67件中 31 - 40件表示
  • 甘利正

    甘利正から見た堀内光雄堀内光雄

    国政へは、第32回衆議院議員総選挙・第33回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で立候補するもののいずれも落選。その後、1976年の第34回衆議院議員総選挙を前に新自由クラブが結成されるとこれに参加し、同党公認候補として初当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直など)。その後、途中1回の落選を挟み2期務め、建設委員会委員を歴任。1983年に政界からの引退を表明し、秘書を務めていた子息の明に地盤を譲った。甘利正 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の政治

    2016年の政治から見た堀内光雄堀内光雄

    5月17日 - 堀内光雄 : 元自民党衆院議員、第62代通商産業大臣、第52代労働大臣(1930年)2016年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回参議院議員通常選挙

    第20回参議院議員通常選挙から見た堀内光雄堀内光雄

    党本部総裁=小泉純一郎 執行部幹事長=安倍晋三 総務会長=堀内光雄 政務調査会長=額賀福志郎 国会対策委員長=中川秀直 参議院議員会長=竹山裕第20回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 池田行彦

    池田行彦から見た堀内光雄堀内光雄

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に自由民主党の公認を受け、義父の地盤を引き継いで旧広島県第2区から出馬し、初当選を果たした(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・甘利正など)。以後10期連続当選。当選後は池田勇人が設立し、かつて大蔵省で大臣秘書官を務めた大平正芳が会長を務める大平派に入会した。池田行彦 フレッシュアイペディアより)

  • 北村直人

    北村直人から見た堀内光雄堀内光雄

    1993年6月、北海道開発政務次官を辞任。宮澤内閣に対し提出された内閣不信任決議案に与党議員ながら賛成票を投じる。北村をはじめ、改革フォーラム21に所属する国会議員の多くは自民党を離党し、新生党を結党した。1994年、羽田内閣で内閣官房副長官に任命されたが、羽田内閣は発足後間もなく少数与党に転落し、6月に総辞職した。同年12月、新進党結党に参加。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、北海道第13区(区割り変更により2002年に廃止)で自民党の鈴木宗男を破り、4選。1997年5月、加藤紘一自由民主党幹事長の誘いを受ける形で新進党を離党し、自民党に復党する。復党後は古巣の平成研究会ではなく、加藤が所属していた宮澤派に入会。同年、衆議院農林水産委員長に就任。しかし、2000年の加藤の乱により加藤が会長を退いた後は、反加藤を掲げる堀内光雄を軸に結成された堀内派に参加。北村直人 フレッシュアイペディアより)

  • 塚原俊平

    塚原俊平から見た堀内光雄堀内光雄

    1975年、父・俊郎の急死に伴い、電通を退社。翌年の第34回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選(当選同期に愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。以来、連続8回当選。自民党では福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派(清和政策研究会)に属し、父・俊郎が保利茂系であったことから、保利に可愛がられた。塚原俊平 フレッシュアイペディアより)

  • 武部勤

    武部勤から見た堀内光雄堀内光雄

    2006年4月、衆議院千葉7区補欠選挙において、自民党が擁立した齋藤健の応援に出向いた際、応援演説で「最初はグー、齋藤健」というフレーズを連発。元自由民主党総務会長の堀内光雄は「最初はグー、武部はパー」と皮肉り、このジョークを堀内から聞かされた三宅久之がテレビで紹介したために広まった。ただし同様のジョークは鴻池祥肇や舛添要一も口にしている。なお、この補欠選で斎藤は民主党の太田和美に敗れ落選している。武部勤 フレッシュアイペディアより)

  • 文藝春秋読者賞

    文藝春秋読者賞から見た堀内光雄堀内光雄

    第62回(2000年)堀内光雄「石油公団は解散しろ」石原慎太郎「わが人生の時の人々」文藝春秋読者賞 フレッシュアイペディアより)

  • 中西啓介

    中西啓介から見た堀内光雄堀内光雄

    1976年、第34回衆議院議員総選挙に山口の後継者として旧和歌山県第1区から自由民主党公認で出馬し、初当選を果たした(当選同期に中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・塚原俊平・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。当初は秘書として仕えた中曽根康弘の縁で中曽根派に所属していたが、後に田中派へ移り、竹下派結成に加わる。竹下派では、同郷の二階俊博と共に小沢一郎の側近であった。中西啓介 フレッシュアイペディアより)

  • 政治家の年金未納問題

    政治家の年金未納問題から見た堀内光雄堀内光雄

    堀内光雄(山梨・2か月)政治家の年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示