43件中 31 - 40件表示
  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た秩父警察署

    埼玉県警察は、業務上過失致死容疑で秩父警察署に捜査本部を置いた埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た中部航空方面隊

    13時15分 航空自衛隊中部航空方面隊司令官に埼玉県知事より災害派遣要請埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た入間基地

    2010年7月25日11時ごろ、秩父市滝川ぶどう沢付近で救助活動中の「あらかわ1」が墜落した。乗員7名のうち、本田航空社員2名、航空隊員(狭山市消防本部、鳩ヶ谷市消防本部(現:川口市消防局)出向者)2名、消防隊員(秩父消防本部)1名の5名が死亡し、ホイストで降下した消防隊員1名、航空隊員1名の2名が生存。本件は、滝つぼで女性が滑落したと登山メンバーからの通報を受けたもので、あらかわ1はホンダエアポートより出動、一度現地に到着し捜索したものの安全に救助できるポイントが見つけられないため、同活動を支援するために出動し現地の地形を知る秩父消防本部特別救助隊員2名を休憩施設「彩甲斐街道 出会いの丘」の緊急ヘリポートでピックアップし、再び現地に戻って隊員2名をホイストで降下させている最中に本墜落事故は発生した。事故機の煙を発見したのは、ほぼ同時刻に航空自衛隊入間基地内のヘリポートより出動した埼玉県警察のヘリコプター。現場は、埼玉県と山梨県の境に近い雁坂トンネル有料道路埼玉口側から南に数キロ入った木に覆われた険しい沢(滝川上流の水晶谷とブドウ沢の合流地点付近)で、登山に慣れた者でないと進入できない(徒歩で数時間かかる)位置にあり、さらに通信事情がよくないため、救助には時間を要した。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た防衛医科大学

    空中から救助に当たったのは、群馬県防災航空隊・栃木県の防災ヘリ、東京消防庁航空隊(2名を救助)、埼玉県警と埼玉県知事よりの災害派遣要請で出動した航空自衛隊の航空救難団百里救難隊(6名を救助)等の救助・救難ヘリコプターであり、救助された者は埼玉県内各地の病院(防衛医科大学、埼玉医科大学国際医療センター、秩父病院等)に運ばれた。滝つぼに滑落した女性も運ばれ、搬送先で死亡確認。生存者二名は百里救難隊の救難ヘリで航空自衛隊入間基地に運ばれ、事故当日に同基地管轄の狭山市消防本部でマスコミに対して会見した。亡くなった航空隊員の1人は同本部から出向していた。当日午後に、埼玉県が生存者に関わる誤報を発したため、マスコミがそのまま誤報を流し、すぐに訂正するなど、各方面で混乱した。通報をした登山グループは、翌26日午前中に下山し事故を伝えられた。この事故に災害派遣で派遣された航空自衛隊の報道は殆どなく、救難ヘリが出動していたことは一般にはあまり知られていない。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た平成22年台風第9号

    2010年9月11日、あらかわ1の機体がヘリコプターによって回収され、出会いの丘の駐車場に運ばれた。回収を請け負ったのは、朝日航洋株式会社。回収作業のために、9月5日より事故現場1キロ手前に幕営地を設置し、社員数名が現地に詳しいアドバイザーを伴って泊まりこみで部品回収・搬出作業の準備を行った。(地上作業期間中に台風9号が通過したため、安全のため一旦中止している。9月8-10日)回収に使用された機体は、AS332Lである。回収当日は、岐阜県防災航空隊のヘリ「若鮎2」が北アルプス奥穂高岳で「あらかわ1」同様登山客の救出活動中に墜落し3名の尊い命が犠牲になってから一年となる日(事故発生日:2009年9月11日)でもあった。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見たフェネストロン

    事故調査報告書の最終版には、樹木などを巻き込んで破損したとされるフェネストロン(後部回転翼機能)、フェネストロンの外側に張り出す左側水平尾翼、機体後部の構造物であるテールブームの破断・破損、メインローター(時計方向)の大きな断裂・破損が詳細に記述されて、搭乗員による機体後方確認の未実施やホイストケーブルの適切な運用・活用がされなかったとして、機体後方に対する見張りの必要性やホイストケーブルの最大繰出し長さが90mであることから、ホイストケーブルの60m以上での運用・活用を指摘している。しかし、左側キャビンからの機体後方の確認は、搭乗員が機体から身を乗り出さない限りは出来ないことや現行でのホイスト降下は最大約60m程度であり、それ以上の有効利用となると防災ヘリ搭乗員に対しては厳しい要求が課されたことになるが、高対地高度での救助訓練の実施や状況に応じての活動中断も促され、これにともない埼玉県防災航空隊の総合運用規程も変更が行なわれた。今回の墜落事故はホイストケーブルを運用上限の60m近くまでケーブルを延ばし、降下した救助員が接地するには足りないケーブル長さを補うために操縦者が機体を降下させ、機体後部の左側面を確認できない状況で障害物に機体が接触して、操縦不能となり防災ヘリが墜落事故を起したと結論づけている。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た山岳救助

    総務省消防庁は、消防防災ヘリコプターによる山岳救助の安全性を確保するため、消防防災ヘリコプターによる山岳救助のあり方に関する検討会を発足させた。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た佐柳島沖海保ヘリ墜落事故

    また、本回収作業に利用されたAS332L(JA9635)は、2010年9月26日午前8時半ごろに鹿児島県屋久島町において墜落した。8月18日にも海上保安庁第6管区海上保安本部所属のヘリコプター「あきづる」が墜落する佐柳島沖海保ヘリ墜落事故が発生しており、2010年度夏期(6-10月)は、日本各地で観測史上過去最高の真夏日が連続日数記録を更新するとともに、全国的にヘリコプターや小型航空機による事故が多かった。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た溺死

    2010年7月31日、日本テレビ記者ら2名が防災ヘリの墜落現場を取材するため入山し、翌1日に県警山岳救助隊員によって心肺停止の状態で発見された。2人は、31日早朝に山岳ガイド1名(日本山岳ガイド協会員)の案内の元、出会いの丘より豆焼橋を渡り墜落現場に向かった。2人がTシャツにジャージ姿だったことを懸念したガイドの判断により、沢付近でで引き返すように申し入れ、国道140号まで一旦引き返した。その後2人は、墜落現場を見通せる尾根がないか探してくるとガイドに伝え、再び山に入ったという。動機は不明。2人が帰ってこないことを懸念した日本テレビ側が秩父警察署に申し入れ、翌1日4時頃から山岳救助隊員が現場に捜索活動を行い、9時頃に滝つぼ(滝川直蔵淵)で2名を発見。陸上から搬送が困難のため、埼玉県警ヘリ「むさし」で皆野町の病院に運ばれ、2名の死亡が確認された。当日11時頃にはテレビ各局で速報が流れ始める。1日午後から、秩父市にてガイド、日本テレビ本社にて同社社長と編成部長の記者会見が行われた。2日に司法解剖が行われ、死因は溺死と判明。3日に2名の通夜・告別式が行われるとともに、埼玉県警察による捜査活動が行われ、カメラとメガネを回収した。31日の秩父地方は大気の状態が不安定で、現場付近では午後に雷雲が発生していた。埼玉県警察は報道機関に対して取材自粛要請を出していた。なお、NHKも事故翌日に墜落現場まで取材班を派遣し、墜落した機体を含めた現場映像を報道していた。参考:黒岩尾根登山コース埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県防災航空隊

    埼玉県防災航空隊から見た秩父消防本部

    2010年7月25日11時ごろ、秩父市滝川ぶどう沢付近で救助活動中の「あらかわ1」が墜落した。乗員7名のうち、本田航空社員2名、航空隊員(狭山市消防本部、鳩ヶ谷市消防本部(現:川口市消防局)出向者)2名、消防隊員(秩父消防本部)1名の5名が死亡し、ホイストで降下した消防隊員1名、航空隊員1名の2名が生存。本件は、滝つぼで女性が滑落したと登山メンバーからの通報を受けたもので、あらかわ1はホンダエアポートより出動、一度現地に到着し捜索したものの安全に救助できるポイントが見つけられないため、同活動を支援するために出動し現地の地形を知る秩父消防本部特別救助隊員2名を休憩施設「彩甲斐街道 出会いの丘」の緊急ヘリポートでピックアップし、再び現地に戻って隊員2名をホイストで降下させている最中に本墜落事故は発生した。事故機の煙を発見したのは、ほぼ同時刻に航空自衛隊入間基地内のヘリポートより出動した埼玉県警察のヘリコプター。現場は、埼玉県と山梨県の境に近い雁坂トンネル有料道路埼玉口側から南に数キロ入った木に覆われた険しい沢(滝川上流の水晶谷とブドウ沢の合流地点付近)で、登山に慣れた者でないと進入できない(徒歩で数時間かかる)位置にあり、さらに通信事情がよくないため、救助には時間を要した。埼玉県防災航空隊 フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示