461件中 11 - 20件表示
  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た西武百貨店

    ホーム用は、上下白で、胸ロゴ、胸番号、背番号はライトブルー。左袖にライトブルーの文字で西武百貨店のマークが入る。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た江川卓 (野球)

    投手陣は大洋から移籍の山下律夫がチームトップの12勝を挙げるものの、エース東尾、前年11勝の古賀正明がそろって不調。打撃陣は本塁打129本はリーグ2位だったが、ボブ・ハンセンの.269がチーム規定打席到達者で最高打率だったなど打線が低迷。前期6位、後期は8月中旬まで2位をキープするなど健闘したものの、最終的には5位に転落。通年では2年連続6位の最下位に終わる。11月のドラフト会議では法政大学の江川卓を指名するものの入団を拒否される。鬼頭監督が辞任し、後任には根本陸夫が監督に就任した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た田邊徳雄

    開幕から3連敗スタートで、打線のテコ入れとして5月よりエルネスト・メヒアを獲得したが、5月25日には両リーグ最速の30敗に到達するなどチームは最下位に低迷した。6月3日に成績不振と右ひざ痛悪化の為、伊原監督は自ら休養を申し入れ、球団はこれを了承し翌6月4日のシーズン53試合目の対DeNA戦後に、伊原監督の休養と監督代行に打撃コーチの田辺徳雄の就任を発表した。また、袴田英利チーフ兼バッテリーコーチをヘッド兼バッテリーコーチに、高木浩之二軍野手総合兼打撃コーチを一軍打撃コーチ、嶋重宣二軍外野守備走塁コーチ兼打撃コーチ補佐を二軍打撃コーチ兼外野守備走塁コーチとすることを発表した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た豊田清

    松井稼頭央・大友進・?木大成・石井貴・豊田清といった若手の台頭もあり3年ぶりにリーグ優勝を果たす。しかし、日本シリーズではヤクルトに1勝4敗で敗れ日本一を逃した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た清原和博

    中日ドラゴンズの田尾安志をトレードで獲得、5年目の秋山幸二がホームラン王を争い投手陣では2年目の渡辺久信、4年目の工藤公康が主力投手となるなど若い力が台頭、2年ぶりのリーグ優勝を果たす。しかし、日本シリーズでは阪神タイガースの前に2勝4敗で敗れた。シーズン終了後、広岡監督が自身の健康問題(痛風)などを理由に契約年数を1年残して辞任した。後任には1982年から1984年まで広岡監督の下、バッテリーコーチ(ヘッド格)を務めた森昌彦が就任した。この年のドラフトで、甲子園通算本塁打記録を持つPL学園の清原和博を6球団競合の末、交渉権を獲得している。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た松井稼頭央

    松井稼頭央・大友進・?木大成・石井貴・豊田清といった若手の台頭もあり3年ぶりにリーグ優勝を果たす。しかし、日本シリーズではヤクルトに1勝4敗で敗れ日本一を逃した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た鹿取義隆

    この時期は投打ともに戦力(秋山幸二、オレステス・デストラーデ、清原和博、石毛宏典、伊東勤、辻発彦、平野謙、田辺徳雄、バークレオ、安部理など)がそろい、特に渡辺久信(最多勝利1986年、1988年、1990年、勝率第1位1986年)、郭泰源(シーズンMVP1991年、勝率第1位1988年、1994年)、工藤公康(シーズンMVP1993年、勝率第1位1987年、1991年、1993年)、石井丈裕(シーズンMVP、勝率第1位、沢村賞1992年)、渡辺智男(最優秀防御率1991年)、鹿取義隆(最優秀救援投手1990年)などを擁した投手陣や、AK砲と呼ばれた秋山・清原の打力が光り、森の任期の1986年から1994年には、1989年を除くすべての年でリーグ優勝し、また1992年までリーグ優勝した年には必ず日本一にもなり、「西武黄金時代」を築いた。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た田辺徳雄

    この時期は投打ともに戦力(秋山幸二、オレステス・デストラーデ、清原和博、石毛宏典、伊東勤、辻発彦、平野謙、田辺徳雄、バークレオ、安部理など)がそろい、特に渡辺久信(最多勝利1986年、1988年、1990年、勝率第1位1986年)、郭泰源(シーズンMVP1991年、勝率第1位1988年、1994年)、工藤公康(シーズンMVP1993年、勝率第1位1987年、1991年、1993年)、石井丈裕(シーズンMVP、勝率第1位、沢村賞1992年)、渡辺智男(最優秀防御率1991年)、鹿取義隆(最優秀救援投手1990年)などを擁した投手陣や、AK砲と呼ばれた秋山・清原の打力が光り、森の任期の1986年から1994年には、1989年を除くすべての年でリーグ優勝し、また1992年までリーグ優勝した年には必ず日本一にもなり、「西武黄金時代」を築いた。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た伊原春樹

    西鉄時代は三原・川崎徳次以外はチームの出身者が監督を務めた。太平洋から西武時代は長らく外様監督が続いたが、1995年の東尾修以降は、伊原春樹、伊東勤、渡辺久信、田辺徳雄、辻発彦と生え抜き及びチームの出身者の監督が続いている。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た菊池雄星

    1月1日、公式ホームページにて、チームカラーがこれまでのライトブルーから紺(レジェンド・ブルー:西鉄の黒と西武の青の合体)に変更され、ペットマーク、チームネームロゴ、ユニフォームも変更されることが発表された(ただし、球団旗およびマスコットは変更しない)。1月28日、新ペットマークおよびチームネームロゴを用いた公式戦用新ユニフォームが発表された。この年より西武ドームの3塁側をホームとすることも発表されている。昨シーズンの守護神であったアレックス・グラマンの故障離脱などにより、リリーフ投手に安定感がなく、リーグワーストの14試合のサヨナラ負けを喫する。それでも終盤には帆足和幸が4試合連続完投勝利するなど先発投手陣が踏ん張り、楽天やソフトバンクなどと激しくAクラス争いをするが最終的な順位は4位に終わった。前年日本一からBクラスへの転落は球団として50年ぶりとなった。ドラフト会議で花巻東高校の菊池雄星との交渉権を阪神、ヤクルト、楽天、中日、日本ハムとの6球団による競合の末に獲得に成功した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

461件中 11 - 20件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード