前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3306件中 1 - 10件表示
  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    西武が、アマチュアの2選手に対して、合計1300万円の金銭を渡していたと公表。球団フロントの異動時にその事実を把握したとして、当該選手の獲得を断念するよう指示したことも明らかにした。また、報道により西武から1000万円余を受け取ったとされている選手がいたことも発覚。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1月8日 - 西武・G.G.佐藤(本名・佐藤隆彦)外野手が所沢市内の球団事務所で5回目の契約更改交渉を行ったが保留。年俸調停を申請する意思を球団に伝えた。申請書が受理されれば2001年の下柳剛投手(当時日本ハム)以来7人目となる。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    代表的な例は、元ロッテの落合博満(二塁手→三塁手→一塁手)、元大洋の山下大輔(遊撃手→二塁手)、高木豊(遊撃手→二塁手→一塁手)、元阪神の藤田平(遊撃手→一塁手)、今岡誠(遊撃手→二塁手→三塁手→一塁手)、元中日の立浪和義(遊撃手→二塁手→三塁手)、元ヤクルトの池山隆寛(遊撃手→三塁手)、元広島の野村謙二郎(遊撃手→三塁手→一塁手)、元西武の石毛宏典(遊撃手→三塁手)、元日本ハムの田中幸雄(遊撃手→一塁手)、元ダイエーの小久保裕紀(二塁手→三塁手→一塁手)など。現役選手ではヤクルトの宮本慎也(遊撃手→三塁手)、楽天の高須洋介(二塁手→三塁手)、二岡智宏(遊撃手→三塁手→一塁手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の野球

    2006年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1月5日 - 西武がFAの人的補償として、巨人・江藤智内野手を獲得。2006年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1949年シーズンオフ、中部日本新聞社のライバル会社である毎日新聞社が設立した新球団のプロ野球参入に、中日を筆頭に同じく毎日のライバルである読売新聞社を親会社に持つ読売ジャイアンツなどが猛反発。このことがきっかけとなり、読売ジャイアンツ・大阪タイガース・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズからなるセントラル・リーグ(セ・リーグ)と、阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・毎日オリオンズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスからなるパシフィック・リーグ(パ・リーグ)が分立した。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    リーグ拡大の機運にも乗って加盟を申請したが、毎日新聞のライバル会社であった読売新聞社(読売ジャイアンツの親会社)・中部日本新聞社(中日ドラゴンズの親会社)が強く反発。交渉は平行線を辿り、毎日オリオンズと電鉄系を中心とした毎日オリオンズ加盟賛成派の阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスの7球団からなる太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)と毎日オリオンズ加盟反対派の読売ジャイアンツ・大阪タイガース・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズの8球団からなるセントラル野球連盟(セントラル・リーグ)が結成される「2リーグ分立騒動」に発展した(詳細はプロ野球再編問題 (1949年)を参照)。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    西本幸雄の下、リーグ初優勝を遂げ、長かった低迷期を脱する。また仰木彬の監督就任後は毎年のように西武ライオンズとの激しいペナントレース争いとなり、西本退任以降の1982年から仰木彬が指揮した1992年までではBクラスは3度と安定した成績を保った。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • ストッパー毒島

    ストッパー毒島から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    経歴/??:西武ライオンズ(??1996)?京浜アスレチックス(1997?)ストッパー毒島 フレッシュアイペディアより)

  • 大沢啓二

    大沢啓二から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    プロ選手としては頭脳的な守備で鳴らし、とりわけ1959年の日本シリーズ第3戦では、4連投4連勝の杉浦と共に日本一に貢献した。打者の打球傾向によって守備位置を変えるという、現在では当たり前になっているプレーを行い、要所要所で見せた好守備によって巨人の反撃を断ち、チームの4連勝に大きく貢献した。現存している写真を確認すると20m以上、守備位置を移動している。シリーズ後、滅多なことでは選手をほめない鶴岡が「大沢、本当によくやってくれた」と直々に労い、また西鉄ライオンズ監督の三原脩はこのシリーズの総括として、「MVPの杉浦は副賞として自動車を与えられたが、大沢にも小型の自動車を与えるべき」と語っている。大沢啓二 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    、開幕から西鉄ライオンズが11連勝で抜けだすが、8月から9月にかけて南海は日本プロ野球記録の18連勝、1敗を挟んで8連勝で、この間26勝1敗と追い上げ、終盤まで西鉄と優勝争いとなるが、南海は西鉄の90勝を上回る91勝をあげるものの、引き分けの差で西鉄と0.5ゲーム差の8球団中2位に終わる。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3306件中 1 - 10件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード