4167件中 91 - 100件表示
  • 小林宏之 (野球)

    小林宏之 (野球)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    、第1回WBC日本代表に選出されたが、渡米中に発熱などで調子が上がらず、本大会で登板することはなかった。またWBCの影響で足を故障し開幕から出遅れたが、4月26日の対オリックス・バファローズ戦で初登板、2安打完封、98球で勝利。その後、シーズン最終登板となった対西武ライオンズ戦で10勝目を挙げ、2年連続の二桁勝利を記録した。翌年1月1日にTBS系で放送された『スポーツマンNo.1決定戦』では、初参加ながらショットガンタッチで12 m 50 cmを記録し総合6位に入った。小林宏之 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    以後、巨人がペナントレースで首位に大きく遅れをとると、各メディア等が必ずメークドラマを書き立てることとなる。特にメークドラマのひとつのきっかけとなった円山球場での巨人主催試合(2001年以降は札幌ドームで開催)の時期が近づくと「札幌はメークドラマ発祥の地」などと大きく取り上げられる。だが1997年から2007年までの間は、巨人がシーズン序盤から首位だった2000年・2002年・2007年を除けば、巨人が大差から逆転優勝を果たしたケースはなかった(巨人以外のものでは、1998年のパ・リーグにおいて、西武ライオンズが首位日本ハムファイターズに付けられた最大10ゲーム差をひっくり返して、リーグ優勝している)。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 田中 賢介

    田中賢介から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    、プロ野球ドラフト会議で、2位指名で日本ハム・中日・西武の3球団で競合の末、ドラフト直前に就任した大島康徳監督が引き当て日本ハムに入団。田中賢介 フレッシュアイペディアより)

  • 田村龍弘

    田村龍弘から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    第25回AAA世界野球選手権大会の日本代表に選出され、3割を超える高打率をマーク。同じ捕手で強打を誇る1学年下の森友哉(2014年に埼玉西武ライオンズへ入団)との同時出場によって強力打線を目指す小倉監督の意向に伴い、2年次に守っていた三塁手を務め打順も3番に座った。台湾戦などでは幾度も好プレーを見せ、大会全体を通して木製バットでも安定した打率を残すなど、適応能力の高さを示した。ちなみに、田村は3年生の春・夏とも、当時森が在籍していた大阪桐蔭高校と甲子園大会の決勝で対戦して敗退している。田村龍弘 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    ロッテオリオンズ、西武ライオンズでプレーした。選手引退後はからまでヤクルトスワローズ、からまで阪神タイガース、からまで社会人野球のシダックス、からまで東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を務めた。からまで東北楽天ゴールデンイーグルスの名誉監督。2010年からはサンケイスポーツの野球評論家を務める。また、出身地の京丹後市名誉市民となっている。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    ''、開幕ローテーション入りを果たし、開幕2戦目の西武ライオンズ戦に先発し、6回1失点に抑えて先発での初勝利を挙げ、当時の監督の野村克也からは「今年は青山がエース」と言われた。5月7日には、北京オリンピックアジア予選日本代表第一次候補に選出される(最終メンバーには入れず)と、5月13日のオリックス・バファローズ戦では、初完投、初完封、初無四球試合を記録。しかし、その後は9試合で1勝7敗と不調に陥り、中継ぎに降格。7月下旬には二軍に降格し、9月下旬に再び一軍に合流した。しかし4勝8敗と期待されたほどの成績は残せなかった。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 辛島航

    辛島航から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    ''、シーズン前に田中将大、ダルビッシュ有と共に自主トレを行ない、体重増に取り組んだ。5月1日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初先発、初勝利を挙げる。しかし、5月23日の中日ドラゴンズ戦での投球中に左手中指を痛めて降板。29日に出場選手登録を抹消され、約2ヶ月間戦線離脱した。7月15日に一軍へ復帰後は先発ローテーションの一角を担い、美馬学と並ぶチーム2位の8勝をマークした。辛島航 フレッシュアイペディアより)

  • 稲尾和久

    稲尾和久から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    現役時代は西鉄ライオンズの主戦投手としてチームの3年連続日本一に貢献し、連投・多投の中で好成績を挙げたことから「鉄腕」の異名で呼ばれた。稲尾和久 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    は春季キャンプでのフリー打撃、紅白戦、オープン戦の初登板が全て雨で中止か延期となり、チーム内で雨男とあだ名された。3月29日の対福岡ソフトバンクホークス戦で初登板初先発、1回2/3を投げて打者12人に対し6安打3奪三振1四球で6失点。4回に同点となって敗戦投手にはならなかったが、降板後のベンチで涙を見せた。4試合目の登板となった4月18日の対ソフトバンク戦で9回を2失点13奪三振に抑え初勝利初完投。6月13日の対中日ドラゴンズ戦で高卒新人ではのダルビッシュ有以来の完封勝利を記録。同年のオールスターゲームに高卒新人ではの松坂大輔以来となるファン投票で選出され出場、7月22日の第2戦に先発して自己最速の153km/hを記録した(2回6失点)。7月10日には高卒新人として松坂大輔以来史上6人目、江夏豊と並び最速タイとなる96回2/3でのシーズン100奪三振を記録。8月31日の埼玉西武ライオンズ戦で松坂大輔以来となる高卒新人、および球団史上初となる2ケタ勝利を挙げた。リーグ4位の186回1/3を投げて11勝を挙げ、リーグ2位で高卒新人では歴代4位の196奪三振を記録。松坂大輔以来8年ぶりの高卒1年目で新人王を受賞した。同年は連敗ストッパーとなることが多く、監督の野村克也は「だって(田中は)ウチのエースだもん」と答えたこともあった。ソフトバンクとの相性が良く、登板6試合のうち5試合で勝利投手になった。田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 武田愛斗

    武田愛斗から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    武田 愛斗(たけだ あいと、旧姓:大瀧(おおたき)、1997年4月6日 - )は、大阪府堺市堺区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。2016年7月15日より登録名を「愛斗」としている。武田愛斗 フレッシュアイペディアより)

4167件中 91 - 100件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード