4167件中 81 - 90件表示
  • 西川愛也

    西川愛也から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    西川 愛也(にしかわ まなや、1999年6月10日 - )は、大阪府堺市出身の高校野球選手(内野手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。西川愛也 フレッシュアイペディアより)

  • 依田政彦

    依田政彦から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    プロ入り2年目のに一軍に初昇格し、プロ初勝利を挙げる。3年目のには、一軍に定着し貴重な中継ぎ左腕として活躍する。また、同年8月6日の西武ライオンズ戦では、近鉄は8回表に1イニング6被本塁打という不名誉なプロ野球記録を喫してしまったが、依田はこの回の2死走者なしの場面で4番手で登板し、大田卓司に6本目のホームランを打たれている。依田政彦 フレッシュアイペディアより)

  • 有田二三男

    有田二三男から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    この時の北陽高校の同期には、後に近畿大学やクラウンライターライオンズ・西武ライオンズなどでプレーする慶元秀章がおり、2年後輩には早稲田大学を経て阪神タイガースで活躍する事になる岡田彰布がいた。オーバースローからの伸びのあるストレートが武器、カーブ、シュートも投げる。有田二三男 フレッシュアイペディアより)

  • ブレント・モレル

    ブレント・モレルから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    には、春季キャンプ前の1月26日に、ブライアン・ボグセビックやエリック・コーディエと共に入団会見へ臨んだ。オープン戦15試合でノーアーチながら打率.302という成績を残すと、3月25日には、埼玉西武ライオンズとの開幕戦(西武プリンスドーム)に「4番・三塁手」としてNPBの一軍公式戦にデビュー。4回表の第2打席で公式戦初安打を放つと、9回表の第5打席で投手への内野安打によって公式戦初打点を挙げた。4月2日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム大阪)では、4回裏に死球で出塁すると、二塁への盗塁成功によって公式戦初盗塁を記録。自身の誕生日だった4月21日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天Koboスタジアム宮城)では、「4番・一塁手」としてスタメンに起用されると、第1打席から2打席連続本塁打を放った。ただし、3回裏の途中で降雨ノーゲームになったため、記録上は4月26日の対福岡ソフトバンクホークス戦(京セラドーム)の1回裏に放った2点本塁打が公式戦初本塁打になった。シーズン通算では、一軍公式戦94試合に出場。しかし、打撃の調子が安定せず、一時は代打での起用や二軍調整も経験した。結局、打率.244、8本塁打、38打点という成績でシーズンを終えたが、11月上旬には球団との間で翌の契約に合意。この年にチームへ在籍していたボグセビックを含む4人の外国人野手から、「大化けを期待したい」というフロントの意向で、ただ1人残留することが決まった。ブレント・モレル フレッシュアイペディアより)

  • 野球ユニフォーム

    野球ユニフォームから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    1976年前期、太平洋クラブライオンズが、前面が番号のみのアメフト型ユニフォームを採用。しかし、「企業名を外したのは身売りのための布石ではないか」という声があがったため、後期からは球団ロゴを復活させた。野球ユニフォーム フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    登場の多かった実在人物としてはまず、野村克也以降のホークスの歴代監督(外国人であるドン・ブレイザーを含む)が挙げられる。野村とはホークス監督を解任されたのちのロッテや西武の捕手として、さらにヤクルトや楽天の監督として対戦するエピソードもあった。特に野村の移籍後最初の対決では景浦は野村の教えを守った形で1点差に迫る長打を放ち、3塁ベース上で思わず落涙する。その後も随所で登場しては作者や安武の野球観と合致する、あるいは大きく影響を与えるような至言、名言を口にするなどチームは離れても思いを同じくするかのような表現がされている。義弟の小林満を捕手転向させたこともある。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 伊原春樹

    伊原春樹から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    選手としては西鉄・太平洋・クラウン・西武、巨人でプレーした。現役引退後は指導者に転身して西武(コーチ・監督)、オリックス(監督)、阪神、巨人(コーチ)の各球団に所属した。伊原春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井理人

    吉井理人から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    高校までを和歌山県で過ごす。東尾修(元西武ライオンズ監督)とは卒業した小学校・中学校・高校が同じで、吉井は東尾と同じ背番号21を希望するファンなどが多かった。吉井理人 フレッシュアイペディアより)

  • 佳村はるか

    佳村はるかから見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    2017年、アイドルマスターシリーズがパ・リーグとコラボした際、自身の演じる城ヶ崎美嘉が、埼玉西武ライオンズの応援アイドルとなった。これがきっかけとなり、埼玉西武ライオンズのファンとなり球場に通うようになった。また、埼玉西武ライオンズのみならず、プロ野球全般に興味を持ったようで、松嵜麗と東京ヤクルトスワローズの試合や、杜野まことアジアプロ野球チャンピオンシップ2017の試合の観戦に出かけている。佳村はるか フレッシュアイペディアより)

  • 黒田哲史

    黒田哲史から見た埼玉西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

    黒田 哲史(くろだ さとし、1975年1月11日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手(内野手)で、現在は埼玉西武ライオンズ二軍守備・走塁コーチ。黒田哲史 フレッシュアイペディアより)

4167件中 81 - 90件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード