67件中 11 - 20件表示
  • 玉生孝久

    玉生孝久から見た堀内光雄堀内光雄

    富山県八尾町出身。都立化学工業専門学校応用学科卒。八尾町議を経て、1955年から富山県議を6期務める。富山県議会議長を経て、1976年の総選挙で旧富山1区から立候補して初当選、通算4期務めた(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。この間、文部政務次官、国土政務次官を歴任。1990年に引退。1998年7月26日死去。享年74。玉生孝久 フレッシュアイペディアより)

  • 中島衛

    中島衛から見た堀内光雄堀内光雄

    青年会議所での活動を通じて、仲間の企業家から政界への進出を勧められ、1972年の第33回衆議院議員総選挙に旧長野県第3区(定数4)から無所属で出馬したが、得票数6位で落選。1976年、再び第34回衆議院議員総選挙に無所属で出馬し、初当選した(当選同期に中村喜四郎・愛知和男・鳩山邦夫・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。中島衛 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川寛三

    谷川寛三から見た堀内光雄堀内光雄

    愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・西田司・中島衛・池田行彦・堀内光雄・相沢英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直。谷川寛三 フレッシュアイペディアより)

  • 石川要三

    石川要三から見た堀内光雄堀内光雄

    東京府西多摩郡(現東京都青梅市)生まれ。旧制府立第二中学校(現東京都立立川高等学校)を経て1951年早稲田大学政治経済学部卒業後、西東京バス株式会社取締役、青梅市議会議員などを経て、1967年に青梅市長選挙で初当選した。1975年まで市長を2期務め、1976年に第34回衆議院議員総選挙に旧東京11区から出馬し、当選した(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正らがいる)。福田派を経て、鈴木派に所属。石川要三 フレッシュアイペディアより)

  • 中村靖

    中村靖から見た堀内光雄堀内光雄

    その後、20代後半で会社を設立し、建設資材・輸入貿易業(「世界の料理ショー」含む映画/TV番組等)を営むと同時に、松田竹千代文部大臣秘書官、東龍太郎東京都知事特別秘書役、父・梅吉の大臣秘書官等を経て、1967年1月、第31回衆議院議員総選挙に東京都第9区から無所属で出馬し落選。1976年12月、父梅吉の後継者として第34回衆議院議員総選挙に東京都第5区から自民党公認で出馬しトップ当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。1986年7月の第38回総選挙まで連続5期当選、1990年まで約15年間、衆議院議員を務めた。主に行政改革/文教の政策領域で活躍。中村靖 フレッシュアイペディアより)

  • 原田昇左右

    原田昇左右から見た堀内光雄堀内光雄

    静岡中学、静岡高校を経て、1946年東京帝国大学第二工学部卒業後、農林省(現農水省)に入省。後に運輸省に転じる。1974年に運輸大臣官房審議官を最後に退官、1976年の衆院選に西村直己の後継者として旧静岡1区から出馬し初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。以後連続当選9回。自民党では宏池会に所属。通産政務次官を経て、1989年に第1次海部内閣の建設大臣として初入閣。衆議院予算委員長なども務めた。原田昇左右 フレッシュアイペディアより)

  • 天野建

    天野建から見た堀内光雄堀内光雄

    自民党山梨県連は知事選に際して分裂し、当時の4大政党(自民・社会・公明・民社)と金丸信が推薦する小沢澄夫元副知事に対し、天野は元知事の田邊圀男、自民党議員の堀内光雄の支持を受けるが政党の推薦・支持がないまま「権力批判」「草の根」の選挙戦術を展開し、小沢を5000票差で破り、初当選を遂げた。父の天野久も山梨県知事だったが、同一公選知事職の親子世襲が実現したのは天野親子だけ(ただし、空白期間が24年間存在する)。このあと誕生する「無党派知事」の魁と呼ばれた。2期目以降は日本共産党以外の全政党が推薦するオール与党知事だった。天野建 フレッシュアイペディアより)

  • 野呂田芳成

    野呂田芳成から見た堀内光雄堀内光雄

    2005年、首相の小泉純一郎が執念を燃やす郵政民営化法案が衆院に提出されたが、自民党内から綿貫民輔、亀井静香、堀内光雄、野田聖子、平沼赳夫ら有力議員が次々に造反し、野呂田も反対票を投じた。衆院では僅差で可決されたものの、参議院でも中曽根弘文、鴻池祥肇らの反対により法案は否決された。そのため小泉は衆院を解散(郵政解散)し、反対票を投じた議員を公認せず、自民党公認の刺客を擁立する策に出た。野呂田の選挙区である秋田2区にも自民党公認の小野貴樹が擁立されたが、野呂田は小野を約3万票差で下し、議席を死守した。野呂田芳成 フレッシュアイペディアより)

  • 山下政樹

    山下政樹から見た堀内光雄堀内光雄

    山梨県東八代郡石和町四日市場(現・笛吹市)出身。石和町立石和南小学校、石和町立石和中学校、山梨県立石和高等学校(現・山梨県立笛吹高等学校)卒業。1989年(平成元年)3月、拓殖大学政経学部政治学科卒業。同年4月、富士急行に就職。1993年(平成5年)7月、衆議院議員の堀内光雄の公設秘書となる。山下政樹 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨県全県区

    山梨県全県区から見た堀内光雄堀内光雄

    堀内光雄(自民、1976・79・80・83・86・93年)山梨県全県区 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示