前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 消防防災ヘリコプター

    消防防災ヘリコプターから見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    総務省消防庁では、大規模災害発生時における緊急消防援助隊の装備の充実強化を目的として,24時間運航を行える都市に対してヘリコプター1機を配備する事業を行っている。2012年11月現在において、東京消防庁航空隊、京都市消防局、埼玉県防災航空隊に対して1機ずつ提供されている。また東日本大震災で防災ヘリを失った宮城県防災航空隊にも2013年3月に配備される。消防防災ヘリコプター フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉医科大学国際医療センター

    埼玉医科大学国際医療センターから見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    2009年4月から埼玉県が埼玉医科大学国際医療センターと埼玉県防災航空隊が協力して消防防災ヘリコプターを活用して、医師がヘリコプターに乗り込んで患者を治療しながら搬送するドクターヘリを全国でも初めて、県内全域で夜間も運用する方針を決めた。埼玉県には、すでにドクターヘリが埼玉医科大学総合医療センターに配備されているが運用は日中に限られ、医療機関が少ない山間部を中心に夜間の救急患者の対応が課題となっていた。そこで埼玉医科大学国際医療センターには照明設備付きのヘリポートがあり、夜から早朝にかけて医師と看護師が待機して対応するということで埼玉県は、同医療センターの協力を得て、県内全域の夜間の救急活動を、埼玉県防災航空隊の消防防災ヘリコプターで対応するが決まり厚生労働省も「ドクターヘリと防災ヘリを連携させた24の救急活動は全国に先がけた取り組みで活動の効果に注目したい」と話している。埼玉医科大学国際医療センター フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県特別機動援助隊

    埼玉県特別機動援助隊から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    阪神・淡路大震災を教訓に埼玉県は1996年年5月8日に県内で発生した地震等の大規模災害時に消防機関と医療機関が連携した救出・救助体制の整備を図ることを目的とした「彩の国レスキュー隊」が創設された。彩の国レスキュー隊は大規模災害時に県下14消防本部と医療チーム、埼玉県防災航空隊で編成され部隊総人員は211名であった。埼玉県特別機動援助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 彩甲斐街道 出会いの丘

    彩甲斐街道 出会いの丘から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    敷地の南西角にヘリコプター用の場外着陸場があり、埼玉県防災航空隊ヘリコプター墜落事故で使用された実績がある。彩甲斐街道 出会いの丘 フレッシュアイペディアより)

  • 山岳救助

    山岳救助から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    2010年7月25日、埼玉県防災航空隊のヘリコプターが山岳救助活動中に墜落し航空隊員と秩父消防本部の救助隊員が死亡。山岳救助 フレッシュアイペディアより)

  • 救難隊

    救難隊から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    2010年(平成22年)7月25日 - 百里救難隊は、埼玉県防災航空隊の墜落事故に出動して、乗員5名および遭難者1名を救助および搬送。通常の民間機事故(軍事以外)の場合は、要請権を持つ東京空港事務所長が直ちに災害派遣要請を出すが、この事故では遭難通報から2時間15分後に埼玉県知事が災害派遣として出動要請を出している。救難隊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の航空事故

    日本の航空事故から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    便名: 埼玉県防災航空隊 「あらかわ1」日本の航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • 百里飛行場

    百里飛行場から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    2010年(平成22年)7月25日 百里救難隊は、埼玉県防災航空隊の墜落事故に出動して、入間基地に乗員5名および遭難者1名の救助および搬送を行なった。百里飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 本田航空

    本田航空から見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    消防防災ヘリコプターの運行受託(埼玉県防災航空隊・栃木県消防防災航空隊等 )本田航空 フレッシュアイペディアより)

  • ドクターヘリ

    ドクターヘリから見た埼玉県防災航空隊埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊- バックアップ(夜間運用)ドクターヘリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示