4167件中 61 - 70件表示
  • 山崎武昭

    山崎武昭から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    高知商では2年次の、夏の甲子園に森光正吉の控え投手として出場。リリーフで2試合に登板するが、準決勝で柳井高に敗退。は主戦投手として甲子園に春夏連続出場し、春の選抜では準々決勝に進出するが、県尼崎高のエース・合田栄蔵と投げ合い0-1で完封を喫する。夏の選手権でも準々決勝に進むが、大井道夫を擁する宇都宮工に9回裏0-1でサヨナラ負け。高校同期に中堅手の倉内顕(西鉄)、1年下に控え投手の徳久利明がいた。山崎武昭 フレッシュアイペディアより)

  • 谷元圭介

    谷元圭介から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    ''、オープン戦5試合の登板(通算5イニング)を無失点で凌いだことから、開幕一軍入りを果たした。4月18日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)6回裏からの救援登板で、2回を無失点に抑えてプロ初勝利をマーク。NPB全12球団の新人投手で、一軍公式戦での勝利一番乗りを果たした。谷元圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本パイレーツ

    西日本パイレーツから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    本来は西日本鉄道(以下、西鉄)と共同で球団を立ち上げ、球団経営は西鉄、広報は西日本新聞社が担当する予定だったが、私鉄連合としてパシフィック・リーグに加盟しようとした西鉄クリッパースに対して、西日本新聞社は政治・経済のニュースを読売新聞社(読売ジャイアンツの親会社)に依存していたため、読売の勧めで独自に球団を持ち、セ・リーグに加盟することになった。西日本パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 島田誠

    島田誠から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    日本ハム所属時の6月5日、西武ライオンズ戦で1イニング3盗塁(二盗、三盗、本盗。パーフェクトスチールとも称される)を成功させている。島田誠 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の野球

    2015年の野球から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1月8日 - 【独立・ルートインBCリーグ】武蔵ヒートベアーズは前NPB埼玉西武ライオンズの小林宏之の投手コーチへの就任を発表2015年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1月15日にオリックス・バファローズと契約。背番号は「3」に決まった。開幕前に右足指を骨折するが、開幕からレギュラーを任される。他に故障者が続出した事情もあって、カブレラとローズが共に戦線離脱した間は4番を任された事もあったが、一向に調子が上向かなかった。9月13日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)では、7回裏に後藤武敏の打球を顔面に受けて左頬骨を骨折。全治約3ヵ月の重傷で戦線離脱した。117試合に出場して打率.261・15本塁打・47打点・OPS.740と不振に終わり、11月17日にライアン・ボーグルソンと共に退団した。ホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 的山哲也

    的山哲也から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    は再び礒部との正捕手争いが続くと思われたが、礒部がオープン戦で8盗塁全てを刺せなかったことから外野に再転向し、シーズン中盤まで正捕手の座を譲らなかった。しかし、西武・ダイエーとの三つ巴の優勝争いが続く中で投手陣が防御率5点前後を推移し、的山の打率も2割を切る状態だったため、シーズン終盤は的山よりリードが評価されていたベテランの古久保が捕手を務めた。チームは12年ぶりの優勝を果たし捕手陣の中では最も出場機会が多かった。的山哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部真宏

    阿部真宏から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    阿部 真宏(あべ まさひろ、1978年5月12日 - )は、神奈川県川崎市高津区出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ。2015年より埼玉西武ライオンズの一軍打撃コーチを務めている。阿部真宏 フレッシュアイペディアより)

  • 有銘兼久

    有銘兼久から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    沖縄県立浦添商業高等学校を卒業後は大仙へ入社するが、同社野球部の廃部に伴い、1999年に九州三菱自動車硬式野球部へ移籍した。2000年に帆足和幸と台頭し、帆足が西武ライオンズへ入団した後はエースとなる。チームは九州予選で敗退したが、日産自動車九州硬式野球部の補強選手に選ばれ、第71回都市対抗野球大会に出場した。都市対抗1回戦で前年度覇者の三菱ふそう川崎硬式野球部を相手に先発として好投し、チームの勝利に貢献した。有銘兼久 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本シリーズ

    2007年の日本シリーズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    今回の対戦は、パ・リーグレギュラーシーズンに優勝し、かつクライマックスシリーズでも勝ち上がったトレイ・ヒルマン監督率いる北海道日本ハムファイターズと、セ・リーグレギュラーシーズンは2位に終わったがクライマックスシリーズを勝ち上がった落合博満監督率いる中日ドラゴンズとなり、前年度と同じ顔合わせになった。2年連続で同一カードで日本選手権シリーズを開催するのは1992・1993両年のヤクルトVS西武以来、14年ぶり。また、初めて北海道での開幕となった。第5戦は11月1日に行われ、1993年以来14年ぶりの11月開催となった。2007年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

4167件中 61 - 70件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード