4167件中 21 - 30件表示
  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    しかし、シーズン途中に前年度クリーンナップとしてチーム最多の21本塁打・72打点を記録した樋笠一夫が契約でもめ、巨人に移籍してしまうなど、前年に引き続きペナントレースは苦戦を続け、チーム成績は2年連続の最下位に終わった。この年は西日本パイレーツがパ・リーグの西鉄クリッパースに吸収合併されたことで、7球団による20回総当り戦の120試合だったが、秋にアメリカ選抜チームの来日(日米野球)があったため順位決定後の試合は全て打ち切られた。特に広島は最下位決定の後、一番多い21試合が打ち切られ99試合しか消化出来なかった。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    リーグ優勝を果たし、日本シリーズでは水原茂と入れ替わりに巨人を退団した三原脩が監督で率いる西鉄ライオンズとの対決となる。以後日本シリーズでは、3年連続で巨人は西鉄との対決となり、両者の戦いは「巌流島の決戦」とマスコミに喧伝された。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ウルフ

    ブライアン・ウルフから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    ブライアン・トーマス・ウルフ(Brian Thomas Wolfe, 1980年11月29日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属する、アメリカ合衆国カリフォルニア州フラートン出身のプロ野球選手(投手)。ブライアン・ウルフ フレッシュアイペディアより)

  • 白崎泰夫

    白崎泰夫から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1954年8月16日、平和台球場で行われた西鉄ライオンズ戦では、3回裏一死でマウンドに上がったが、最初の打者高倉照幸への初球を暴投した。これを見た鶴岡一人監督は投手を白崎から宅和本司に交代させ、試合は5対4で南海が勝利し、そのまま宅和は勝利投手となった。しかし、白崎は高倉との対戦を終了しておらず、野球規則上は宅和に交代することができないはずだったが、審判始め関係者が誰も気づかず、規則の例外記録になった。試合終了後にこの事実に気づいた関係者が対応を協議し、「白崎が急に腹痛を起こしたため」という理由が付けられた。白崎はこれがシーズン初登板であり、またこのあとのシーズン中に一度も登板することはなく、この年の公式記録は「登板=1」で「打者=0」という結果となった。1954年のパ・リーグは4連覇を目指す南海ホークスと、西鉄ライオンズとの激しい戦いとなった。8月中旬まで西鉄が首位であったが、下旬から9月にかけて南海ホークスがプロ野球新記録の18連勝で猛追し、一旦連勝がストップした後にさらに8連勝し西鉄から首位を奪取した(この1ヶ月半で南海は26勝1敗、勝率.963と驚異的な成績であった)。その後両チームのデッドヒートは最後まで続き西鉄ライオンズが10連勝で再度首位に返り咲き、南海ホークスも最後の10試合で9勝1敗と頑張ったが最終的には0.5ゲーム差で西鉄ライオンズが鼻差で振り切った 。このような背景から、この日の1勝は南海ホークスにとって貴重なもので、一つのゲームも落とすわけにはいかず、「病欠のため」ということにしたのである。白崎泰夫 フレッシュアイペディアより)

  • コクド

    コクドから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    堤は政財界との繋がりが強い一方でウィンタースポーツを中心としたスポーツ振興に積極的でもあり、日本オリンピック委員会会長に就任して長野オリンピックの誘致に携わっている。プロ野球・西武ライオンズの元親会社(吸収によって2008年までプリンスホテルが親会社。2009年以降西武鉄道へ経営権が移動)であり、アイスホッケーチームを保有。いずれも強豪チームとして一時代を築き上げていた。コクド フレッシュアイペディアより)

  • ストッパー毒島

    ストッパー毒島から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    経歴/??:西武ライオンズ(??1996)?京浜アスレチックス(1997?)ストッパー毒島 フレッシュアイペディアより)

  • 八木沢荘六

    八木沢荘六から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    10月10日の太平洋戦ダブルヘッダー第1試合(宮城)で史上13人目の完全試合を達成。この試合は中継ぎ登板が多く、規定投球回に足りなかった八木沢に最高勝率のタイトルを取らせるべく投球回数を稼ぐために先発した試合だったという。この後、八木沢は目論見どおり規定投球回に到達し、7勝1敗で最高勝率のタイトルを獲得。同年の完投は完全試合の1試合のみであり、完封に至ってはプロ入り7年目で初だった。八木沢は元々ダブルヘッダーの第2試合に先発の予定だったが、第1試合に先発する予定だった村田兆治が寝違えて首を痛めたために急遽第1試合に先発することになったという。完全試合の日はカウントボール3までいったケースは一度もなかったが、これは15回ある完全試合の中で唯一の記録である。八木沢荘六 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2004年はこれらの問題のみならず、日本プロ野球界の抱える数多くの問題点が一気に噴出した年だった。特に球団オーナーの内、自由獲得枠選手の獲得に関わる金銭不正授受問題(一場事件)で巨人・阪神・横浜3球団のオーナー(渡邉、阪神・久万俊二郎オーナー、横浜・砂原幸雄オーナー)及び阪神・野崎勝義球団社長が辞任、さらに西武鉄道グループの不正経理問題で西武ライオンズの堤義明オーナーが辞任し、福岡ダイエーホークスのソフトバンクへの売却と球団合併および新規参入とで、12球団の内半数の6球団(近鉄→楽天・巨人・阪神・横浜・西武・ダイエー→ソフトバンク)のオーナーが交替するという異常事態となった。選手会とNPBとの交渉によって「プロ野球構造改革協議会」(仮称)を設けることが決定しており、これらの問題点を解決できるのかどうかが注目されている。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 榎田大樹

    榎田大樹から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    榎田 大樹(えのきだ だいき、1986年8月7日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属する鹿児島県曽於郡大崎町出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。榎田大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本シリーズ

    2005年の日本シリーズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    パ・リーグレギュラーシーズンで2位であったロッテが、プレーオフで福岡ソフトバンクホークス(レギュラーシーズン1位)・西武ライオンズ(同3位)に勝利しパ・リーグ優勝チームとなり、セ・リーグ優勝の阪神(セ・リーグはプレーオフ制度なし)と対戦することとなった。阪神・ロッテの対戦は史上初で、この年の交流戦ではロッテの3勝2敗1分けという対戦成績を残していた。2005年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

4167件中 21 - 30件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード