63件中 31 - 40件表示
  • 塚原俊平

    塚原俊平から見た堀内光雄堀内光雄

    1975年、父・俊郎の急死に伴い、電通を退社。翌年の第34回衆議院議員総選挙に出馬し、初当選(当選同期に愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・鹿野道彦・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。以来、連続8回当選を果たす。自民党では福田赳夫→安倍晋太郎→三塚博派(清和政策研究会)に属し、父・俊郎が保利茂系であったことから、保利に可愛がられた。塚原俊平 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内詔子

    堀内詔子から見た堀内光雄堀内光雄

    夫・堀内光一郎(富士急行社長、堀内光雄元自民党総務会長の長男)。堀内詔子 フレッシュアイペディアより)

  • 平井卓也

    平井卓也から見た堀内光雄堀内光雄

    2000年の第2次森内閣不信任決議案をめぐる加藤の乱では、不信任案に反対票を投じ、その後自民党に入党する。森喜朗首相に対する不信任に反対した、事実上の見返りであった。なお、加藤紘一らのグループは不信任案に欠席し、加藤派は分裂。自民党に入党した平井は、反加藤グループの中心だった堀内光雄が新たに結成した堀内派に入会した。平井卓也 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚雄司

    大塚雄司から見た堀内光雄堀内光雄

    1969年、東京都議会議員選挙に出馬し、初当選。1973年に2期目の当選を果たしたが、任期途中の1976年に辞職。同年の第34回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で出馬し、当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・塚原俊平・中西啓介・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。大塚雄司 フレッシュアイペディアより)

  • 小里貞利

    小里貞利から見た堀内光雄堀内光雄

    2000年(平成12年)森喜朗総裁の下で自由民主党総務会長に就任。加藤の乱に際しては加藤紘一、山崎拓に内閣不信任決議案に賛成投票をせず、本会議欠席に留めるよう説得。その裏で、野中広務幹事長と交渉し、本会議を欠席した議員に対し除名などの処分を行わないことを約束させる。加藤、山崎による第2次森内閣倒閣運動は結果的には不発に終わったものの、党役員人事で小里は総務会長を離任。加藤の乱を契機に堀内光雄ら加藤派の反加藤グループが離脱して、少数派閥に転落した加藤派に残留。2002年(平成14年)に加藤紘一が議員辞職したため、派を預かり小里派会長に就任。小里貞利 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽雄哉

    丹羽雄哉から見た堀内光雄堀内光雄

    2005年7月5日、堀内光雄会長が郵政国会もおいて郵政法案の衆院本会議採決をめぐり派閥会長辞任を表明。堀内派は会長ポストを空席とし、古賀事務総長との「丹羽?古賀」体制で派閥を運営していく。しかし、旧橋本派の津島派への改称や旧亀井派の伊吹派への改称など領袖不在だった自民党他派閥の領袖決定が2005年中に決定していく中、これ以上派閥会長不在の状態が続くのは好ましくないとして、「旧堀内派」からの名称変更問題が浮上。古賀が会長就任を狙ったものの、「古賀派」を嫌う勢力が「派閥を出て行く」などと反発。調整の結果、2006年2月、古賀、丹羽が妥協して共同代表制を敷くことで落ち着いた。丹羽雄哉 フレッシュアイペディアより)

  • 田邊圀男

    田邊圀男から見た堀内光雄堀内光雄

    1938年(昭和13年)に早稲田大学政治経済学部を卒業し、1958年(昭和33年)に第28回衆議院議員総選挙において旧山梨全県区から立候補し初当選して以来、通算当選9回(当選同期に安倍晋太郎・倉成正・斎藤邦吉など)。初当選の際には同選挙区からは金丸信も初当選しており、天野久知事に近い党主流(佐藤→田中派)の金丸のほか、安定した選挙基盤を持つ内田常雄や堀内一雄(堀内光雄の父)らと鎬を削った。田邊圀男 フレッシュアイペディアより)

  • 天野建

    天野建から見た堀内光雄堀内光雄

    自民党山梨県連は知事選に際して分裂し、当時の4大政党(自民・社会・公明・民社)と金丸信が推薦する小沢澄夫元副知事に対し、天野は元知事の田邊圀男、自民党議員の堀内光雄の支持を受けるが政党の推薦・支持がないまま「権力批判」「草の根」の選挙戦術を展開し、小沢を5000票差で破り、初当選を遂げた。父の天野久も山梨県知事だったが、同一公選知事職の親子世襲が実現したのは天野親子だけ(ただし、空白期間が24年間存在する)。このあと誕生する「無党派知事」の魁と呼ばれた。2期目以降は日本共産党以外の全政党が推薦するオール与党知事だった。天野建 フレッシュアイペディアより)

  • 武部勤

    武部勤から見た堀内光雄堀内光雄

    2006年4月、衆議院千葉県第7区補欠選挙において、自由民主党が擁立した齋藤健の応援に出向いた際、応援演説で「最初はグー、齋藤健」というフレーズを連発。堀内光雄元自由民主党総務会長は「最初はグー、武部はパー」と皮肉り、このジョークを堀内から聞かされた三宅久之がテレビで紹介したために広まった。なお、同様のジョークは鴻池祥肇や舛添要一も口にしている。武部勤 フレッシュアイペディアより)

  • リクルート事件

    リクルート事件から見た堀内光雄堀内光雄

    竹下登首相、長谷川峻法相、宮沢喜一蔵相、小渕恵三官房長官、原田憲経企庁長官、小沢一郎官房副長官、安倍晋太郎幹事長、渡辺美智雄政調会長、愛野興一郎前経企庁長官、中曽根康弘元首相、橋本龍太郎元運輸相、梶山静六元自治相、森喜朗元文相、中島源太郎元文相、砂田重民元文相、塩川正十郎元文相、加藤六月元農水相、大野明元労相、栗原祐幸元労相、山口敏夫元労相、坂本三十次元労相、藤波孝生元官房長官、加藤紘一元防衛庁長官、渡辺秀央元官房副長官、原健三郎前衆院議長、浜田卓二郎代議士、伊吹文明代議士、愛知和男代議士、大坪健一郎代議士、有馬元治代議士、野田毅代議士、堀内光雄代議士、鈴木宗男代議士、尾形智矩代議士、椎名素夫代議士、志賀節代議士、藤田正明参院議長、遠藤政夫参院議員、倉田寛之参院議員、鈴木貞敏参院議員リクルート事件 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「堀内光雄」のニューストピックワード