前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示
  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見たユーロコプター

    あらかわ2「ユーロコプター AS365 N3」(機体記号: JA31KN) 機体カラーは赤色を基調としている。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た阪神・淡路大震災

    1995年:阪神・淡路大震災に応援派遣。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た東北地方太平洋沖地震

    2011年3月:東北地方太平洋沖地震に応援派遣。茨城県東海村ひたちなか火力発電所において震災で宙づり状態になった作業員計9名のうち3名救出。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た海上保安庁

    また、本回収作業に利用されたAS332L(JA9635)は、2010年9月26日午前8時半ごろに鹿児島県屋久島町において墜落した。8月18日にも海上保安庁第6管区海上保安本部所属のヘリコプター「あきづる」が墜落する佐柳島沖海保ヘリ墜落事故が発生しており、2010年度夏期(6-10月)は、日本各地で観測史上過去最高の真夏日が連続日数記録を更新するとともに、全国的にヘリコプターや小型航空機による事故が多かった。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た新潟県中越地震

    2004年10月:新潟県中越地震に応援派遣埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見たアグスタ

    あらかわ3「アグスタ社 アグスタウェストランド AW139」 (機体番号: JA31AR) 機体カラーは赤と白色を基調としている。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た朝日航洋

    2010年9月11日、あらかわ1の機体がヘリコプターによって回収され、出会いの丘の駐車場に運ばれた。回収を請け負ったのは、朝日航洋株式会社。回収作業のために、9月5日より事故現場1キロ手前に幕営地を設置し、社員数名が現地に詳しいアドバイザーを伴って泊まりこみで部品回収・搬出作業の準備を行った。(地上作業期間中に台風9号が通過したため、安全のため一旦中止している。9月8-10日)回収に使用された機体は、AS332Lである。回収当日は、岐阜県防災航空隊のヘリ「若鮎2」が北アルプス奥穂高岳で「あらかわ1」同様登山客の救出活動中に墜落し3名の尊い命が犠牲になってから一年となる日(事故発生日:2009年9月11日)でもあった。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た本田航空

    運行形態 = 本田航空(株)に委託埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た群馬県防災航空隊

    現場指揮本部は、前述の「彩甲斐街道 出会いの丘」で、群馬県防災ヘリ等も同施設の緊急用ヘリポートを利用した。陸上からは埼玉県警の山岳救助隊や秩父市消防本部の特別救助隊・消防隊が入った。(墜落現場付近にて、県警と群馬県防災航空隊は本件要救助者とは別の男性が倒れているのを発見し搬送、男性死亡)。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た狭山市消防本部

    2010年7月25日11時ごろ、秩父市滝川ぶどう沢付近で救助活動中の「あらかわ1」が墜落した。乗員7名のうち、本田航空社員2名、航空隊員(狭山市消防本部、鳩ヶ谷市消防本部(現:川口市消防局)出向者)2名、消防隊員(秩父消防本部)1名の5名が死亡し、ホイストで降下した消防隊員1名、航空隊員1名の2名が生存。本件は、滝つぼで女性が滑落したと登山メンバーからの通報を受けたもので、あらかわ1はホンダエアポートより出動、一度現地に到着し捜索したものの安全に救助できるポイントが見つけられないため、同活動を支援するために出動し現地の地形を知る秩父消防本部特別救助隊員2名を休憩施設「彩甲斐街道 出会いの丘」の緊急ヘリポートでピックアップし、再び現地に戻って隊員2名をホイストで降下させている最中に本墜落事故は発生した。事故機の煙を発見したのは、ほぼ同時刻に航空自衛隊入間基地内のヘリポートより出動した埼玉県警察のヘリコプター。現場は、埼玉県と山梨県の境に近い雁坂トンネル有料道路埼玉口側から南に数キロ入った木に覆われた険しい沢(滝川上流の水晶谷とブドウ沢の合流地点付近)で、登山に慣れた者でないと進入できない(徒歩で数時間かかる)位置にあり、さらに通信事情がよくないため、救助には時間を要した。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
43件中 1 - 10件表示