67件中 41 - 50件表示
  • 志帥会

    志帥会から見た堀内光雄堀内光雄

    長年の持論であった郵政民営化を強力に推進する小泉に対し、亀井や参院亀井派会長の中曽根弘文らは強硬に反対。しかし、亀井の姿勢は小泉改革に賛同する水野賢一らの離反を引き起こした。亀井が「反小泉」の旗幟を鮮明にするにつれ、亀井派を離脱する議員もいたが、亀井は退会の意思を示した議員を引き止めず、「(亀井のトレードマークである)亀のバッジをつけていると、選挙に不利だから、亀のバッジをはずしてやってくれ」と逆に自派の議員たちを思いやったという。亀井の他、元衆議院議長の綿貫民輔、前総務会長の堀内光雄、元郵政大臣の野田聖子ら、亀井派以外の派閥からも衆院での郵政民営化法案の採決では造反者が相次いだが、5票差で可決される。しかし、参議院では中曽根弘文らの造反により、法案は否決された。これを受け、小泉はただちに衆議院を解散する。解散後、亀井は志帥会会長を辞任し、自民党を離党。綿貫や元国土庁長官の亀井久興らと共に国民新党を結党した。志帥会 フレッシュアイペディアより)

  • 大宏池会構想

    大宏池会構想から見た堀内光雄堀内光雄

    2000年の加藤の乱の際、加藤に同調しない加藤派議員の多くが、森内閣不信任案に反対票を投じる。この中には、かつて加藤の側近と言われた古賀、堀内光雄、丹羽雄哉らもいた。不信任案否決後、反加藤議員は加藤の反党行為を非難し、加藤派から堀内派(後に丹羽・古賀派および古賀派)として分派。大宏池会構想 フレッシュアイペディアより)

  • 富士急行

    富士急行から見た堀内光雄堀内光雄

    現在の路線車の標準色は「グリーンベルト」と呼ばれるカラーリングで、以前はほぼ全車両が「グリーンベルト」で統一されていた。これは、ベースの淡い緑が「富士の新緑」で春、細いラインの濃い緑が「富士の緑」で夏、窓の上に入る黄色い帯が「富士の紅葉」で秋、そして屋根全体の白は「富士の雪」で冬と、富士の四季をイメージしたものとされている。また、濃い緑のラインは、2台を背中合わせに配置することで富士山のシルエットを表現するパターンとなっており、近年まではこれを強く意識して、車両導入は必ず偶数台数の導入であった。この塗装色を発案したのは富士急行現会長で、元労働大臣の堀内光雄である。富士急行 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎恭久

    塩崎恭久から見た堀内光雄堀内光雄

    行動を共にした石原ら、加藤の乱に同調した議員たちがその後、小泉純一郎首相の下で重用される中、塩崎には目立った復権の動きがなかった。2005年、5年間の無派閥生活から加藤の乱による加藤派分裂により堀内光雄や古賀誠ら反加藤グループにより結成された堀内派に入会。同年、第3次小泉改造内閣で外務副大臣に就任する。塩崎恭久 フレッシュアイペディアより)

  • リクルート事件

    リクルート事件から見た堀内光雄堀内光雄

    竹下登首相、長谷川峻法相、宮沢喜一蔵相、小渕恵三官房長官、原田憲経企庁長官、小沢一郎官房副長官、安倍晋太郎幹事長、渡辺美智雄政調会長、愛野興一郎前経企庁長官、中曽根康弘元首相、橋本龍太郎元運輸相、梶山静六元自治相、森喜朗元文相、中島源太郎元文相、砂田重民元文相、塩川正十郎元文相、加藤六月元農水相、大野明元労相、栗原祐幸元労相、山口敏夫元労相、坂本三十次元労相、藤波孝生元官房長官、加藤紘一元防衛庁長官、渡辺秀央元官房副長官、原健三郎前衆院議長、浜田卓二郎代議士、伊吹文明代議士、愛知和男代議士、大坪健一郎代議士、有馬元治代議士、野田毅代議士、堀内光雄代議士、鈴木宗男代議士、尾形智矩代議士、椎名素夫代議士、志賀節代議士、藤田正明参院議長、遠藤政夫参院議員、倉田寛之参院議員、鈴木貞敏参院議員リクルート事件 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木善幸

    鈴木善幸から見た堀内光雄堀内光雄

    1976年(昭和51年):農林大臣就任。農林水産省への名称変更を閣議で提案。当時から新人代議士で富士急創業者一族の堀内光雄を可愛がった。鈴木善幸 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木善幸内閣

    鈴木善幸内閣から見た堀内光雄堀内光雄

    行政管理政務次官 - 堀内光雄鈴木善幸内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次中曽根内閣

    第2次中曽根内閣から見た堀内光雄堀内光雄

    総務政務次官 - 堀内光雄:1984年(昭和59年)7月1日 -第2次中曽根内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 後期高齢者医療制度

    後期高齢者医療制度から見た堀内光雄堀内光雄

    堀内光雄(自民党衆議院議員、元総務会長)後期高齢者医療制度 フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽雄哉

    丹羽雄哉から見た堀内光雄堀内光雄

    2005年7月5日、堀内光雄会長が郵政国会もおいて郵政法案の衆院本会議採決を巡り派閥会長辞任を表明。堀内派は会長ポストを空席とし、丹羽会長代行 - 古賀事務総長による二枚看板体制で派閥を運営していく。しかし、同じように領袖不在だった旧橋本派が津島派、旧亀井派が伊吹派へそれぞれ移行していく中、これ以上派閥会長不在の状態が続くのは好ましくないとして、集団指導体制から新会長体制への移行問題が浮上。古賀が会長就任を狙ったものの、「古賀派」を嫌う勢力が「派閥を出て行く」などと反発。調整の結果、2006年2月、丹羽と古賀が新設の共同代表に就任し、それまでと同じように丹羽・古賀の二頭立て体制で落ち着いた。丹羽雄哉 フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示