3306件中 31 - 40件表示
  • 所沢市

    所沢市から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    プロ野球球団埼玉西武ライオンズのフランチャイズの西武ドームの所在地である。西武グループの本拠地でもあり、駅前には西武百貨店(ただし旧セゾングループ)など、西武の名を冠するビルが連なっている。所沢市 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1949年シーズンオフ、読売新聞社のライバル会社である毎日新聞社が設立した新球団のプロ野球参入に、巨人をはじめ、同じく毎日のライバルである中部日本新聞社を親会社に持つドラゴンズらが反対。このことがきっかけとなり、読売ジャイアンツ・大阪タイガース・中日ドラゴンズ・松竹ロビンス・大洋ホエールズ・広島カープ・西日本パイレーツ・国鉄スワローズからなるセントラル・リーグ(セ・リーグ)と、阪急ブレーブス・南海ホークス・東急フライヤーズ・大映スターズ・毎日オリオンズ・西鉄クリッパース・近鉄パールスからなるパシフィック・リーグ(パ・リーグ)が分立することになった。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2月に右肩を痛めた出遅れもあり4月までは防御率5.16、WHIP1.45と不振であったが、5月30日以降は自身公式戦10連勝を記録。そのままシーズン終了まで1度も敗戦投手になることは無く、最終的に規定投球回に到達し防御率2.89、12勝5敗の成績を記録した。7月7日の対西武戦(インボイスSEIBUドーム)では先発を任されたが、ビジター用のユニフォームを札幌ドームのロッカーに置き忘れ、八木智哉のユニフォームを借りて登板し、7回1失点の好投でチームを勝利に導いた。この日の日本ハムは前身の東映フライヤーズが1961年9月に達成して以来のチーム11連勝(球団タイ記録、当時)がかかった試合だった。ちなみにその時本人は「これで負けたら最悪です」とコメントしている。この年の終盤あたりから、相性の良さから鶴岡慎也とバッテリーを組む事が多くなり、2007年も中盤以降からはダルビッシュ登板時の捕手はほぼ鶴岡で固定されていた。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    深刻な球団経営状態から給料の遅配や遠征費が払えない事態となり、3月14日の役員会で球団解散の決定がなされたが、石本監督らの説得で3月23日に存続が決定している。当時下関市にチームがあった大洋ホエールズとの合併案が持ち上がった。その時、球団の資金難を救うべく広島市民が酒樽に募金を募った「樽募金」で球団存続に必要な400万円(当時)を集め、球団も四方八方手を尽くし解散を回避した。この一件は、2001年5月1日放送のNHK「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」で「史上最大の集金作戦 広島カープ」として取り上げられた。これらの事情から、この年の広島の公式戦の開幕は他より9日遅れて、4月7日の広島での対阪神戦となった。シーズン途中には前年度クリーンナップとしてチーム最多の21本塁打・72打点を記録した樋笠一夫が契約で揉め、巨人に移籍してしまう。チーム成績は2年連続の最下位。この年は西日本パイレーツがパ・リーグの西鉄クリッパーズに吸収合併されたことで、7球団による20回総当り戦の120試合だったが、秋にアメリカ選抜チームの来日(日米野球)があったため順位決定後の試合は全て打ち切られた。特に広島は最下位決定の後、一番多い21試合が打ち切られ99試合しか消化出来なかった。この年、武智修がセ・リーグ7位の打率を記録し、球団として初の打者10傑入りを果たした。12月25日には12月15日までに選手契約を行わなかったとして、エースの長谷川良平が自由契約選手として移籍を表明するが、翌年3月10日にコミッショナー裁定により長谷川の広島復帰が決まっている。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 西武鉄道

    西武鉄道から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    東京都北西部から埼玉県南西部に路線を有する鉄道・沿線・不動産事業を行う西武グループの主要企業で、大手私鉄の一つである。また、プロ野球・埼玉西武ライオンズの親会社(2009年から)である。西武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1963年、梶本隆夫がプロ入りして初めて10勝に届かない5勝、米田哲也がリーグ最多敗の23敗で、投手陣は石井茂雄が頼りと言う状況で、8連敗を3度記録するなど、最終的に57勝92敗1分で首位の西鉄ライオンズから30.5ゲーム差の最下位に終わる。1964年、ダリル・スペンサーとゴーディ・ウインディが加入し、野球の戦術を熟知したスペンサーは阪急に「考える野球」をもたらし、やがて来る黄金時代へと大きく貢献する。チームは前半戦を首位で折り返し南海との首位争いとなり、8月に対南海戦3連敗で2位に落ち、9月12日に南海との首位攻防戦に勝利し0.5ゲーム差としたが直後に3連敗で 、9月19日の東京オリオンズ戦に阪急が負けたことで南海が優勝、最終的に3.5ゲーム差の2位に終わる。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    左脚のアキレス腱を部分断裂し開幕を二軍で迎え、一軍初出場は開幕から53試合目、6月14日の阪神戦だった。7番打者で先発出場するも、ドラフト1位ルーキーで前月の月間MVP・藪恵市から本塁打を放ち意地をみせた。2年連続で規定打席未達ながら、夏場に3打席連続本塁打を記録するなどの活躍を見せ、入団以来14年連続二桁本塁打を達成。チームは10.8決戦を制して4年ぶりにリーグ優勝を果たし、日本シリーズで原は欠場の落合に代わり四番・一塁手で出場。第2戦で西武ライオンズ・工藤公康から巨人の同試合唯一の得点となる適時打を放ち、球団創立60周年での日本一達成に貢献した。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山春樹

    杉山春樹から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    杉山 春樹(すぎやま はるき、1980年5月7日 - )は、茨城県北相馬郡利根町出身の元プロ野球選手(投手)。現在は、埼玉西武ライオンズの打撃投手。杉山春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    前年、2シーズンぶりの日本一達成した西武ライオンズの森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、2年連続してセ・リーグを制した読売ジャイアンツの藤田元司監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いた1991年のオールスターゲーム。1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    前年、2年連続日本一を達成した西武ライオンズの広岡達朗監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグを制した読売ジャイアンツの王貞治監督が全セ(オールセントラル・リーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム(全セ監督は藤田元司が率いるべきところであるが、前年、日本シリーズ終了とともに巨人監督を勇退。元々、王に禅譲することが日本一になった場合に於いても規定路線になっていた)。1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

3306件中 31 - 40件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード