4167件中 31 - 40件表示
  • 門田博光

    門田博光から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    翌以降、「ホームランを打てば足に負担はかからない。これからは全打席ホームランを狙う」と長打狙いのバッティングに徹し、同年41本塁打を放つと、翌には44本塁打で初の本塁打王に輝いた。7月には、月間16本塁打のプロ野球新記録(当時)をマークしている。16本目は満塁本塁打だった(対西武戦、杉本正から)だった。また、7月はオールスターゲームのある月であり、約1週間の公式戦中断がある中での記録だった。門田博光 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤佑樹

    斎藤佑樹から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    10月28日に開催されたプロ野球ドラフト会議にて、東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得。同会議では早稲田大学の同期生である大石達也と福井優也も、それぞれ埼玉西武ライオンズと広島東洋カープに1位で指名され(大石は広島を含む他5球団との競合)、プロ野球ドラフト会議において同一大学の投手3人が1位指名を受けたのは同会議史上初、ポジションに関わらず3人が1位指名されたのは、の青山学院大学(井口資仁、澤崎俊和、清水将海)以来となった。10月30日から早慶戦を控えていたため当日には記者会見は行われず、早慶優勝決定戦翌日の11月4日に大石、福井とともに会見が開かれ、プロ入りへの意気込みを語った。12月6日に日本ハムとの初交渉に臨み、新人としては最高評価の年俸1500万円、契約金1億円、出来高5000万円(金額は推定)で仮契約した。12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、の新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われた。会見には監督の梨田昌孝と球団社長の藤井純一が同席し、背番号「18」のユニフォーム姿をお披露目した。その後、梨田が捕手となりマウンドでプロ第一球を披露し、トークショー、サインボール投げ入れなどのセレモニーが行われた。斎藤佑樹 フレッシュアイペディアより)

  • 大宮龍男

    大宮龍男から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1976年のドラフト4位で日本ハムファイターズに入団。入団時は加藤俊夫が正捕手であり、なかなかその壁を破れなかった。7月29日の南海戦(大阪)ではサイクル安打を達成したが、奇しくもこの試合での本塁打と三塁打はいずれも自身のシーズン唯一のものであった。は加藤が故障で衰えを見せ始めると、大沢啓二監督が正捕手に抜擢すると共に、広島から移籍してきた江夏豊を教育係に指名。徹底的に配球面を鍛えられたことによってリード面にも成長を見せ、大宮に引っ張られた投手陣は岡部憲章が最優秀防御率を獲得し、間柴茂有が15勝0敗で勝率10割を記録、恩師・江夏もセーブ王を獲得した。大宮自身も初めて100試合以上に出場し、同年のリーグ優勝に貢献。初めて規定打席(33位、打率.249)に達する。同年の日本シリーズでは巨人に敗退したものの、20打数7安打の好記録を残す。は加藤が大洋に移籍したため、田村藤夫とレギュラーを争いつつ出場。5月末に死球による左頬骨骨折で一時は戦線を離脱するが、6月末には復帰。前期は西武に優勝を許すが、後期は開幕戦である7月2日の近鉄戦(後楽園)にて村田辰美から2本塁打を放つ活躍で江夏の通算200勝をアシスト。自身の好調な打撃とリードも相まってチームを引っ張り、2年連続後期優勝に貢献。打率は.258ながら得点圏では.301、満塁時には.667を記録。プレーオフでは西武に敗れたが、ダイヤモンドグラブ賞を受賞。8月22日の西武戦(後楽園)ではスティーブ・オンティベロスと殴り合いを演じ、スティーブと共に退場処分を受けた。オールスターゲームにも3度選出(1981年 - 1982年, )されるなど正捕手として活躍していたが、からは田村の台頭で出番が減少。に大島康徳・曽田康二との交換トレードで田中富生と共に中日ドラゴンズへ移籍すると、中村武志の2番手捕手として起用される。同年9月20日の巨人戦(ナゴヤ)で斎藤雅樹からサヨナラホームランを放つなど活躍し、出場試合は少ないものの強気なリードで投手陣を引っ張った。には広橋公寿・小川宗直との交換トレードで宮下昌己と共に西武ライオンズに移籍。3月15日に中日とのオープン戦でベニー・ディステファーノと派手な殴り合いを演じたが、監督の森祇晶がその強気な性格と闘争心を買い、若手投手専用捕手に抜擢。長年「ライバル不在」で安泰の地位を確保し、無意識のうちに安穏とした心境になっていた伊東勤に大きな緊張感と危機感を与えた。森は投手陣が大量失点すると、容赦なく伊東をベンチに下げ、大宮に交代した。限りで現役を引退。所属した3球団全てでリーグ優勝、日本シリーズ進出を5度も経験(1990年のみ出場無し)。3球団から出場は若生智男(大毎→阪神→広島)・永尾泰憲(ヤクルト→近鉄→阪神)・中尾孝義(中日→巨人→西武)・阿波野秀幸(近鉄→巨人→横浜)・工藤公康(西武→ダイエー→巨人)・中嶋聡(阪急→西武→日本ハム)・岡島秀樹(巨人→日本ハム→ソフトバンク)と並んで最多タイであり、中尾とは1988年に同チームで出場。工藤とは - 1992年に同チームで出場し、1988年には対戦した。日本一には2度(1991年 - 1992年)も貢献。大宮龍男 フレッシュアイペディアより)

  • プリンスホテル硬式野球部

    プリンスホテル硬式野球部から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    運営母体は、西武グループに属するホテル・レジャー事業会社のプリンスホテル。チームカラーは、グループの総帥だった堤義明の母校である早稲田大学と同じえんじ色で、背番号や背番号上ネームの書体は西武ライオンズのユニフォームと同じであった。プリンスホテル硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • サヨナラゲーム

    サヨナラゲームから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    西鉄に移籍しての、8月26日の西鉄ライオンズ対大映スターズでは林義一との投げ合いとなり、同点で迎えた9回裏1死から川崎が二塁打で出塁し、内野ゴロの間に三塁まで進み二死三塁とすると、宮崎要への林の初球の際に本盗でサヨナラ勝利。日本プロ野球史上2度目の投手によるサヨナラ本盗を決めており、8年前とは逆となった。なお、同年11月20日の対近鉄パールス戦の11回表に三塁走者の川崎は本盗を試みるが、これには失敗し、同イニングの裏に近鉄の坂本直留にプロ入り第1号が満塁本塁打の日本プロ野球史上最高齢となるサヨナラ満塁本塁打を打たれて川崎が敗戦投手になっている。サヨナラゲーム フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    代表的な例としては、落合博満(ロッテ→中日→巨人→日本ハム、二塁手→三塁手→一塁手)、藤田平(阪神、遊撃手→一塁手)、野村謙二郎(広島、遊撃手→三塁手→一塁手)、田中幸雄(日本ハム、遊撃手→三塁手→一塁手)、宮本慎也(ヤクルト、遊撃手→三塁手)、小久保裕紀(ダイエー→巨人→ソフトバンク、二塁手→三塁手→一塁手)、井口資仁(ダイエー→MLB→ロッテ、遊撃手→二塁手→一塁手)などが挙げられる。現役選手としては、鳥谷敬(阪神、遊撃手→三塁手)、浅村栄斗(西武、遊撃手→一塁手→二塁手)、鈴木大地(ロッテ、遊撃手→二塁手→三塁手)などが挙げられる。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    に北海道日本ハムファイターズの監督として4年ぶりに現場復帰。就任会見では「近鉄が消滅して自分の居場所がなくなったような気がしていたが、こうして現場に復帰できて嬉しい。日本ハムは強いチームだ」と抱負を語った。前年11月25日に札幌ドームで行われた日本ハム・ファンフェスティバルにて、前監督・トレイ・ヒルマンから梨田への背番号88の継承式が行われた。就任1年目のシーズンは3位でリーグ戦を終了。クライマックスシリーズ第1ステージをオリックス・バファローズと戦い2連勝して第2ステージへ駒を進めたが、埼玉西武ライオンズに2勝4敗(リーグ優勝チームに与えられるアドバンテージを含む)で敗れ、日本シリーズ進出はならなかった。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    には、チーム順位が6位にも関わらず藤村が最高殊勲選手賞を受賞した。オフの新球団加盟問題では、当初は毎日オリオンズら新球団の加盟に消極的ながら賛成していた。しかし、最終的には反対派に回り、2リーグ分裂に際して読売ジャイアンツなどと共にセントラル・リーグを創設した。阪神に裏切られた形となった毎日は、戦力確保のためにタイガースの選手を集中的に引き抜いた。監督兼主戦投手の若林を始め、打撃、守備の中心である呉(1番中堅手)、別当薫(3番右翼手)、土井垣(5番捕手)、本堂保次(6番二塁手)ら6名が毎日に移籍した。また別府星野組の左腕投手・荒巻淳もタイガース入団が内定していたが、毎日に奪われている。更に遊撃手・長谷川善三が西鉄クリッパースへ、門前眞佐人が大洋ホエールズへ移籍し、ダイナマイト打線は崩壊した。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    からは投手コーチ補佐を兼任。、自身2度目のリーグ優勝を機に現役引退を決意。引退理由としては体力の限界もあったが監督の近藤貞雄と確執も要因となりリーグ優勝祝勝会の時点ではコーチ就任が濃厚と言われていたがコーチとしても残る事も無くチームを離れ、11月21日のファン感謝デーで「長い間ありがとうございました。私はついに燃え尽きました」と挨拶した同年の日本シリーズでは出場はなくコーチ補佐として出場したが西武ライオンズに2勝4敗で敗れた。4月3日、ナゴヤ球場にて行われた阪急ブレーブスとのオープン戦が引退試合となり、先発として登板。先頭打者の福本豊にレフト前ヒットを打たれている。現役時代の通算成績は、146勝121敗34セーブ。星野は著書の中で「プロのピッチャーとしては200勝に到達できない二流の成績で終わったが、気持ちと気迫と気合いだけは誰にもひけをとらなかった思っている」と記している。引退の際、マウンドへ花束を届けに行ったのは親友である歌手の小田和正だった。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    監督就任4年目、主砲・原辰徳が開幕直前に肉離れを起こして開幕に間に合わず、落合博満を中日ドラゴンズが獲得するなど、チームはかつてない危機を迎えていた。しかし、中日との開幕戦での西本聖の完封勝利でのシーズンが幕を開ける。またウォーレン・クロマティを4番に据え、抑えに回った鹿取義隆と、2年目19歳のエース桑田真澄、復活した江川卓を軸に若手投手陣は躍動する。攻撃面も打撃ベスト10に篠塚利夫、吉村禎章、中畑清、復帰した原とクロマティの5人が3割を記録した強力打線であったため、終わってみれば独走でのリーグ優勝であった。しかし、日本シリーズで西武ライオンズに2勝4敗で敗れ日本一にはなれず、「巨人の監督」としての手腕はあまり高くは評価されなかった。王貞治 フレッシュアイペディアより)

4167件中 31 - 40件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード