前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4167件中 1 - 10件表示
  • 福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクホークスから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    開幕から西鉄ライオンズが11連勝で抜けだすが、8月から9月にかけて南海は日本プロ野球記録の18連勝、1敗を挟んで8連勝で、この間26勝1敗と追い上げ、終盤まで西鉄と優勝争いとなるが、西鉄の90勝を上回る91勝をあげるものの、引き分けの差で西鉄と0.5ゲーム差の8球団中2位に終わる。福岡ソフトバンクホークス フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    リーグ拡大の機運にも乗って加盟を申請したが、毎日新聞のライバル会社であった読売新聞社(読売ジャイアンツの親会社)・中部日本新聞社(中日ドラゴンズの親会社)が強く反発。交渉は平行線を辿り、毎日オリオンズと電鉄系を中心とした毎日オリオンズ加盟賛成派の阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスの7球団からなる太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)と毎日オリオンズ加盟反対派の大阪タイガース・読売ジャイアンツ・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズの8球団からなるセントラル野球連盟(セントラル・リーグ)が結成される「2リーグ分立騒動」に発展した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    3月15日 - 【大学・NPB】早稲田大学野球部が記者会見し、西武から現金を受け取っていた清水勝仁選手も同席、経緯の説明を行なった。野球部は清水選手を退部処分とし、早大は学生としての処遇を19日にも決定する見通し。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    西本幸雄の下、リーグ初優勝を遂げ、長かった低迷期を脱する。また仰木彬の監督就任後は毎年のように西武ライオンズとの激しいペナントレース争いとなり、西本退任以降の1982年から仰木彬が指揮した1992年までではBクラスは3度と安定した成績を保った。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    3月9日 - 西武が、ドラフトでの選手獲得のため、アマチュアの2選手に対して、合計1300万円の金銭を渡していたと公表。球団フロントの異動時にその事実を把握したとして、当該選手の獲得を断念するよう指示したことも明らかにした。また、報道により西武から1000万円余を受け取ったとされている選手がいたことも発覚2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    この年西日本パイレーツが、パ・リーグの西鉄クリッパースに吸収合併されたことでセ・リーグは、7球団体制になる。1月25日、名古屋野球株式会社から株式会社名古屋野球倶楽部が分離。2月6日より名古屋鉄道(名鉄)が球団経営に参加し、球団名も名古屋ドラゴンズ(なごやドラゴンズ)に改称。名鉄と中日新聞が隔年で経営することとなり、この年は名鉄が経営を担当。8月19日に試合中の火災で全焼した中日球場(中日球場で予定されていた残りの試合は鳴海球場などに変更して行われた)は、オフに鉄筋コンクリートで再建された。この年は、優勝した巨人に大差をつけられての2位。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 西武鉄道

    西武鉄道から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    東京都北西部から埼玉県南西部に路線を有する鉄道・沿線・不動産事業を行う西武グループの主要企業で、大手私鉄の一つである。また、プロ野球・埼玉西武ライオンズの親会社(2009年から)である。西武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 所沢市

    所沢市から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    プロ野球・埼玉西武ライオンズの本拠地球場であるメットライフドームの所在地である。また、西武グループの本拠地(本社所在地、本店所在地は主に池袋)でもあり、駅前には西武百貨店(旧セゾングループ)など、西武の名を冠するビルが連なっている。所沢市 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の野球

    2016年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1月18日【プロ・アマ】 - 2016年度の野球殿堂表彰者が発表され、プレーヤー部門では工藤公康(最終所属:埼玉西武)、斎藤雅樹(最終所属:巨人)、エキスパート部門では榎本喜八(最終所属:西鉄)、特別表彰部門ではアマチュア野球の発展に尽くした功績により松本瀧藏(明治大学硬式野球部出身、元衆議院議員)、山中正竹(法政大学野球部出身、バルセロナオリンピック野球日本代表監督)の5名が選出された。2016年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    現役時代には、大阪近鉄バファローズ を皮切りに、オリックス・バファローズ、広島東洋カープ、 埼玉西武ライオンズ、東北楽天ゴールデンイーグルスでプレー。広島時代にセントラル・リーグ公式戦、オリックス時代にパシフィック・リーグ公式戦で、守備中に隠し球を成功させたことで知られる(詳細後述)。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4167件中 1 - 10件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード