201件中 81 - 90件表示
  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東飯能駅

    元加治駅を出ると畑と住宅地の中を走り、やがて八高線と交差し、くぐり抜けると上下線が分かれる。変電所が見えてくるあたりで未成線となった短絡線の建設予定地が分かれていく。この辺りでは、緩いカーブを描きながら、高速で走行する。しばらく行くと、東飯能方面からの単線の線路が合流し、飯能駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た日吉駅 (神奈川県)

    なお東京急行電鉄と相模鉄道は2022年度下期の開業を目指し、東横線の日吉駅から綱島駅・新横浜駅・羽沢横浜国大駅を経て、相鉄線西谷駅までの間に約10kmに及ぶ「相鉄・東急直通線(仮称)」という連絡線を建設し、それを介した東急と相鉄の相互直通運転を計画しているが、詳細は未定である。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た秋津駅

    次の秋津駅までの間は直線が続き、沿線は住宅街や畑がほとんどである。空堀川を越えしばらくすると秋津駅に到着する。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都

    池袋線(いけぶくろせん)は、東京都豊島区の池袋駅と埼玉県飯能市の吾野駅を結ぶ西武鉄道の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はSI。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た馬車道駅

    朝・夕方に池袋駅発着および西武有楽町線経由で有楽町線・副都心線(東横線・みなとみらい線)直通で設定されている系統。副都心線直通としては通勤種別としてFライナー快速急行に代わって運転される。副都心線内は主に通勤急行(明治神宮前駅通過)、東横線・みなとみらい線内は主に通勤特急(日吉駅・馬車道駅・日本大通り駅停車)として運転されている。主に他の種別を補完する形で運転されている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た踏切

    複々線区間以外での立体交差化は、道路の地下化または高架化による単独立体化が主で、連続立体交差化は進んでいないため踏切が多い。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た保谷電留線

    保谷駅を出ると右手に保谷電留線が見える。保谷駅 - ひばりヶ丘駅間の保谷高校付近に大きなカーブがある。カーブが終わり直線になり、東京都道36号保谷志木線の踏切を過ぎると、ひばりヶ丘駅が見えてくる。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東京都道8号千代田練馬田無線

    練馬を出た後は、練馬区役所が見えてくる。途中で豊島線が高架下へ分岐する。目白通りを跨いだ先には中村橋駅が見える。なお、目白通りの架道橋は高架複々線化前は線路が下、道路が上を走っていたが、工事完成後は線路が上、道路が下を走る、いわゆる「逆立体化工事」が行われた。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た東急多摩川線

    また、空港連絡鉄道として検討が進められている蒲蒲線が開通すれば、東横線多摩川駅から東急多摩川線経由で京急蒲田駅方面まで直通運転が可能となる。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

  • 西武池袋線

    西武池袋線から見た直通運転

    特急・快速急行・急行と飯能駅 - 西武秩父駅方面間の普通列車が西武秩父線と直通運転している。吾野駅が線路名称上の終点ではあるものの、特急以外の一般列車の運転系統としては基本的に、池袋駅 - 飯能駅間、飯能駅 - 吾野駅( - 西武秩父線西武秩父駅)間で二分されている。また、西武有楽町線を経由して東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線・副都心線との相互直通運転や、西武秩父線経由で秩父鉄道秩父本線への直通運転も行っている。西武池袋線 フレッシュアイペディアより)

201件中 81 - 90件表示

「埼玉・西武線沿線のできごと」のニューストピックワード