3306件中 51 - 60件表示
  • プロ野球トップ&リレー中継

    プロ野球トップ&リレー中継から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    この企画は日本テレビが、1970年代後半か80年代の初めごろからスタートしたもので、日テレの全国中継(1970年代は19:30?20:54、80年代に入り19:00スタートに)の前後に、関東地方の独立UHF放送のテレビ神奈川、千葉テレビ放送、群馬テレビに向けて読売ジャイアンツの後楽園球場での主催ホームゲームを放送した(なお、同じ首都圏の独立U局であるテレビ埼玉は開局初年度の1979年のみネットされたのみだった。これは同局が前述3局よりも後発であることや、同局が西武ライオンズと親密であるが故、開局直前に起こった江川事件における西武・読売(巨人)両球団の親会社間における確執も関係したと思われる)。また、これとは別に静岡第一テレビと広島テレビで日テレからの裏送りとして「プレイボールナイター」が巨人戦主催試合18時開始になった1980年代初めごろ行われていた(広島テレビは対広島東洋カープ戦のみネット。他に広島主催試合を巨人戦以外も含めて自社制作。広島主催の対巨人戦をHTVからSDTにネットした年度もあり)。プロ野球トップ&リレー中継 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋大学硬式野球部

    東洋大学硬式野球部から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    松沼博久(元・西武、現・野球解説者)東洋大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 須田幸太

    須田幸太から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議で、早大の後輩である大石達也(現西武)をくじで外した横浜ベイスターズから1位指名を受けた。須田幸太 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2000年シーズン終了後、ダイヤモンドバックスの監督交代をもって西武ライオンズへ保有権譲渡された。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • ユニフォーム

    ユニフォームから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1976年前期、太平洋クラブライオンズが、前面が番号のみのアメフト型ユニフォームを採用。しかし「企業名を外したのは身売りのための布石ではないか」という声があがったため、後期からは球団ロゴを復活させた。ユニフォーム フレッシュアイペディアより)

  • 江藤愼一

    江藤愼一から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1974年のシーズンオフに、河原明投手との交換トレードにより、地元・九州を本拠地とする太平洋クラブライオンズに兼任監督として移籍。球団運営会社である福岡野球株式会社の経営難により、用意された住居は6畳一間のアパートだったが、「俺は野球が出来ればええんじゃい」と意に介さなかったという。1975年9月に2000本安打を達成する。同じく移籍組の土井正博が本塁打王、白仁天が首位打者を獲得し、前期2位後期4位の通算3位となり初のAクラス入りの成績を上げたが、大リーグ監督レオ・ドローチャーを招聘する構想により解任。結局ドローチャーは体調不良により来日せずに契約を破棄したため、後任監督にはヘッドコーチの鬼頭政一が昇格した。江藤愼一 フレッシュアイペディアより)

  • 小寺昌治

    小寺昌治から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2008年5月26日、甲子園球場の阪神タイガース対埼玉西武ライオンズ戦で三塁塁審を務めた際、西武のヒラム・ボカチカのレフトへのファウルになる大飛球をホームランと判定。その後すぐ審判団の協議の結果ファウルに判定を変更する誤審をしてしまった。小寺昌治 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    (パ) ○伊良部(ロ)、吉田豊(ダ)、野茂(近)、新谷(西)、赤堀(近)?吉永(ダ)、伊東(西1994年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    はオープン戦で故障。この年に坐骨神経痛を発症し、苦しいシーズンを迎える。シーズンを通してほとんど打席に立てない日が続き、4~5月は1打席も立てない状況になっていた。そして8月6日の対西武ライオンズ戦の守備で、左中間に飛んだ打球をダイビングキャッチで捕球しようとしたが打球は取れず、坪井はそのまま地面に叩きつけられてしまう。この時に右肩を負傷(骨折)し、登録抹消された。シーズン終了後に球団からトレード要員通告を受けるが、坪井の年俸の高さ(当時の推定年俸9000万)や怪我の多さなどの理由でトレードがまとまらずに球団から戦力外通告を受けた。坪井は現役続行を希望して12球団合同トライアウトを2度受けたが契約に至らず、12月27日に日本ハムと異例の再契約する。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 横田真之

    横田真之から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    横田 真之(よこた まさし、1962年11月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(外野手)。ロッテオリオンズ・千葉ロッテマリーンズ、中日ドラゴンズ、西武ライオンズに在籍し、俊足巧打の外野手として活躍した。横田真之 フレッシュアイペディアより)

3306件中 51 - 60件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード