201件中 71 - 80件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た狭山ヶ丘駅

    石神井公園駅から大泉学園駅付近の区間は2015年1月まで高架化工事が実施された。ときおり畑が混じる住宅街を抜けて大泉高校・同附属中学校付近で右へカーブししばらくすると大泉学園駅に到着する。同駅は後述の狭山ヶ丘駅と同様に、池袋線の中でも特にホームがカーブしている駅である。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た仏子駅

    なお、入間市駅には上下線間の亘り線が存在しないため、折り返し列車は次の仏子駅の中線を利用して折り返している。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た小手指駅

    同駅を出るとガードがあり国道463号と立体交差し、非常に緩いS字カーブを走る。さらに東川を越えるとこの付近には六所神社や住宅街、畑が広がる。S字カーブが終わると上新井の大踏切(西所沢6号踏切)から小手指駅までは直線である。近年線路下に新所沢駅から国道463号所沢入間バイパス(小手指バイパス)につながる新所沢駅前通り線が立体交差で開通した(上新井跨道橋)。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た八高線

    元加治駅を出ると畑と住宅地の中を走り、やがて八高線と交差し、くぐり抜けると上下線が分かれる。変電所が見えてくるあたりで未成線となった短絡線の建設予定地が分かれていく。この辺りでは、緩いカーブを描きながら、高速で走行する。しばらく行くと、東飯能方面からの単線の線路が合流し、飯能駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た西武球場前駅

    日中は池袋線内は保谷駅・小手指駅発着で1時間あたり各2本でいずれも各駅停車で運転。西武ドームでのイベント開催時には狭山線西武球場前駅発着の列車も運転される。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た清瀬駅

    東久留米駅を出ると、黒目川の橋を渡り、林や畑や住宅などの間を通り、埼玉県新座市に入り野火止用水を渡る。保守用の引き込み線が見えるとカーブし、新小金井街道を渡り、変則な2面4線構造の清瀬駅に到着する。黒目川の河岸段丘をこえるため、東久留米駅から野火止用水まで直線で上り勾配になっている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た駅ナンバリング

    池袋線(いけぶくろせん)は、東京都豊島区の池袋駅と埼玉県飯能市の吾野駅を結ぶ西武鉄道の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はSI。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た保谷駅

    大泉学園駅を出てゆめりあの間を抜けてもまだしばらくカーブが続き、直線になると東京都道233号東大泉田無線(保谷街道)とほぼ平行して走る。保谷街道の踏切を越えると保谷駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た中村橋駅

    練馬を出た後は、練馬区役所が見えてくる。途中で豊島線が高架下へ分岐する。目白通りを跨いだ先には中村橋駅が見える。なお、目白通りの架道橋は高架複々線化前は線路が下、道路が上を走っていたが、工事完成後は線路が上、道路が下を走る、いわゆる「逆立体化工事」が行われた。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た航空自衛隊

    武蔵藤沢駅を出発し国道463号(行政道路)の下をくぐり過ぎると、ひたすら航空自衛隊入間基地(とその跡地)の中を通り抜ける。車窓東側には、自衛隊の航空機を多数眺めることができる。かつてはここに、自衛隊への物資輸送のための、下原駅という貨物駅が設置されていた。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

201件中 71 - 80件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード