171件中 71 - 80件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た渋谷駅

    練馬駅から西武有楽町線を経由して東京地下鉄副都心線渋谷駅まで相互直通運転を実施している。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た連続立体交差

    練馬 - 練馬高野台間で高架複々線化事業を実施していたが、現在はさらに大泉学園駅付近まで実施される計画があり、2007年夏から工事を行っている。高架複々線化されている駅ではホームの内側に各駅停車(練馬駅では有楽町線直通列車と快速・準急も停車)、外側に優等列車(通過線)の1面4線(練馬駅は2面6線)の配線がなされている。また、同区間では特急・急行・準急・快速などの優等列車が各駅停車を追い越す場面も見られるが、逆にダイヤの関係上各駅停車が優等列車を追い越す場面もある(これは各駅停車が石神井公園駅で接続するため、特急以外の優等列車が徐行運転を余儀なくされている。ただし、石神井公園駅付近の複々線化事業完成後は解消される見込み)。なお、石神井公園駅では同年3月6日のダイヤ改正から下り線の接続扱いが廃止されていたが、2012年6月23日にホームの高架化が完了したため、同年6月30日のダイヤ改正から再び下り線の接続扱いを行うようになった。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た埼玉県

    池袋線(いけぶくろせん)は、東京都豊島区の池袋駅と埼玉県飯能市の吾野駅を結ぶ西武鉄道の鉄道路線である。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た新所沢駅

    同駅を出るとガードがあり国道463号と立体交差し、非常に緩いS字カーブを走る。さらに東川を越えるとこの付近には六所神社や住宅街、畑が広がる。S字カーブが終わると上新井の大踏切(西所沢6号踏切)から小手指駅までは直線である。近年線路下に新所沢駅から国道463号所沢入間バイパス(小手指バイパス)につながる新所沢駅前通り線が立体交差で開通した(上新井跨道橋)。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た架空電車線方式

    電化区間:全線(直流1,500V 架空電車線方式西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た混雑率

    椎名町 - 池袋間の1時間あたりの混雑率平均は2007年度で158%である。過去、同区間は1980年代には日本屈指の混雑路線だった。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た保谷電留線

    保谷駅を出ると右手に保谷電留線が見える。保谷駅 - ひばりヶ丘駅間の保谷高校付近に大きなカーブがある。カーブが終わり直線になり、東京都道36号保谷志木線の踏切を過ぎると、ひばりヶ丘駅が見えてくる。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た営団07系電車

    07系 - 小竹向原駅と新線池袋駅(現副都心線池袋駅)にホームドアが設置されたため、ドアの間隔が他車両と異なる同車の乗り入れは事実上不可能となり、2007年10月で有楽町線での運用を離脱。現在は東西線で運用されている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た国道463号

    同駅を出るとガードがあり国道463号と立体交差し、非常に緩いS字カーブを走る。さらに東川を越えるとこの付近には六所神社や住宅街、畑が広がる。S字カーブが終わると上新井の大踏切(西所沢6号踏切)から小手指駅までは直線である。近年線路下に新所沢駅から国道463号所沢入間バイパス(小手指バイパス)につながる新所沢駅前通り線が立体交差で開通した(上新井跨道橋)。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東横瀬駅

    東横瀬駅(貨物駅 芦ヶ久保 - 横瀬間 1996年4月1日廃止)西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

171件中 71 - 80件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード