3306件中 91 - 100件表示
  • パシフィック・リーグ

    パシフィック・リーグから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1949年11月26日に開かれた各球団の代表者会議で、新球団加盟の是非をめぐり日本野球連盟が分裂した。その日の午後1時には加盟賛成派の阪急ブレーブス(現・オリックス・バファローズ)、南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)、東急フライヤーズ(現・北海道日本ハムファイターズ)、大映スターズ(後の大映ユニオンズ)に新球団の毎日オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)、西鉄クリッパース(現・埼玉西武ライオンズ)、近鉄パールス(後の大阪近鉄バファローズ)も加わり、計7球団で太平洋野球連盟(たいへいようやきゅうれんめい)が発足し、結団式が行われた。閉幕まで3日を残した1949年シーズン末の事である。初年度の1950年は親会社のバックアップで戦力を充実させた毎日オリオンズが優勝し、日本シリーズでも松竹ロビンスを倒し日本一に輝いた。パシフィック・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 平和台野球場

    平和台野球場から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1950年にプロ野球に参入したパシフィック・リーグの西鉄クリッパースとセントラル・リーグの西日本パイレーツの本拠地球場となった。翌1951年に西鉄と西日本が合併してパ・リーグの西鉄ライオンズになるが、引き続き西鉄が本拠地とした。平和台野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年の野球

    1954年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    6月2日 - 平和台球場における初のナイター試合西鉄ライオンズ対南海ホークス戦が行われ、1対0で西鉄が勝利している。1954年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡ドーム

    福岡ドームから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    地元福岡のイベントに合わせ、ホークス主催試合では「どんたくシリーズ」「山笠シリーズ」と銘打った連戦が行われる(この両シリーズは平和台球場での西鉄ライオンズ時代から行われている)。福岡ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県営大宮公園野球場

    埼玉県営大宮公園野球場から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    改築後はプロ野球公式戦開催規格を充足する両翼99m、中堅122mとなり、6基の照明塔と磁気反転式スコアボードが設けられた。なお、改築後はプロ野球の一軍公式戦は行われていなかったが(1998年9月9日にはヤクルトスワローズ対日本ハムファイターズの二軍公式戦が開催)、埼玉県をフランチャイズとする埼玉西武ライオンズの地域密着活動の一環として、2008年より開催される事となった。埼玉県営大宮公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    現役時代は読売ジャイアンツで活躍し、引退後は広島東洋カープ守備コーチ、ヤクルトスワローズヘッドコーチ・監督、西武ライオンズ監督を歴任。監督としては、最下位球団だったヤクルト、長期に渡って低迷していた西武をリーグ優勝・日本一へと導いた。その後は千葉ロッテマリーンズのゼネラルマネージャーを経て、現在は野球評論家。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーベースボール (テレビ朝日系列)

    スーパーベースボール (テレビ朝日系列)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    本項では、これまでテレビ朝日(前身のNET・日本教育テレビ時代を含む)および系列各局で放映されてきたプロ野球中継全般について記す。朝日ニュースターにおける埼玉西武ライオンズ戦中継については『プロ野球完全中継 出しきれ!ライオンズ』を参照。スーパーベースボール (テレビ朝日系列) フレッシュアイペディアより)

  • NHKプロ野球

    NHKプロ野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    球団別では中日ドラゴンズ、阪神タイガース、福岡ソフトバンクホークスの主催ゲームが中心で、逆に埼玉西武ライオンズ、横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズ、広島東洋カープの主催試合は少ない。NHKプロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 報徳学園中学校・高等学校

    報徳学園中学校・高等学校から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    深見安博(元プロ野球選手・西鉄クリッパース・西鉄ライオンズ→東急フライヤーズ他、元西鉄ライオンズ代理監督)報徳学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 高谷裕亮

    高谷裕亮から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2008年]]は2軍で経験を積む予定であったが、的山哲也が右膝を痛めたこともあり7月5日に一軍に昇格。7月15日の西武ライオンズ戦では自身初の3安打猛打賞に加え2打点を記録し、初めてヒーローインタビューを受ける。翌16日には涌井秀章からプロ初本塁打を放ち、延長12回に自身初のサヨナラ打を放つ活躍で連夜のヒーローとなった。8月20日には新垣渚の女房役としてマスクを被ったものの、ショートバウンドが多く5暴投を許しボールを体で止められないと試合後非難を浴びせられた。後半戦からはほぼレギュラーに定着し、捕手陣では最多となる62試合に出場。盗塁阻止率.344を記録したが、一方で打率は1割台に終わるなど課題も残した。高谷裕亮 フレッシュアイペディアより)

3306件中 91 - 100件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード