を出ると黒目川の橋を渡り、林や畑や住宅などの間を通り、埼玉県新座市に入り野火止用水を渡るとカーブし、変則な2面4線構造の清瀬駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た小竹向原駅

    平日朝の午前7時20分から午前9時20分までの間に小竹向原駅に発着する東京地下鉄(有楽町線・副都心線)直通列車の進行方向最後尾車両(実施区間は全区間)。なお、東京地下鉄線内においては午前9時20分になった時点で女性専用を終了する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西所沢駅

    所沢駅を出ると緩い坂を上り、右へ大きく曲がり、すぐに新宿線を跨いで、急カーブが続く。ちなみにこのあたりのカントは結構きつい。カーブが終わると次の西所沢駅までは直線が続く。この辺りは住宅街である。埼玉県道55号所沢武蔵村山立川線の踏切(所沢10号踏切)を過ぎてすぐ、西所沢駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た保谷駅

    大泉学園駅を出てゆめりあの間を抜けてもまだしばらくカーブが続き、直線になると東京都道233号東大泉田無線(保谷街道)とほぼ平行して走る。保谷街道の踏切を越えると保谷駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た御花畑駅

    西武秩父駅経由で三峰口駅に乗り入れる系統と秩父鉄道線御花畑駅経由で長瀞駅(2007年春の改正までは寄居駅まで)に乗り入れる系統があり、いずれも西武鉄道から秩父鉄道への片乗り入れ運転。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西武4000系電車

    車両は平日の池袋 - 飯能間と土曜・休日の西武秩父行きには新2000系や9000系、新101系などの通勤車両が使用され、土休日朝に2本設定されている飯能発池袋行きおよび秩父鉄道直通列車には4000系が使用される。なお、平日の日中に10両編成で運転される列車がある以外は8両編成で運転される。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

171件中 61 - 70件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード