前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 埼玉県特別機動援助隊

    埼玉県特別機動援助隊から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    埼玉県特別機動援助隊(さいたまけんとくべつきどうえんじょたい、埼玉SMART)は、埼玉県内で大規模災害が発生した際に県知事の要請で消防救助隊、防災航空隊、DMATにより編成される部隊である。埼玉県特別機動援助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 消防防災ヘリコプター

    消防防災ヘリコプターから見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    総務省消防庁では、大規模災害発生時における緊急消防援助隊の装備の充実強化を目的として,24時間運航を行える都市に対してヘリコプター1機を配備する事業を行っている。2014年7月現在において、東京消防庁航空隊、京都市消防局、埼玉県防災航空隊、高知県消防・防災航空隊に対して1機ずつ提供されている。また東日本大震災で防災ヘリを失った宮城県防災航空隊にも2013年3月に配備された。消防防災ヘリコプター フレッシュアイペディアより)

  • 山岳救助

    山岳救助から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    2010年7月25日、埼玉県防災航空隊のヘリコプターが山岳救助活動中に墜落し航空隊員と秩父消防本部の救助隊員が5名死亡。詳細は埼玉県防災航空隊を参照。山岳救助 フレッシュアイペディアより)

  • ドクターヘリ

    ドクターヘリから見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    かつてはヘリコプターの多くが計器飛行に対応していなかったこともあり、夜間や視界不良時には飛行できなかった。現代ではユーロコプター EC 135など計器飛行に対応したドクターヘリが登場しているが、装備を追加すると価格が増加し、運行する事業者によるパイロットの追加訓練は自腹であるなど資金面の問題もあり、日没後に運航している医療機関はない。埼玉県では埼玉県防災航空隊の防災ヘリが計器飛行に対応しているため、医療機器を搭載し夜間時にドクターヘリ的運航を行っている。このような運用が出来ない地域では緊急性が非常に高い場合、自衛隊に災害派遣を要請することで補っている。ドクターヘリ フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    2009年4月より埼玉県は埼玉県防災航空隊の消防防災ヘリコプターを活用して、医師がヘリコプターに乗り込んで患者を治療しながら搬送する「ドクターヘリ」を全国でも初めて、県内全域で夜間も運用する方針を決めた。埼玉県では、ドクターヘリが川越市にある埼玉医科大学総合医療センターに配備されているが運用は日中に限られ、医療機関が少ない山間部を中心に夜間の救急患者の対応が課題となっていた。そこで埼玉県は、日高市にある埼玉医科大学国際医療センターの協力を得て、県内全域の夜間の救急活動を、県の防災ヘリコプターで対応することが決まり厚生労働省も「ドクターヘリと防災ヘリを連携させた24時間の救急活動は全国に先がけた取り組みで活動の効果に注目したい」と話している。現在埼玉県にはドクターヘリが1機あり、消防防災ヘリ2機がドクターヘリのバックアップ体制をとる。航空救急 フレッシュアイペディアより)

  • アグスタウエストランド AW139

    アグスタウエストランド AW139から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    消防防災航空隊 - 埼玉県防災航空隊・横浜市消防局・東京消防庁航空隊・札幌市消防局・山形県消防防災航空隊・鳥取県消防防災航空隊・栃木県防災航空隊・岩手県防災航空隊・新潟県消防防災航空隊・広島県防災航空隊に配備。総務省消防庁も埼玉県防災航空隊および高知県消防防災航空隊に無償で貸与。アグスタウエストランド AW139 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の航空事故

    日本の航空事故から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    便名: 埼玉県防災航空隊 あらかわ1(機体記号:JA31TM)日本の航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災ヘリコプター

    埼玉県防災ヘリコプターから見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災ヘリコプター フレッシュアイペディアより)

  • 彩甲斐街道 出会いの丘

    彩甲斐街道 出会いの丘から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    敷地の南西角にヘリコプター用の場外着陸場があり、埼玉県防災航空隊ヘリコプター墜落事故で使用された実績がある。彩甲斐街道 出会いの丘 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉医科大学総合医療センター

    埼玉医科大学総合医療センターから見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    県のドクターヘリの基地病院でもあり、2005年8月1日より埼玉県防災航空隊の消防防災ヘリコプターによるドクターヘリ運用を始め、2007年10月26日からドクターヘリ専用機が配備され正式に運航が始まった。埼玉医科大学総合医療センター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「埼玉県防災ヘリ墜落事故」のニューストピックワード