341件中 61 - 70件表示
  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た西日本鉄道

    西日本鉄道(西鉄)は、1943年にそれまでの大洋軍を譲り受け、西鉄軍として経営していたが、同年限りで解散している。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たコクド

    1978年レギュラーシーズン終了後の10月12日、クラウンガスライターがライオンズ球団の売却・埼玉県所沢市への移転を発表。国土計画の堤義明社長(当時)がクラウンライターライオンズを買取り、西武ライオンズ(Seibu Lions)となる。堤の媒酌人福田赳夫が名誉会長就任。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た太平洋クラブ

    1972年11月にロッテオリオンズの中村長芳オーナーが球団を買い取り、「福岡野球株式会社」に商号変更。ペプシコ日本法人(日本のペプシコーラ販売会社)に買収させる案があったが、東映フライヤーズの身売り話が出てきたため(翌1973年2月、日拓ホームに身売りされることとなった)、パ・リーグの現状を危ぶむペプシ側により破談となった。また、東映の買収を検討していた音響機器メーカーのパイオニアに買い取らせることも選択肢に挙げられたが、こちらも実現しなかった。このためこれらの売却を提案した中村が自ら買収した。資金面強化のため小宮山英蔵が創業したゴルフ場開発会社の太平洋クラブと提携し、球団名が太平洋クラブライオンズ(たいへいよう-、Taiheiyo-Club Lions)となる(11月9日のパ・リーグ実行委員会で、会社株式の移動・球団名変更承認を受ける)。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たペプシコ

    1972年11月にロッテオリオンズの中村長芳オーナーが球団を買い取り、「福岡野球株式会社」に商号変更。ペプシコ日本法人(日本のペプシコーラ販売会社)に買収させる案があったが、東映フライヤーズの身売り話が出てきたため(翌1973年2月、日拓ホームに身売りされることとなった)、パ・リーグの現状を危ぶむペプシ側により破談となった。また、東映の買収を検討していた音響機器メーカーのパイオニアに買い取らせることも選択肢に挙げられたが、こちらも実現しなかった。このためこれらの売却を提案した中村が自ら買収した。資金面強化のため小宮山英蔵が創業したゴルフ場開発会社の太平洋クラブと提携し、球団名が太平洋クラブライオンズ(たいへいよう-、Taiheiyo-Club Lions)となる(11月9日のパ・リーグ実行委員会で、会社株式の移動・球団名変更承認を受ける)。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たフジテレビジョン

    ※かつては、TBSテレビやフジテレビでも放映権をもっていたほか、2006年はテレビ東京が1試合のみ放送した。但し、試合毎の個別契約のため、日本テレビを含めた4局の系列局で現在でも西武ドームの試合を中継することがある。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た近江鉄道

    2003年までのホーム用で使用されていたユニフォームによる白地に緑・青・赤のストライプを配した塗装は「ライオンズカラー」と呼ばれ、ユニフォームの変わった現在でも西武4000系電車・西武8500系電車や西武グループに所属する西武バス・伊豆箱根鉄道・近江鉄道のバスなど様々な場所で使用されている。このユニフォームは2009年の「ライオンズ・クラシック2009」企画で再び着用された。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たライブドア

    シーズンオフ、当時の親会社コクドの事業不振に加え、コクドの系列会社で現在の親会社である西武鉄道の有価証券報告書虚偽記載問題に端を発した西武鉄道株の急落・上場廃止により財務体質の悪化が進行したため、西武グループの経営再建を目指すべく、コクド側が球団売却を行う方針となった。売却を2004年の球団の新規参入を楽天と争って敗れたライブドアなど複数の企業に打診したが、売却額が200億から250億と予想されていた上、西武ドームの継続使用が条件であったため交渉はまとまらず、結局2005年も西武ライオンズとして引き続き経営された。西武グループの再建計画の中で球団の赤字が解消されなければ2005年シーズンオフに再び球団売却を検討するとしていたが、2006年以降も球団を保有することとなった。2005年11月23日に「ファン感謝の集い」が1980年以来、25年ぶりの開催となった(以後、毎年同日に開催する)。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たデサント

    1990年より、ユニフォームのボタンが、乳白色半透明から地色と同色のボタン(製造メーカーデサントのロゴが入る)になる。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た西日本新聞社

    ところが1949年暮れに、プロ野球再編問題が発生。1リーグ体制だった連盟がセントラル・リーグとパシフィック・リーグの2リーグに分裂。これを契機に村上は、後の西鉄3代目社長で球団オーナーも務める木村重吉らとともにプロ野球への進出を図り、福岡県福岡市で西鉄クリッパース(にしてつ-、Nishitetsu Clippers)を結成。11月26日に発足、パ・リーグへ加盟(この加盟日が球団創立日とされている)し、1950年1月下旬に運営会社「西鉄野球株式会社」を設立登記した)。当初は西日本新聞社と共同で球団を設立しようとしたが、これには頓挫。西日本新聞は西鉄と同じ福岡県を本拠地として西日本パイレーツを立ち上げ、福岡県にプロ野球チームが2球団出来ることになった。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たテレビ東京

    ※かつては、TBSテレビやフジテレビでも放映権をもっていたほか、2006年はテレビ東京が1試合のみ放送した。但し、試合毎の個別契約のため、日本テレビを含めた4局の系列局で現在でも西武ドームの試合を中継することがある。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

341件中 61 - 70件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード