63件中 11 - 20件表示
  • 2007年山梨県知事選挙

    2007年山梨県知事選挙から見た堀内光雄堀内光雄

    前回では民主党や堀内光雄をはじめとする県内選出の自民党国会議員や山梨県議会議員の多くから支持を受け当選した山本であったが、政策の問題における県政の混乱が発生したことに加え、堀内が一時期党籍を追われたことや支援団体である山梨県教職員組合の政治資金規正法違反の影響から今回は民主党の県連からの支援に留まるなど苦戦を強いられることになった。一方で前回争っていた井上幸彦や山本の政策を検証していた検証機関ふるさと山梨を考える会、さらに保坂武や小野次郎、赤池誠章といった複数の自民党国会議員などから支持・支援を受けた横内は山本の政策を見直し独自の政策を強調した「ほっとけない運動」を展開し有利に選挙を進めていった。2007年山梨県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年山梨県知事選挙

    2003年山梨県知事選挙から見た堀内光雄堀内光雄

    現職の天野建知事が健康面の問題などから不出馬を表明し、12年ぶりとなる新人同士の戦いとなった選挙では、前衆議院議員の横内正明と前甲府市長の山本栄彦、さらに元警視総監の井上幸彦の実質上三つ巴の争いとなった。山本は民主党や自由党の推薦を受けたほか、自民党国会議員で当時党総務会長でもあった堀内光雄が横内に反発し山本の支持に回ったことから組織面で有利な選挙活動を展開することができたのに対し、横内は先述の理由から自民党の公認を受けることができず、苦しい立場に追いやられることになった。しかし地盤である山梨県第3区を中心に巻き返しを図り、当確が出たのは開票率90%を超えてからという熾烈な争いとなった。2003年山梨県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 中島真人

    中島真人から見た堀内光雄堀内光雄

    一方で同じ韮崎高校出身で自民党議員だった横内正明とは何かと対立していた。2003年の山梨県知事選挙では堀内光雄とともに横内を批判し対立候補で民主党から推薦を受けていた山本栄彦を支援したため横内は落選、また翌2004年の第20回参議院議員通常選挙に関しては横内が自民党からの出馬を表明したのにも関わらず県連会長としてこれを認めず、自民党は山梨県選挙区での公認候補を断念する事態となり、輿石の圧勝をサポートすることになった(横内は比例区から出馬したが落選)。2007年の山梨県知事選挙においても当初の不出馬の確約を反故にして出馬を表明した横内に対して「県連を分裂させる行為である」と批判し、自分の後継者としても難色を示すなどその後県知事に当選した横内の元を訪れ和解をアピールした堀内に対し、中島と横内との関係は最後まで改善されることはなかったが、中島の死後横内は会見で哀悼の意を述べている。中島真人 フレッシュアイペディアより)

  • 横内正明

    横内正明から見た堀内光雄堀内光雄

    平成14年(2002年)12月、翌年に行なわれる山梨県知事選挙に出馬するため衆議院議員を辞職。天野建知事が引退を表明したことから事実上12年ぶりに選挙戦に突入した。当初は横内が優勢な状況であったものの、前甲府市長の山本栄彦が民主党と自由党の推薦を受け猛追撃する。横内は自民党の公認を受けようとしたが、当時党総務会長を務めていた堀内光雄が鈴木宗男絡みの汚職に絡み横内を公然と批判し山本側につき、自民党県連会長であった中島真人参議院議員も堀内に追随したため、公認をもらうことができなかった。それでも衆議院議員時代地盤にしていた地元山梨3区では圧倒的に選挙戦を展開し開票85%の段階まではリードしていたものの、かつて地元から公選知事を輩出したことがない甲府の有権者が山本に票を集中させたため終盤で逆転され、8,969票の僅差で敗れた。横内正明 フレッシュアイペディアより)

  • 新憲法制定議員同盟

    新憲法制定議員同盟から見た堀内光雄堀内光雄

    【副会長】衆院=津島雄二、古賀誠、野田毅、島村宜伸、深谷隆司、与謝野馨、高村正彦、二階俊博、町村信孝、額賀福志郎、大野功統、斉藤斗志二、杉浦正健、森山眞弓、堀内光雄、☆臼井日出男、☆石原伸晃(以上自民)、☆前原誠司(民主)、平沼赳夫、☆玉澤徳一郎(以上無所属)、参院=☆藤井孝男、 ☆尾辻秀久(以上自民)、☆田名部匡省、☆渡辺秀央(以上民主)、山東昭子(無所属)、元職=小野清子新憲法制定議員同盟 フレッシュアイペディアより)

  • 83会

    83会から見た堀内光雄堀内光雄

    比例南関東ブロックより選出。2005年総選挙で争った郵政改革反対派の堀内光雄が復党し公認を得たことに不満を表し、2009年7月に離党。8月の総選挙に無所属(平沼グループ)で出馬し落選。2012年の総選挙では無所属で出馬し山梨2区で当選。83会 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年山梨県知事選挙

    1991年山梨県知事選挙から見た堀内光雄堀内光雄

    望月は後継者として当時副知事だった小沢澄夫を指名。これに政界のドンと言われた金丸信をはじめ、自民、社会、公明、民社の4大政党が相乗りで支持。一方で天野久元知事の3男であり、石和町町長であった天野建が「権力批判」を掲げて出馬、反金丸派の田邊圀男と堀内光雄の支持を受け、事実上この2氏による激しい選挙戦となった。1991年山梨県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨時事新聞

    山梨時事新聞から見た堀内光雄堀内光雄

    1969年2月21日、富士急行の堀内光雄、山梨日日mp野口英史両社社長の合意によって、富士急行は自社所有の山梨時事の全株式(128万株の51%)を山梨日日に譲渡した。山梨日日はその見返りとして、山梨日日所有のU波テレビ(この時点で山梨日日はV波のテレビ局山梨放送を持っていた)の株式15%を富士急行に譲渡、富士急行から山梨時事への貸付金(8650万円と言われている)を肩代わりした。この取り引きによって、山梨日日は山梨県内日刊紙の市場を独占することになり、また、富士急行は、U波のテレビ(現・テレビ山梨)の自己所有株18%と合わせて33%を所有することなり、同社内での優位を確立した。山梨時事新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 後期高齢者医療制度

    後期高齢者医療制度から見た堀内光雄堀内光雄

    堀内光雄(自民党衆議院議員、元総務会長)後期高齢者医療制度 フレッシュアイペディアより)

  • 野呂田芳成

    野呂田芳成から見た堀内光雄堀内光雄

    2005年、小泉純一郎首相が執念を燃やす郵政民営化法案が衆院に提出されたが、自民党内から綿貫民輔、亀井静香、堀内光雄、野田聖子、平沼赳夫ら有力議員が次々に造反し、野呂田も反対票を投じた。衆院では僅差で可決されたものの、参議院でも中曽根弘文、鴻池祥肇らの反対により法案は否決された。そのため小泉首相は衆院を解散(郵政解散)し、反対票を投じた議員を公認せず、自民党公認の刺客を擁立する策に出た。野呂田の選挙区である秋田2区にも自民党公認の小野貴樹が擁立されたが、野呂田は小野を約3万票差で下し、議席を死守する。野呂田芳成 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「堀内光雄」のニューストピックワード