前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • 山梨時事新聞

    山梨時事新聞から見た堀内光雄堀内光雄

    1969年2月21日、富士急行の堀内光雄、山梨日日mp野口英史両社社長の合意によって、富士急行は自社所有の山梨時事の全株式(128万株の51%)を山梨日日に譲渡した。山梨日日はその見返りとして、山梨日日所有のU波テレビ(この時点で山梨日日はV波のテレビ局山梨放送を持っていた)の株式15%を富士急行に譲渡、富士急行から山梨時事への貸付金(8650万円と言われている)を肩代わりした。この取り引きによって、山梨日日は山梨県内日刊紙の市場を独占することになり、また、富士急行は、U波のテレビ(現・テレビ山梨)の自己所有株18%と合わせて33%を所有することなり、同社内での優位を確立した。山梨時事新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年山梨県知事選挙

    2007年山梨県知事選挙から見た堀内光雄堀内光雄

    前回では民主党や堀内光雄をはじめとする県内選出の自民党国会議員や山梨県議会議員の多くから支持を受け当選した山本であったが、政策の問題における県政の混乱が発生したことに加え、堀内が一時期党籍を追われたことや支援団体である山梨県教職員組合の政治資金規正法違反の影響から今回は民主党の県連からの支援に留まるなど苦戦を強いられることになった。一方で前回争っていた井上幸彦や山本の政策を検証していた検証機関ふるさと山梨を考える会、さらに保坂武や県連所属の83会のメンバーなど複数の自民党国会議員などから支持・支援を受けた横内は山本の政策を見直し独自の政策を強調した「ほっとけない運動」を展開し有利に選挙を進めていった。2007年山梨県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 辻英雄

    辻英雄から見た堀内光雄堀内光雄

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に、自民党公認で旧福岡1区から立候補し衆議院議員に当選、以後当選4回(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。三木→河本派に所属し、外務政務次官、経済企画政務次官を歴任するが、1986年の第38回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界を引退。西日本短期大学理事長も務めた。辻英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年山梨県知事選挙

    2003年山梨県知事選挙から見た堀内光雄堀内光雄

    現職の天野建知事が健康面の問題などから不出馬を表明し、12年ぶりとなる新人同士の戦いとなった選挙では、前衆議院議員の横内正明と前甲府市長の山本栄彦、さらに元警視総監の井上幸彦の実質上三つ巴の争いとなった。山本は民主党や自由党の推薦を受けたほか、自民党国会議員で当時党総務会長でもあった堀内光雄が横内に反発し山本の支持に回ったことから組織面で有利な選挙活動を展開することができたのに対し、横内は先述の理由から自民党の公認を受けることができず、苦しい立場に追いやられることになった。しかし地盤である山梨県第3区を中心に巻き返しを図り、当確が出たのは開票率90%を超えてからという熾烈な争いとなった。2003年山梨県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 清水清一朗

    清水清一朗から見た堀内光雄堀内光雄

    地元では不動産管理業を営む。資産家として知られ、西武鉄道東村山駅前などに多数のビル・駐車場・貸店舗などを所有している。2007年7月に公開された2006年分国会議員所得報告書によると、資産家・実業家として著名な鳩山邦夫・松本龍・堀内光雄らの政治家の所得を上回り、小杉隆・田中眞紀子に次いで第3位、1億2939万円の所得があった。小杉隆は夫人の借金返済に充てるために処分した土地・建物の売却益による所得、田中眞紀子は通常の事業所得のほか越後交通などの株式運用益による所得であった。清水清一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年山梨県知事選挙

    1991年山梨県知事選挙から見た堀内光雄堀内光雄

    望月は後継者として当時副知事だった小沢澄夫を指名。これに政界のドンと言われ国政・山梨県政において影響力をもっていた金丸信をはじめ、自民、社会、公明、民社の4大政党が相乗りで支持。一方で天野久元知事の3男であり、石和町町長であった天野建が「権力批判」を掲げて出馬、反金丸派の田邊圀男と堀内光雄の支持を受け、事実上この2氏による激しい選挙戦となった。1991年山梨県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 逢沢英雄

    逢沢英雄から見た堀内光雄堀内光雄

    衆議院議員逢沢寛の次男として岡山県御津郡御津町(現・岡山市北区御津)に生まれる。1950年に早稲田大学商学部を卒業。岡山青年会議所理事長、岡山商工会議所副会頭を経て、1976年の第34回衆議院議員総選挙に父の後継者として岡山1区(当時)から立候補し、当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・中川秀直・甘利正など)。以後当選通算3回。1981年、鈴木改造内閣では労働政務次官を務めたが、1983年の第37回衆議院議員総選挙で落選し、政界から引退した。逢沢英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 田邊圀男

    田邊圀男から見た堀内光雄堀内光雄

    1938年(昭和13年)に早稲田大学政治経済学部を卒業し、1958年(昭和33年)に第28回衆議院議員総選挙において旧山梨全県区から立候補し初当選して以来、通算当選9回(当選同期に安倍晋太郎・倉成正・斎藤邦吉など)。初当選の際には同選挙区からは金丸信も初当選しており、天野久知事に近い党主流(佐藤→田中派)の金丸のほか、安定した選挙基盤を持つ内田常雄や堀内一雄(堀内光雄の父)らと鎬を削った。田邊圀男 フレッシュアイペディアより)

  • 森清 (愛媛県の政治家)

    森清 (愛媛県の政治家)から見た堀内光雄堀内光雄

    愛媛県新居浜市出身。1948年に東京大学法学部政治学科を卒業後、自治省に入省する。自治省官房長などを経て、消防大学校校長を最後に退官。1976年に行われた第34回衆議院議員総選挙に旧愛媛2区から自由民主党公認で立候補し当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。以後、1度の落選を挟んで通算当選4回。防衛政務次官などを歴任した。自民党では福田赳夫-安倍晋太郎派(清和会)に所属し、中川派の旗揚げにも参加した。森清 (愛媛県の政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 坂口岳洋

    坂口岳洋から見た堀内光雄堀内光雄

    2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙に、民主党公認で山梨2区から出馬するも落選(堀内光雄:63,758票、長崎幸太郎:62,821票、坂口:33,827票。長崎は比例区で当選)。坂口岳洋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示