3306件中 81 - 90件表示
  • 田淵幸一

    田淵幸一から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    現役時代は阪神タイガースの主砲として活躍し、に移籍した西武ライオンズではチームの2年連続リーグ優勝・日本一に貢献した。引退後はダイエー監督、阪神・楽天のコーチを歴任。また、北京オリンピック野球日本代表ヘッド兼打撃コーチも務めた。田淵幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 文化放送

    文化放送から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    ただし、旺文社を通じてテレビ朝日と交流していた期間が長かったこともあり、現在も、プロ野球の埼玉西武ライオンズ戦や東京国際マラソンの中継などのようなスポーツ中継番組をはじめとして、文化放送とテレビ朝日が連携しているケースも少なくないので、それなりに交流は続いている。文化放送 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本パイレーツ

    西日本パイレーツから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    本来は西日本鉄道(以下、西鉄)と共同で球団を立ち上げ、球団経営は西鉄、広報は西日本新聞社が担当する予定だったが、私鉄連合としてパシフィック・リーグに加盟しようとした西鉄クリッパースに対して西日本新聞社は政治・経済のニュースを読売新聞社(読売ジャイアンツの親会社)に依存していたため、読売の勧めで独自に球団を持ち、セ・リーグに加盟することになった。西日本パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工横浜硬式野球部

    三菱重工横浜硬式野球部から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    佐藤秀樹投手(1992年中日ドラフト1位→西武→ヤクルト→台湾・誠泰コブラズ)三菱重工横浜硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • JR九州硬式野球部

    JR九州硬式野球部から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    田崎昌弘投手(2001年横浜ベイスターズドラフト5巡→西武ライオンズJR九州硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    登場の多かった実在人物としてはまず、野村克也以降のホークスの歴代監督(外国人であるドン・ブレイザーを含む)が挙げられる。野村とはホークス監督を解任されたのちのロッテや西武の捕手として、さらにヤクルトや楽天の監督として対戦するエピソードもあった。特に野村の移籍後最初の対決では景浦は野村の教えを守った形で1点差に迫る長打を放ち、3塁ベース上で思わず落涙する。その後も随所で登場しては作者や安武の野球観と合致する、あるいは大きく影響を与えるような至言、名言を口にするなどチームは離れても思いを同じくするかのような表現がされている。義弟の小林満を捕手転向させたこともある。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    千葉ロッテの西村監督は新人監督としての日本シリーズ制覇。新人監督によるシリーズ制覇は2008年の渡辺久信監督(埼玉西武)以来2年ぶり9度目で、ロッテ球団(前身球団を含む)に限れば1950年の第1回日本シリーズを制した湯浅禎夫監督以来60年ぶり2度目となる。2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉マリンスタジアム

    千葉マリンスタジアムから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    県・市は首都圏6球団の中で特に川崎球場へ不満を募らせ続けていたロッテに対して、千葉への本拠地移転を前提として誘致を進めた。その結果、ロッテは1991年夏に本拠地の千葉移転を決定。ロッテ主催による千葉マリン初のパ・リーグ公式戦(対西武戦)が開催された7月31日、同日のオーナー会議で正式に移転が表明された。そして9月4日の実行委員会でロッテの保護地域の千葉県への移転が承認され、10月31日のオーナー会議での承認を経て、1992年からロッテは千葉マリンに本拠地を移す事が決定した。移転の際、当初球団名は地名を冠した「千葉ロッテオリオンズ」を予定していたが、一般公募を基に改称することとなり、選考の結果、新たな愛称は「千葉ロッテマリーンズ」と決まった(応募1位の愛称は「ドルフィンズ」だったが、中日ドラゴンズと被るという理由で採用されなかった。他にも「パイレーツ」などが上位だった)。千葉マリンスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 飯山裕志

    飯山裕志から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    には再び低調になる。正遊撃手の金子誠の不振および離脱により、金子に替わって先発出場した試合もあったが、守備よりも攻撃を重視するオーダーでは後輩の陽仲寿や高口隆行に先発を譲った。しかし、クライマックスシリーズ第2ステージでは金子の腰痛悪化により、初戦では九番・遊撃手として自身初のポストシーズンの先発出場を果たし、また第3戦では埼玉西武ライオンズの抑え投手・アレックス・グラマンから打点を挙げるなど、大一番での活躍も見せた。飯山裕志 フレッシュアイペディアより)

  • ジャングル大帝

    ジャングル大帝から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    大阪在住の医学生時代は単行本の描き下ろしを中心として来た手塚治虫が、中央で本格的なデビューを飾った作品であり、学童社の月刊漫画誌「漫画少年」に1950年(昭和25年)11月号から1954年(昭和29年)4月号にかけて全43回を連載。本来は『密林大帝』として単行本で描き下ろす予定だったのが、上京して偶然訪れた学童社において加藤謙一編集長の奨めで連載することになった経緯を持つ。連載開始時は4ページ、第2回からは扉ページのついた10ページに拡大になり、連載中は最大で16ページになるなど「漫画少年」の看板作品として君臨。以後の手塚は、単行本描き下ろしから、月刊漫画誌に仕事を切り替え、大学卒業後は漫画家に専念。1952年に『鉄腕アトム』を「少年」で連載を始めるまで、少年誌での手塚の代表的な仕事が本作である。4度にわたりアニメ化され、プロ野球球団(パリーグ)「西武ライオンズ」(現:埼玉西武ライオンズ)のマスコットに本作のキャラクターが採用されたことで、世代を越えた認知度を持つ。大のディズニーファンである手塚が、ディズニーのアニメーション映画『バンビ』に影響を受けて本作を描き、後にディズニー本家がアニメ版『ジャングル大帝』で育ったクリエイターによりアニメ映画『ライオン・キング』(1994年公開)が制作されたのではないかと指摘されたことでも知られる。ジャングル大帝 フレッシュアイペディアより)

3306件中 81 - 90件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード