461件中 21 - 30件表示
  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た松坂大輔

    西武球場がドーム球場化工事の一部を施され、西武ドームに改称。チームは日本ハムとの熾烈な首位争いを制しリーグ2連覇を達成する。日本シリーズでは、横浜ベイスターズと対戦し下馬評は西武有利と予想されたが、2勝4敗で敗れた。ドラフトでは、この年の高校野球春夏連覇を果たした横浜高校の松坂大輔を1巡目で指名し日本ハム、横浜との競合の末、抽選で松坂の交渉権を獲得している。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た牧田和久

    開幕より中村・メヒア・森友哉などをそろえた打線により、チームは1991年以来24年ぶりの開幕5連勝を飾った。交流戦では中村が期間中に8本の本塁打を放つなど10勝6敗2分の3位となり、交流戦以降はソフトバンク、日本ハムとの首位争いとなり前半戦を3位でターンした。しかし、後半戦になると失速、のちに球団ワースト記録となる13連敗を喫し最大11もあった貯金がなくなってしまった。連敗中は抑えを高橋朋己から牧田和久に配置転換した。8月29日、対楽天戦に3-2で勝ち、球団通算4500勝を達成した。2リーグ制分立後に発足した球団では最速で、巨人・阪神・中日・オリックス・ソフトバンクに次いで6チーム目。また、1950年の2リーグ制後に4500勝を記録したのは巨人に次いで2球団目。終盤はロッテとのCS進出争いとなり、西武が先に3位でシーズンを終えるがロッテが逆転し最終順位は4位となりCS進出を逃した上、球団としては34年ぶりの2年連続Bクラスとなった。秋山翔吾がシーズン216安打の日本記録を樹立した。この年に西口が現役を引退。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た堤義明

    レギュラーシーズン終了後の10月12日、廣済堂クラウンがライオンズ球団の売却・埼玉県所沢市への移転を発表。国土計画の堤義明社長(当時)がクラウンライターライオンズを買取り、西武ライオンズ(Seibu Lions )となる。堤の媒酌人福田赳夫が名誉会長就任。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た森慎二

    この年のオフには、リリーフの中心として活躍した抑えの豊田清がFA宣言して巨人に移籍、中継ぎの森慎二がポスティングシステムでメジャーリーグのタンパベイ・デビルレイズに移籍した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た千葉ロッテマリーンズ

    シーズンはチームがアマチュア出身の選手が中心だったことや、エースと期待された川崎が初登板の毎日オリオンズ戦で3回に肘を故障するなどが災いし、7球団中5位に終わる。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た福岡ソフトバンクホークス

    選手は、ノンプロとしての西日本鉄道チームから初代監督となる宮崎要を始め大津守、深見安博、河野昭修、塚本悦郎ら、八幡製鉄の鬼頭政一ら、別府星野組の新留国良ら九州地方のノンプロ選手に加え、佐賀県出身で読売ジャイアンツの川崎徳次、福岡県出身で前年度南海ホークスで20勝を挙げた武末悉昌、同じく福岡出身の野口正明ら、九州出身のプロ球界の有力選手を集めた。川崎の移籍に関しては、巨人との契約が残っていたこともあり、当初巨人が移籍を認めず難航したが最終的に移籍させている。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た北海道日本ハムファイターズ

    シーズン途中に、契約が難航していた東急フライヤーズの大スターで大下弘を深見安博、緒方俊明とのトレードで獲得。このシーズンは、首位の南海と8.5ゲーム差の3位。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たRKB毎日放送

    「惚れたぜライオンズ」(1975年発表。中村基樹=当時RKB毎日放送アナウンサー 太平洋時代)埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たプリンスホテル

    埼玉移転以降、「西武」を名乗っているが、元々は西武グループの意味であり、直接の球団親会社は1978年に旧クラウンライターライオンズを買収した国土計画(後のコクド)、2006年の西武グループの再編時にはコクドを吸収したプリンスホテルであった。しかし、2008年から本格化している地域密着の強化を目的として、2008年11月21日のプロ野球オーナー会議において、球団の親会社を所沢市内に移転していた西武鉄道に変更することが承認された。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た廣済堂

    新監督に就任したレオ・ドローチャーが来日直前に急病で倒れ、春季キャンプは監督不在のまま実施。しかし「オープン戦までには来日できる」「再び健康状態が悪化した」というドローチャー側の二転三転の応答に業を煮やし契約を解除。ヘッドコーチの鬼頭政一が緊急昇格し監督に就任。戦力不足や前年からのゴタゴタの影響もありこの年は前後期とも6位の最下位に終わる。吉岡悟がプロ入り9年目で初の首位打者。10月12日に命名権を持つ冠スポンサーが桜井義晃率いる廣済堂グループ傘下のクラウンガスライターとなり、球団名が改まることが決定した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

461件中 21 - 30件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード