3306件中 71 - 80件表示
  • 牧田明久

    牧田明久から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    近鉄時代は二軍での打率も1割台後半から2割台前半という成績で、一軍昇格のきっかけを掴めずに終わった。守備では、入団1年目は外野に専念していたが、当時の近鉄はタフィ・ローズ、大村直之、礒部公一をはじめとして層が厚かったため、出番を増やすため三塁手の守備にも挑戦した。2005年に選手分配ドラフトを経て東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。7月15日に負傷した飯田哲也に代わって一軍に昇格し、7月19日のソフトバンク戦(ヤフードーム)で代走として、プロ5年目にして一軍戦初出場を果たした。7月25日の日本ハム戦(Kスタ宮城)でのプロ初打席は死球となったが、出塁し初盗塁を記録した。7月30日の西武戦(西武ドーム)で延長11回に打席に立ち、勝利につながるプロ初安打を打った。8月3日のロッテ戦でサードゴロを打ち、初打点を上げる。この年は一軍戦に主に代走として出場し、合計13試合に出場した。二軍ではチーム2位の74試合に出場、打率.242、7盗塁(チーム2位)を記録した。牧田明久 フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    法大4年生の1977年秋のドラフト会議ではクラウンライターライオンズからドラフト1位指名を受けるが、入団を拒否。江川は当時福岡市を本拠地としていたクラウンライターに対し、福岡は遠隔地という理由で断った。この時のことを後に江川は「巨人がだめでも巨人と対戦でき、そして当時交際中だった(のちの)夫人が東京在住だったため遠距離交際を避けられる、在京セ・リーグ球団からの指名なら入団していただろう」と振り返っている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1巡目の指名は「BIG3」と称される中田翔(大阪桐蔭高、4球団)、佐藤由規(仙台育英高、5球団)、唐川侑己(成田高、2球団)の3名に指名が集中し、1巡目2回目の指名でも高濱卓也、岩嵜翔(各2球団)の2名が複数指名となった。5度の抽選開催は史上初。1巡目で単独指名が行われなかったのは、1978年のドラフト会議において江川卓(阪神、南海、近鉄、ロッテ)、森繁和(クラウンライター、ヤクルト、中日、日本ハム)、木田勇(広島、大洋、阪急)の3名に全球団(巨人はボイコット)が入札して以来29年ぶりのできごとであった。2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 黒田哲史

    黒田哲史から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    黒田 哲史(くろだ さとし、1975年1月11日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手(内野手)で、現在は埼玉西武ライオンズ二軍守備・走塁コーチ。黒田哲史 フレッシュアイペディアより)

  • 高木康成

    高木康成から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    は主に先発として起用され自身最多投球回数を記録したが、打者2巡目や中盤で捉えられる事が多く、5点近い防御率に終わった。近鉄の本拠地最後の試合となった9月24日の西武戦(大阪ドーム)で勝利投手となり、チーム最終戦である27日のオリックス戦(ヤフーBBスタジアム)でチームが敗れたため、高木は近鉄最後の勝利投手となった。同年オフに球団合併による選手分配ドラフトでオリックスに移籍。高木康成 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    不振が続いても使われ続けたが、いい加減見切りをつけられた時の元西武のブコビッチ博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • ササキ様に願いを

    ササキ様に願いをから見た西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    西武ライオンズを8年間で7回優勝する実績を持つ策士でもあり、スタンドの空席の存在を観客に「仕方ない」と思わせるために、チケットの販売委託をバイロム社(2002 FIFAワールドカップのチケット販売を担当したが、実際の試合で多数の空席が出るなど数々の問題を起こした)に依頼するということまでやってのける。ササキ様に願いを フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    しかし、独特の握りをすることから、投げ損じることもしばしばあり、2005年のシーズン中、投げ損じたシェイクがど真ん中のスローボールとなり、西武の中村剛也に痛烈に本塁打された。小宮山は後に「揺れなかったのでアレはシェイクではない」と語っている。小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

  • 橘高淳

    橘高淳から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    5月25日の広島東洋カープ - 埼玉西武ライオンズ戦に二塁塁審として出場し、通算2000試合出場を達成した。橘高淳 フレッシュアイペディアより)

  • MXスタジアム

    MXスタジアムから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    以前はT対(テレ玉)制作の埼玉西武ライオンズ戦、GAORA制作の北海道日本ハムファイターズ戦(東京ドーム主催試合)やCTC(チバテレビ)制作の千葉ロッテマリーンズ戦も放送していたことがあるが、2006年度は番組供給を受けていないため放送されていない。MXスタジアム フレッシュアイペディアより)

3306件中 71 - 80件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード