341件中 71 - 80件表示
  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たディップ

    ヘルメット - JOMO ジャパンエナジー(2001年?2003年)→ピザーラ(2004年?2007年)→バイトルドットコム(2008年?2010年)→カナディアン・ソーラー(2011年?2012年・オールスター戦前)埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見たジャパンエナジー

    ヘルメット - JOMO ジャパンエナジー(2001年?2003年)→ピザーラ(2004年?2007年)→バイトルドットコム(2008年?2010年)→カナディアン・ソーラー(2011年?2012年・オールスター戦前)埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た楽天

    シーズンオフ、当時の親会社コクドの事業不振に加え、コクドの系列会社で現在の親会社である西武鉄道の有価証券報告書虚偽記載問題に端を発した西武鉄道株の急落・上場廃止により財務体質の悪化が進行したため、西武グループの経営再建を目指すべく、コクド側が球団売却を行う方針となった。売却を2004年の球団の新規参入を楽天と争って敗れたライブドアなど複数の企業に打診したが、売却額が200億から250億と予想されていた上、西武ドームの継続使用が条件であったため交渉はまとまらず、結局2005年も西武ライオンズとして引き続き経営された。西武グループの再建計画の中で球団の赤字が解消されなければ2005年シーズンオフに再び球団売却を検討するとしていたが、2006年以降も球団を保有することとなった。2005年11月23日に「ファン感謝の集い」が1980年以来、25年ぶりの開催となった(以後、毎年同日に開催する)。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た中島裕之

    1990年と2005年にほとんどの選手の応援歌の変更がなされている(1990年の変更は関東地区のみで九州では従前の応援歌のまま)。しかし、チャンスでの打席になると、その選手の変更前の応援歌や以前同じ背番号をつけていた選手の応援歌などが演奏されることもある。西武ドームで細川亨がチャンスで打席に立ったとき、伊東勤元監督の選手時代の応援歌が演奏されたこともあった。2008年時点ではチャンステーマとして片岡易之及び中島裕之の打席で石毛宏典の応援歌、クレイグ・ブラゼルの打席でアレックス・カブレラの応援歌、ヒラム・ボカチカの打席でホセ・フェルナンデスの応援歌が使用されている。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た宮崎要

    選手は、ノンプロとしての西日本鉄道チームから初代監督となる宮崎要を始め大津守、深見安博、河野昭修、塚本悦郎ら、八幡製鉄の鬼頭政一ら、別府星野組の新留国良ら九州地方のノンプロ選手に加え、佐賀県出身で読売ジャイアンツの川崎徳次、福岡県出身で前年度南海ホークスで20勝を挙げた武末悉昌、同じく福岡出身の野口正明ら、九州出身のプロ球界の有力選手を集めた。川崎の移籍に関しては、巨人との契約が残っていたこともあり、当初巨人が移籍を認めず難航したが最終的に移籍させている。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た池永正明

    1965年、8年ぶりに開幕戦に敗れ、序盤から負け越し、前半戦終了時には首位と26.5ゲーム差となったものの、前年未勝利の稲尾和久が13勝、新人の池永正明が20勝を挙げ、3位となる。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た根本陸夫

    1978年、鬼頭監督に代わり根本陸夫が監督に就任。しかし、結果は前期4位・後期5位で総合5位に終わる。この年、真弓明信が主力に成長、ベストナインにも選出された。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た土井正博

    初年度の1973年、オーナー自らが手掛けた大規模なチーム改造の結果、チームは3年ぶりに最下位を脱出。前期4位・後期5位、総合4位(この年からパリーグは、前後期制度を導入。)に終わる。観客動員数も前年までの平均の倍増を記録。翌1974年も総合4位に終わり、稲尾監督が退任。代わって大洋から江藤慎一が、球団初のプレーイングマネージャーとして監督に就任。近鉄から土井正博、日本ハムファイターズから白仁天をトレードで獲得するなど、積極的な戦力補強に取り組んだ。また、この両年ロッテオリオンズとの遺恨が話題を呼ぶ。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た広岡達朗

    1982年はこの年より就任した広岡達朗監督の下、チームの改革を実施。その効果はすぐに現れ、前期優勝を果たす。後期は序盤躓くと残り試合をプレーオフ対策に費やし、1982年のパシフィック・リーグプレーオフでは後期優勝の日本ハムの江夏豊を攻略し、3勝1敗でプレーオフを制し、19年ぶりのリーグ優勝を達成。日本シリーズでも中日ドラゴンズを4勝2敗で破り、チームとして24年ぶり、西武としては初の日本一を達成する。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た八百長

    1969年、5月に9連敗で一時は中西太が監督休養となっている。9月には一時4位まで上がるものの、最終的には5位でシーズン終了。10月、永易将之が八百長行為を行ったとして、永久追放処分となり、これが所謂『黒い霧事件』の発端となった。稲尾和久が現役引退し、中西の後任監督に就任。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

341件中 71 - 80件表示

「埼玉西武ライオンズ」のニューストピックワード