341件中 11 - 20件表示
  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たナイキ

    作者の手塚によると、堤オーナーから直接「引退中のジャングル大帝レオを球団マークとして復帰させてみる気はないですか」との連絡があり、さらに「子供のレオではなく、大人になってからのレオに衣服(ユニフォーム等)を着用させて使いたい」との意向も示され、球団マスコットとしてレオが(人型で)登場した。発表後、手塚の周囲では「あれはレオじゃなくて父親のパンジャじゃないか。パンジャ球団にでもするのか」などと冷やかされたという。マスコットには他に女性キャラのライナがいるが、こちらは球団としてのオリジナルキャラクターとなるため、鼻の頭の色や目の大きさ等何度も作りなおした末に仕上げ、思い出深いキャラクターになったという。実際その後、手塚の自室では様々なライナの失敗作を飾っていたという。共に当初は背番号無し(のちにユニフォームのスポンサー・ナイキのロゴが入る)。また、このマスコットは「異競技交流」の一環として、2003-2004年シーズンに西武鉄道アイスホッケー部を統合したコクドアイスホッケーチームにも使用された(チームが西武プリンスラビッツとなった2006年からは使用せず)。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た千葉ロッテマリーンズ

    1年目のシーズンは、チームがアマチュア出身の選手が中心だった事や、エースと期待された川崎が初登板の毎日オリオンズ戦で3回に肘を故障するなどが災いし、7球団中5位に終わる。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た東尾修

    1970年、開幕直前、前年追放された永易将之が池永正明ら西鉄の6選手が八百長行為を行っていたと暴露した。チームは序盤から5勝10敗と低迷、そのうち4勝が渦中の池永正明が挙げた。5月14日には勝率が2割台まで落ち込む状況となり、5月25日にコミッショナー委員会により池永、与田、益田らに永久追放処分がくだり、これにより西鉄は戦力を大きく低下させる(詳細は『黒い霧事件』参照)。投手では東尾修など、打者では東田正義、竹之内雅史(トンタケコンビ)などの若手を起用し、東尾は防御率5点台ながら11勝を挙げるが、チームは43勝78敗9分、勝率.355、首位のロッテオリオンズと34ゲーム差の球団初の最下位となる。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た北海道日本ハムファイターズ

    1952年、シーズン途中に、契約が難航していた東急フライヤーズの大スター大下弘を深見安博とのトレードで獲得。このシーズンは、首位の南海と8.5ゲーム差の3位。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た西武百貨店

    ホーム用は、上下白で、胸ロゴ、胸番号、背番号はライトブルー。左袖にライトブルーの文字で西武百貨店のマークが入る。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た廣済堂

    1976年10月12日に桜井義晃率いる廣済堂グループ傘下のクラウンガスライターと提携し、球団名をクラウンライターライオンズ(Clown-Lighter Lions。本来の社名である「ガス」は球団名が長くなってしまうため入れなかった)と再度改名する(10月15日にパ・リーグより承認)。しかし太平洋クラブからの資金援助が続いていたため、引き続きユニフォームに太平洋クラブのロゴマークが挿入された。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たインボイス

    2004年、レギュラーシーズンは総合2位であったが、この年導入されたプレーオフの第1ステージにおいて日本ハムを2勝1敗で破り、続く第2ステージではダイエーを3勝2敗で破り2年ぶり20回目の優勝を果たす。日本シリーズでは、中日と対戦。先に王手をかけられるものの、4勝3敗で12年ぶりの日本一に輝いた。この年、経営改善策の一環として、本拠地・西武ドームの施設名称と二軍のチーム名称について命名権を売却することとなった。企業向け通信料金一括請求サービスを主たる事業としているインボイスが取得に名乗りを上げ、12月29日に二軍の命名権を3年契約で取得することに合意、翌2005年シーズンから二軍の球団名を「インボイス」、球場名を「インボイスSEIBUドーム」とすることを発表した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た読売ジャイアンツ

    選手は、ノンプロとしての西日本鉄道チームから初代監督となる宮崎要を始め大津守、深見安博、河野昭修、塚本悦郎ら、八幡製鉄の鬼頭政一ら、別府星野組の新留国良ら九州地方のノンプロ選手に加え、佐賀県出身で読売ジャイアンツの川崎徳次、福岡県出身で前年度南海ホークスで20勝を挙げた武末悉昌、同じく福岡出身の野口正明ら、九州出身のプロ球界の有力選手を集めた。川崎の移籍に関しては、巨人との契約が残っていたこともあり、当初巨人が移籍を認めず難航したが最終的に移籍させている。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た福岡ソフトバンクホークス

    選手は、ノンプロとしての西日本鉄道チームから初代監督となる宮崎要を始め大津守、深見安博、河野昭修、塚本悦郎ら、八幡製鉄の鬼頭政一ら、別府星野組の新留国良ら九州地方のノンプロ選手に加え、佐賀県出身で読売ジャイアンツの川崎徳次、福岡県出身で前年度南海ホークスで20勝を挙げた武末悉昌、同じく福岡出身の野口正明ら、九州出身のプロ球界の有力選手を集めた。川崎の移籍に関しては、巨人との契約が残っていたこともあり、当初巨人が移籍を認めず難航したが最終的に移籍させている。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た西郷輝彦西郷 輝彦

    「君こそライオンズ」(1974年発表。西郷輝彦 太平洋→クラウン時代)埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

341件中 11 - 20件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード