3306件中 61 - 70件表示
  • 八木沢荘六

    八木沢荘六から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    10月10日の対太平洋クラブライオンズ戦ダブルヘッダー第1試合(宮城球場)で完全試合を達成。この試合は、元々は中継ぎ登板が多く、規定投球回に足りなかった八木沢に最高勝率のタイトルを取らせるべく投球回数を稼ぐために先発した試合だったという。この後、八木沢は目論見どおり規定投球回に到達し、7勝1敗で最高勝率のタイトルを獲得した。このシーズンの完投は完全試合の1試合のみ、完封に至ってはプロ入り7年目で初めてだった。また、八木沢は元々ダブルヘッダーの第2試合に先発の予定だったが、第1試合に先発する予定だった村田兆治が寝違えて首を痛めたために急遽第1試合に先発することになったという。完全試合の日はカウントボール3までいったケースは一度もなかった。これは15回ある完全試合の中で唯一の記録である。八木沢荘六 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1月1日 - 球団創立60周年にあたる2009年、西武が設立より使われていたレオマークに代わる2009年シーズンより使用する、新ペットマークおよびチームネームロゴを発表。チームカラーもこれにあわせ、30年間使われてきたライオンズブルーを西鉄時代の黒と西武時代の青が融合したレジェンド・ブルーに変更。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球地域保護権

    プロ野球地域保護権から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1979年 クラウンライターライオンズ→西武ライオンズ 福岡県→埼玉県プロ野球地域保護権 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺徳雄

    田辺徳雄から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    田辺 徳雄(たなべ のりお、1966年5月11日 - )は、山梨県出身の元プロ野球選手。現在は埼玉西武ライオンズ一軍打撃コーチ。現役時代のポジションは内野手。西武黄金期の遊撃手として活躍した。巨人に移籍した2000年の登録名は田辺 路朗(たなべ のりお)。現役時代のあだ名は「おやじ」。田辺徳雄 フレッシュアイペディアより)

  • 赤堀元之

    赤堀元之から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    3年目の、開幕から吉井理人とともにストッパーを任された。6月16日の西武戦で石毛宏典の打球が当たって右手の甲を骨折したが、立花龍司コーチとともにリハビリを行い、9月に一軍に復帰してシーズンで9セーブを上げた。なお、5月29日の対オリックス戦(日生球場)では延長11回表にドン・シュルジーに本塁打を浴びて敗戦投手となっている。これはパ・リーグがDH制を採用して以降、初の投手による本塁打だった。赤堀元之 フレッシュアイペディアより)

  • コバトン

    コバトンから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2008年11月 埼玉西武ライオンズがチーム名に『埼玉』を初めて冠した年に日本一、アジア一になった事を記念して、渡辺久信監督の胴上げとともに、コバトンも選手の手により胴上げされた。コバトン フレッシュアイペディアより)

  • 柳田浩一

    柳田浩一から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    よりパシフィック・リーグ審判部に入局。審判員袖番号は8、2011年からは5。2012年終了時点の出場試合数は1379、オールスターゲームには2002年に早くも出場、第2戦で球審をつとめている。には日本シリーズに初出場を果たし、中日・山井大介の“あわや完全試合”の力投で中日が53年ぶりの日本一に輝いた第5戦では球審を務めた。選手・審判の両方で日本シリーズに出場したのは久保田治(東映投手→セ・リーグ審判員)、井上忠行(西鉄内野手→セ・リーグ審判員)に次いで柳田が3人目である。柳田浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    9月1日の楽天戦でシーズン21回の猛打賞獲得を達成。別当薫が毎日オリオンズ当時の1950年に樹立した球団記録を更新した。9月12日の埼玉西武ライオンズ戦で1回に左前打を放ってシーズン181安打とし、1961年に榎本喜八(毎日オリオンズ)が記録したシーズン180安打を抜き、球団新記録を達成。9月21日の楽天戦でシーズン26回目の猛打賞を達成しイチローに並び、9月25日のオリックス・バファローズ戦の4回に金子千尋から3安打目を放ち27回目の猛打賞を達成し日本記録を更新。またイチロー以来パ・リーグ2人目、日本人のスイッチヒッターおよび、内野手としては初となる200本安打を達成し、史上4人目となるスイッチヒッターでの首位打者となり、最多安打のタイトルも獲得。全試合フルイニング出場も果たし、日本新記録となるシーズン692打席を記録した。11月には自身のブログで「メジャーで野球をすることは子供の頃からの夢だった。自分の力も知った上で挑戦したい」と述べ、リック・サーマンを代理人としてポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を申請し、ミネソタ・ツインズが532万9000ドルで交渉権を獲得。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 有銘兼久

    有銘兼久から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    沖縄県立浦添商業高等学校を卒業後は大仙へ入社するが、同社野球部の廃部に伴い、1999年に九州三菱自動車硬式野球部へ移籍した。2000年に帆足和幸と台頭し、帆足が西武ライオンズへ入団した後はエースとなる。チームは九州予選で敗退したが、日産自動車九州硬式野球部の補強選手に選ばれ、第71回都市対抗野球大会に出場した。都市対抗1回戦で前年度覇者の三菱ふそう川崎硬式野球部を相手に先発として好投し、チームの勝利に貢献した。有銘兼久 フレッシュアイペディアより)

  • 青山浩二

    青山浩二から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    開幕ローテーション入りを果たし、開幕2戦目の西武戦に先発し、6回1失点に抑えて先発での初勝利を挙げ、当時の監督の野村克也からは「今年は青山がエース」と言われた。5月13日のオリックス戦では、初完投、初完封、初無四球試合を記録したものの、その後は4連敗し中継ぎに降格。7月下旬には二軍に降格し、9月下旬に再び一軍に合流した。青山浩二 フレッシュアイペディアより)

3306件中 61 - 70件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード