4167件中 51 - 60件表示
  • ユウキ (野球)

    ユウキ (野球)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    5月4日の西武ライオンズ戦で一軍初登板。5月16日の福岡ダイエーホークス戦でプロ初勝利を挙げ、同年は5勝を記録した。ユウキ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 益田直也

    益田直也から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    開幕カードの対東北楽天ゴールデンイーグルス3連戦において、プロ入り初登板・初ホールドを記録するなど3試合連続登板を果たす。続く4月4日の対西武戦でも登板し、開幕戦から4試合全てに登板した新人投手はドラフト制後チーム初だった。その後もリリーフとして安定感抜群の投球を見せ、新人ながらオールスターゲームには監督推薦選手として出場を果たす。8月30日の対楽天戦でプロ入り初勝利。最終的には林安夫・大原慎司が記録した新人最多登板記録71試合を更新し72試合を記録したと同時に、福岡ソフトバンクホークスの攝津正が記録した新人最多34ホールドを更新する41ホールドで、チームとしては久保康友以来7年ぶりとなる新人王を受賞した。また同年のセ・リーグ新人王に選ばれた広島東洋カープの野村祐輔とともに、初の平成生まれの新人王となった。益田直也 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイズリーグ

    ボーイズリーグから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    松坂健太:東海大仰星高 - 西武ライオンズ・埼玉西武ライオンズ - 北海道日本ハムファイターズ - スポーツデポ高松伏石店野球アドバイザーボーイズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 東洋大学硬式野球部

    東洋大学硬式野球部から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    松沼博久(西武ライオンズ、元・西武コーチ→現・野球解説者)東洋大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンカルロ・アルバラード

    ジャンカルロ・アルバラードから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2008年、台湾プロ野球・統一セブンイレブン・ライオンズの一員としてアジアシリーズに出場し、埼玉西武ライオンズとの決勝戦で先発した。ジャンカルロ・アルバラード フレッシュアイペディアより)

  • 秋元宏作

    秋元宏作から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    現在は、埼玉西武ライオンズの一軍バッテリーコーチ。秋元宏作 フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    幼少期は愛知県名古屋市、大阪府三島郡島本町で過ごした。父は元プロ野球選手で内野手の坪井新三郎(中日、太平洋-クラウン)。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • スモールマーケット

    スモールマーケットから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    日本の場合は米国と比較して、大都市圏の形成される地域は限定され、かつての石炭産業、製鉄業などのように地方に強い経済基盤をもたらした産業も衰退していき、福岡県にフランチャイズを置いていたクラウンライターライオンズが1978年オフに埼玉県へ移転するなど、地方にフランチャイズを置く球団の経営は厳しいものがある。また、日本の地方都市は市そのものの人口は多くても都市圏の発展が弱く、実際の都市規模は世界の地方都市と比べて劣る傾向にあり、さらに観客を球場まで運ぶ交通手段の整備も立ち遅れが目立ったため、首都圏、阪神、中京圏以外でプロ野球を経営できる地域はライオンズの福岡撤退後から1988年まで広島県以外には存在しなかった。スモールマーケット フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の野球

    2008年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1月21日 - 加藤博一(西鉄ライオンズ、阪神タイガース等の元外野手、野球解説者、*1951年)2008年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1月4日 - 【KBO】LGツインズの公式ページが前NPB埼玉西武ライオンズの岡本慎也と契約を結んだことを伝えた2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

4167件中 51 - 60件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード