67件中 21 - 30件表示
  • 訃報 2016年5月

    訃報 2016年5月から見た堀内光雄堀内光雄

    5月17日 - 堀内光雄、日本の政治家、実業家、元自由民主党衆議院議員、元富士急行会長、第62代通商産業大臣(* 1930年)訃報 2016年5月 フレッシュアイペディアより)

  • 内田常雄

    内田常雄から見た堀内光雄堀内光雄

    幹事長となった内田は党の分裂を避けるべく、幹事長でありながら三木の円満対陣を模索、事務局と党則や議員総会規則などの研究を行った。結局、次期総選挙後の話し合いによる新総裁選出という方針で党内をまとめた。12月の第34回衆議院議員総選挙(ロッキード選挙)を幹事長として仕切ったが分裂選挙に苦しみ議席を減らしたため三木は退陣、ともに執行部から退いた。最終的に、自民党の分裂という事態は回避された。この選挙で同じ山梨全県区から自民党無派閥で出馬し初当選した堀内光雄(後に宏池会会長)が、内田の死後に宏池会入りして派閥の地盤を継承している。内田常雄 フレッシュアイペディアより)

  • 甲州財閥

    甲州財閥から見た堀内光雄堀内光雄

    堀内良平(富士急行創業者、衆議院議員の堀内光雄は孫)甲州財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知和男

    愛知和男から見た堀内光雄堀内光雄

    1976年12月、第34回衆議院議員総選挙に義父の地盤を引き継いで旧宮城1区(定数5)から出馬し、同区トップで初当選した(当選同期に鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正らがいる)。以後、1983年の第38回衆議院議員総選挙まで、4度連続でトップ当選する。当選後は田中派に入会し、後に竹下派の結成に参加。1980年の鈴木善幸内閣で外務政務次官、1982年の第1次中曽根内閣で労働政務次官に就任。1989年、宮城県知事選挙への立候補を模索するが、前年に発覚したリクルート事件に関連し、愛知も同社から政治献金を受け取っていたため自民党内の説得により、出馬を断念する。愛知和男 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎幸太郎

    長崎幸太郎から見た堀内光雄堀内光雄

    同年の第44回衆議院議員総選挙に、山梨2区から自由民主党公認で出馬する。山梨2区選出で通商産業大臣や自由民主党総務会長を務めた自民党前職の堀内光雄は、郵政民営化法案の採決で反対票を投じ、自民党からの公認を得られず無所属で出馬。長崎は堀内に931票の僅差で敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、初当選した。2006年12月、堀内光雄が自民党に復党(郵政造反組復党問題)。2008年6月、自民党は山梨2区で堀内を公認し、長崎は比例南関東ブロックへの転出を党本部から求められたが、比例単独での立候補を拒否し、無所属で山梨2区から出馬する意向を表明した。これを受け、10月に長崎を支持する自民党山梨県連の党員66人が、山梨2区で堀内を公認した党本部の決定に反発し、集団で自民党を離党した。長崎自身も2009年7月に自民党に離党届を提出し、17日に離党が了承された。なお、同年7月14日の麻生内閣不信任決議案の衆議院本会議における採決は欠席している。7月18日には、長崎を支持する山梨県内の地方議員ほか、415人の党員が集団で自民党を離党した(長崎支持グループは当初3,648人にのぼる離党者の名簿を自民党山梨県連に届けたが、離党者名簿の中には、党とは関係ない人で、名簿にも残っていない人、さらにすでに死亡している人や本人に離党の承諾を得ていないケースなどがあり、山梨県連の発表によれば、離党が認められたのは415人)。これらのことについて長崎は「今後自民党とは一切かかわりたくないという『絶縁状』だ。党費を払っているかどうかの問題ではない」と報道機関に話している。長崎は無所属で第45回衆議院議員総選挙に山梨2区から出馬するが、得票数2位で落選した(当選者は民主党の坂口岳洋。堀内光雄も得票数3位で落選)。長崎幸太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨県第2区

    山梨県第2区から見た堀内光雄堀内光雄

    自民党宏池会(加藤派→堀内派→古賀派)の重鎮で、通産大臣や自民党総務会長を歴任した堀内光雄が毎回他候補を圧倒し続けてきた。2005年の第44回総選挙で山梨県第2区 フレッシュアイペディアより)

  • 中馬弘毅

    中馬弘毅から見た堀内光雄堀内光雄

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に新自由クラブ公認で旧大阪府第6区(定数3)から出馬し、同区トップで初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。1979年の第35回衆議院議員総選挙では落選したが、1980年の第36回衆議院議員総選挙で返り咲いた。1986年の第38回衆議院議員総選挙で再び落選。新自由クラブ解党後、1990年の第39回衆議院議員総選挙では無所属で旧大阪6区から出馬し、国政に復帰した。その後自由民主党に入党し、1993年の第40回衆議院議員総選挙では自民党公認で出馬し、5選。自民党では宏池会(宮澤喜一派)に入会。1995年、「地方分権推進に関する国会決議」を衆議院本会議場で読み上げる。1993年の細川護煕首相(元熊本県知事)の就任以降、地方分権が国政の課題になる中で、日本の道州制論議が高まった。中馬弘毅 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内一雄

    堀内一雄から見た堀内光雄堀内光雄

    堀内 一雄(ほりうち かずお、1893年9月 - 1985年12月11日)は、日本の実業家、政治家、陸軍軍人。衆議院議員(5期)。父は堀内良平、息子は堀内光雄。最終階級は歩兵少佐、満州国陸軍少将。堀内一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内光一郎

    堀内光一郎から見た堀内光雄堀内光雄

    父・堀内光雄(自民党総務会長、富士急行株式会社社長・会長)堀内光一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西田司

    西田司から見た堀内光雄堀内光雄

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に高橋英吉の地盤を継承し、旧愛媛3区(定数3)から無所属で出馬。得票数2位で初当選した(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正らがいる)。当選後、自由民主党に入党し、木曜クラブに入会。1980年の第36回衆議院議員総選挙では次点で落選するも、1983年の第37回衆議院議員総選挙ではトップ当選で返り咲いた。西田司 フレッシュアイペディアより)

67件中 21 - 30件表示