3306件中 21 - 30件表示
  • 2008年の野球

    2008年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    9月26日 - パシフィック・リーグの埼玉西武ライオンズはマジック1で迎えた北海道日本ハムファイターズ23回戦(札幌ドーム)において0?2で敗戦するも、マジック対象チームだったオリックス・バファローズが東北楽天23回戦(クリネックススタジアム宮城)にて1?13で敗戦したため、4年ぶり21度目のパシフィック・リーグ優勝となった。2008年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋聡

    中嶋聡から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    オフ、フリーエージェント宣言し、メジャーリーグ挑戦を表明。アナハイム・エンゼルスの入団テストを受けたが、エンゼルス側がマイナー契約を提示したためメジャーリーグ移籍を断念し、西武ライオンズに移籍。正捕手の座に挑むも、長年西武一筋で信頼感のある伊東勤に勝つことは出来なかった。その後、に入団した松坂大輔専用の捕手として起用されることが増えたが、打撃の低迷に加えて西武が若手捕手育成の方針を取ったため次第に出場機会が減少していった。中嶋聡 フレッシュアイペディアより)

  • ライオンズカラー

    ライオンズカラーから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    ライオンズカラーとは、NPB球団埼玉西武ライオンズのテーマカラーである。メインカラーは青系で、事実上のコーポレートカラーとして、西武グループのさまざまな施設に施されている。1978年に始まり、現在まで2回変更されている。ライオンズカラー フレッシュアイペディアより)

  • 白崎泰夫

    白崎泰夫から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1954年8月16日、平和台球場で行われた西鉄ライオンズ戦では、3回裏1アウトでマウンドに上がったが、最初の打者高倉照幸への初球を暴投した。これを見た鶴岡一人監督は投手を白崎から宅和本司に交代させ、試合は5対4で南海が勝利し、そのまま宅和は勝利投手となった。しかし、白崎は高倉との対戦を終了しておらず、野球規則上は宅和に交代することができないはずだったが、審判始め関係者が誰も気づかず、規則の例外記録になった。試合終了後にこの事実に気づいた関係者が対応を協議し、「白崎が急に腹痛を起こしたため」という理由が付けられた、白崎はこのあとのシーズン中に一度も登板することはなく、この年の公式記録は「登板=1」で「打者=0」という結果となった。1954年のパ・リーグは4連覇を目指す南海ホークスと、西鉄ライオンズとの激しい戦いとなった。8月中旬まで西鉄が首位であったが、下旬から9月にかけて南海ホークスがプロ野球新記録の18連勝で猛追し、一旦連勝がストップした後にさらに8連勝し西鉄から首位を奪取した(この1ヶ月半で南海は26勝1敗、勝率.963と驚異的な成績であった)。その後両チームのデッドヒートは最後まで続き西鉄ライオンズが10連勝で再度首位に返り咲き、南海ホークスも最後の10試合で9勝1敗と頑張ったが最終的には0.5ゲーム差で西鉄ライオンズが鼻差で振り切った 。このような背景から、この日の1勝は南海ホークスにとって貴重なもので、一つのゲームも落とすわけにはいかず、「病欠のため」ということにしたのである。白崎泰夫 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本 勉

    岩本勉から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1996年には初の2ケタ勝利を達成。1998年のオールスターゲーム (日本プロ野球)に出場した。1998年と1999年には2年連続して開幕戦で完封勝利。これは稲尾和久(西鉄ライオンズ)以来37年ぶりのパ・リーグ記録である、2000年の開幕戦では19歳松坂大輔と背番号18同士で投げ合い互いに勝敗付かなかった。1999年から2001年は登録名を「岩本ツトム」に変更していた。2000年開催のシドニーオリンピックの日本代表選手候補になるが、負傷を理由に辞退した。岩本勉 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本シリーズ

    2005年の日本シリーズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    前年の球界再編問題からプロ野球改革元年と位置付けられたこの年の日本選手権シリーズは、セ・リーグ優勝の岡田彰布監督が率いる阪神タイガースとパ・リーグ優勝のボビー・バレンタイン監督が率いる千葉ロッテマリーンズの対決となった。(パ・リーグレギュラーシーズンで2位であったロッテが、プレーオフで福岡ソフトバンクホークス(レギュラーシーズン1位)・西武ライオンズ(同3位)に勝利しパ・リーグ優勝チームとなった)2005年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • コクド

    コクドから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    堤義明は政財界との繋がりが強い一方で、ウィンタースポーツを中心としたスポーツ振興に積極的でもあり、日本オリンピック委員会会長に就任して長野オリンピックの誘致に携わっている。日本プロ野球・西武ライオンズの元親会社(吸収によって2008年までプリンスホテルが親会社。2009年以降西武鉄道へ経営権が移動)であり、アイスホッケーチームを持っていた。コクド フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・オーティズ

    ホセ・オーティズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    ホセ・ダニエル・オーティズ(José Daniel Ortiz , 1977年6月13日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するドミニカ共和国出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。ホセ・オーティズ フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    10月28日に開催されたプロ野球ドラフト会議にて、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。同会議では早稲田大学の同期生である大石達也と福井優也も、それぞれ埼玉西武ライオンズと広島東洋カープに1位で指名され(大石は広島を含む他5球団との競合)、プロ野球ドラフト会議において同一大学の投手3人が1位指名を受けたのは同会議史上初、ポジションに関わらず3人が1位指名されたのは、の青山学院大学(井口忠仁、澤崎俊和、清水将海)以来となった。10月30日から早慶戦を控えていたため当日には記者会見は行われず、早慶優勝決定戦翌日の11月4日に大石、福井とともに会見が開かれ、プロ入りへの意気込みを語った。12月6日に日本ハムとの初交渉に臨み、新人としては最高評価の年俸1500万円、契約金1億円、出来高5000万円(金額は推定)で仮契約した。12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、の新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われた。会見には監督の梨田昌孝と球団社長の藤井純一が同席し、背番号「18」のユニフォーム姿をお披露目した。その後、梨田が捕手となりマウンドでプロ第一球を披露し、トークショー、サインボール投げ入れなどのセレモニーが行われた。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • サヨナラゲーム

    サヨナラゲームから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    西鉄に移籍しての、8月26日の西鉄ライオンズ対大映スターズでは林義一との投げ合いとなり、同点で迎えた9回裏1死から川崎が二塁打で出塁し、内野ゴロの間に三塁まで進み二死三塁とすると、宮崎要への林の初球の際に本盗でサヨナラ勝利。日本プロ野球史上2度目の投手によるサヨナラ本盗を決めており、8年前とは逆となった。なお、同年11月20日の対近鉄パールズ戦の11回表に三塁走者の川崎は本盗を試みるが、これには失敗し、同イニングの裏に近鉄の坂本直留にプロ入り第1号が満塁本塁打の日本プロ野球史上最高齢となるサヨナラ満塁本塁打を打たれて川崎が敗戦投手になっている。サヨナラゲーム フレッシュアイペディアより)

3306件中 21 - 30件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード