4167件中 71 - 80件表示
  • マイケル中村

    マイケル中村から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    3月29日の対西武戦で初登板。5月後半から22イニング連続無失点の好投を続け、抑えの横山道哉につなぐセットアッパーとして1年目から活躍した。しかし腰痛のため離脱し、後半はほとんど登板できずに終わった。マイケル中村 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本シリーズ

    2015年の日本シリーズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    日本シリーズでは2年ぶりにレギュラーシーズンにおけるリーグ優勝チーム同士の対戦となった、クライマックス・パ優勝チーム・福岡ソフトバンクホークスとクライマックス・セ優勝チーム・東京ヤクルトスワローズとの対戦(前回大会はセ・リーグ代表が、レギュラーシーズン優勝の読売ジャイアンツではなく、クライマックス・セを優勝したレギュラーシーズン2位の阪神タイガース)。なおこのカードは、日本シリーズでは初顔合わせ。また、工藤公康(ソフトバンク)・真中満(ヤクルト)の両軍監督はともに就任1年目の新人監督であり、(西武ライオンズ・伊東勤VS中日ドラゴンズ・落合博満)以来11年ぶり4回目の新人監督同士の対戦。なお、勝利した福岡ソフトバンクの工藤監督は、シリーズ史上10人目となる新人監督でのシリーズ制覇となる。2015年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1巡目の指名は「BIG3」と称される中田翔(大阪桐蔭高、4球団)、佐藤由規(仙台育英高、5球団)、唐川侑己(成田高、2球団)の3名に指名が集中し、1巡目2回目の指名でも高濱卓也、岩嵜翔(各2球団)の2名が複数指名となった。5度の抽選開催は史上初。1巡目で単独指名が行われなかったのは、1978年のドラフト会議において江川卓(阪神、南海、近鉄、ロッテ)、森繁和(クラウンライター、ヤクルト、中日、日本ハム)、木田勇(広島、大洋、阪急)の3名に全球団(巨人はボイコット)が入札して以来29年ぶりであった。2007年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2000年シーズン終了後の12月7日に、ダイヤモンドバックスの監督交代をもって西武ライオンズへ保有権譲渡された。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 西田哲朗

    西田哲朗から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    ''には、春季キャンプの紅白戦で好成績を残した。しかし、自身と同じく遊撃を守る松井稼頭央が入団した影響で、シーズンの大半を二軍で過ごした。イースタン・リーグ公式戦では、チームの野手で最も多い72試合で遊撃を守る一方で、4本塁打、21打点、打率.220をマーク。シーズンの終了間際には、入団後初の出場選手登録を経て、10月15日の対西武ライオンズ戦(西武ドーム)6回裏から遊撃手として一軍デビューを果たした。西田哲朗 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    【野球】 読売ジャイアンツが、対埼玉西武ライオンズ(メットライフドーム)戦で0-3で敗れ、1975年に記録した11連敗を上回る球団ワースト記録となる12連敗を喫し、さらに翌日行われた西武戦でも敗れ13連敗となったが、翌々日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で勝利して連敗記録をストップさせた。2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 小寺昌治

    小寺昌治から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2008年5月26日、甲子園球場の阪神タイガース対埼玉西武ライオンズ戦で三塁塁審を務めた際、西武のヒラム・ボカチカのレフトへのファウルになる大飛球をホームランと判定。その後すぐ審判団の協議の結果ファウルに判定を変更する誤審をしてしまった。小寺昌治 フレッシュアイペディアより)

  • 須田幸太

    須田幸太から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議で、早大の後輩である大石達也(埼玉西武)をくじで外した横浜ベイスターズから1位指名を受けた。須田幸太 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    は開幕を二軍で迎えたが、4月17日に一軍登録され、同日の福岡ソフトバンクホークス戦7回裏にリック・ショートの代走として一軍初出場し、8回表からは遊撃の守備に就いた。翌18日には遊撃手として初の先発出場を果たし、3回裏の初打席は杉内俊哉の初球を叩き二塁ゴロに倒れた。7回裏にはプロ初安打となる一塁内野安打で出塁し、鷹野史寿の右前安打で一塁から生還、初得点を挙げた。7月24日の埼玉西武ライオンズ戦の9回表に初本塁打を記録した。当初は遊撃の守備要員という扱いであったが、打席でも力を見せたため先発出場が増え、遊撃手のレギュラーとして完全に定着した。8月23日の千葉ロッテマリーンズ戦で、サヨナラエラーを含む3失策をしている。打率は3割前後を保ち、一時は新人王有力候補とも言われた。打順は当初下位を打っていたが、後半は鉄平に代わって1番を務めることも増えた。最終的な打率は.268だったものの、盗塁数はリーグ7位の25盗塁(成功率.833)と俊足ぶりを見せつけた。この年、新人として両リーグ唯一の規定打席に到達した。三振率.105はチームメイトのリックと並んでリーグ最少だった。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • ドミンゴ・グスマン

    ドミンゴ・グスマンから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    は自身初の2桁10勝を挙げてリーグ優勝に貢献した。しかし西武ライオンズとの日本シリーズ第3戦に先発するも先制点を与え5回4失点で降板した。ただしチームが一度は逆転したため負けはつかなかった。3勝3敗で迎えた第7戦にも先発し、2回までは無失点だったが3回に捉えられ、ホセ・フェルナンデスの適時打の後に井端弘和が送球をフェルナンデスに当ててしまいその間に走者が生還し3点目が入りここで降板した。その後2番手の山井大介が4番アレックス・カブレラに2ラン本塁打を打たれこの回5失点となった。最終的に2回2/3を4失点と第3戦の投球内容よりも悪化してチームは9回に2点を返すのが精いっぱいで日本一を逃した。ドミンゴ・グスマン フレッシュアイペディアより)

4167件中 71 - 80件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード