67件中 51 - 60件表示
  • 菅義偉

    菅義偉から見た堀内光雄堀内光雄

    1998年の自由民主党総裁選挙では所属していた平成研究会会長の小渕恵三ではなく、師と仰ぐ梶山静六を支持し、同派閥を退会。その後宏池会に入会した。2000年の第2次森内閣不信任決議をめぐる「加藤の乱」では、加藤紘一らに同調して不信任案の採決では欠席したが、その後の加藤派分裂では親加藤派の小里派(会長:小里貞利)ではなく、反加藤グループの堀内派(会長:堀内光雄)に参加した。菅義偉 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿野道彦

    鹿野道彦から見た堀内光雄堀内光雄

    山形県山形市生まれ。山形大学附属小学校、山形大学附属中学校、山形県立山形東高等学校を経て学習院大学政治経済学部政治学科卒業。その後、父である衆議院議員鹿野彦吉の秘書となる。父・彦吉は1972年の第33回衆議院議員総選挙での落選を受けて政界引退した。次の第34回衆議院議員総選挙に後継として旧山形1区から自由民主党公認で出馬し、初当選した(当選同期に愛知和男・中村喜四郎・鳩山邦夫・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・塚原俊平・中西啓介・与謝野馨・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。当選後は福田赳夫率いる清和会(現・清和政策研究会)に入会。1980年の第2次大平内閣不信任決議案採決では反主流派として他の福田派の議員と共に本会議を欠席、ハプニング解散の一因となった。鹿野道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 横内正明

    横内正明から見た堀内光雄堀内光雄

    2002年12月、翌2003年に実施される山梨県知事選挙に立候補するため、衆議院議員を辞職。天野建知事の不出馬に伴う12年ぶりの新人候補による争いであり、当初は横内が優勢で選挙戦を展開したが、民主・自由2党の推薦を受けて立候補した山本栄彦前甲府市長が猛追。横内は自民党公認を得た上での出馬を望んだものの、当時自由民主党総務会長であった堀内光雄(山梨2区選出)および自民党山梨県連会長であった中島真人参議院議員が反発し、党公認を受けられなかった。開票85%の段階までは山本をリードしたが、甲府市の得票数で大敗したため終盤で逆転され、山本栄彦に8,969票差で敗北した。横内正明 フレッシュアイペディアより)

  • 山本栄彦

    山本栄彦から見た堀内光雄堀内光雄

    2002年に天野建知事が次期選挙不出馬を表明し、山梨県知事選挙に出馬を表明。天野前知事をはじめ堀内光雄衆議院議員や中島真人参議院議員といった自民党の国会議員や民主党の輿石東参議院議員などの支援を受け、民主党と自由党から公認を得た山本は、前衆議院議員で元法務副大臣の横内正明や元警視総監の井上幸彦など4人による選挙戦となった。現職知事や有力国会議員などの支援を受けた山本は開票率85%まで山梨県第3区を強固な地盤とし、元国会議員の強みを持っていた横内にリードを許す苦しい状況となったが、山本の地盤である甲府市の票が開くと伸び悩んだ横内に対して一気に逆転し、最終的に8,969票差の167,196票を得て当選した。当時市制を敷いていた7市のうち韮崎市を除く6市で山本が勝利し、特に甲府市では横内に対して18,316票(旧中道町・上九一色村北部を含めると約2万票の差がついた)、甲府市に隣接している現在の笛吹市域では8,809票もの差をつけ、この2つの現市域が実質上山本当選をサポートしたといえる。山本栄彦 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党の派閥

    自由民主党の派閥から見た堀内光雄堀内光雄

    宏池会系:宏池会・池田派→前尾派→大平派→鈴木派→宮澤派→加藤派(※大勇会・河野派→為公会・麻生派→麻生派に合流×)、(※宏池会・小里派→谷垣派→古賀派に合流×)→宏池会・堀内派→丹羽・古賀派→古賀派→宏池会・古賀派→【岸田派】(※有隣会・【谷垣政策集団】)自由民主党の派閥 フレッシュアイペディアより)

  • 中島真人

    中島真人から見た堀内光雄堀内光雄

    一方で同じ韮崎高校出身で自民党議員だった横内正明とは何かと対立していた。2003年の山梨県知事選挙では堀内光雄とともに横内を批判し対立候補で民主党から推薦を受けていた山本栄彦を支援したため横内は落選、また翌2004年の第20回参議院議員通常選挙に関しては横内が自民党からの出馬を表明したのにも関わらず県連会長としてこれを認めず、自民党は山梨県選挙区での公認候補を断念する事態となり、輿石の圧勝をサポートすることになった(横内は比例区から出馬したが落選)。2007年の山梨県知事選挙においても当初の不出馬の確約を反故にして出馬を表明した横内に対して「県連を分裂させる行為である」と批判し、自分の後継者としても難色を示すなどその後県知事に当選した横内の元を訪れ和解をアピールした堀内に対し、中島と横内との関係は最後まで改善されることはなかったが、中島の死後横内は会見で哀悼の意を述べている。中島真人 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚雄司

    大塚雄司から見た堀内光雄堀内光雄

    1969年、東京都議会議員選挙に出馬し、初当選。1973年に2期目の当選を果たしたが、任期途中の1976年に辞職。同年の第34回衆議院議員総選挙に旧東京都第1区から自由民主党公認で出馬し、当選(当選同期に愛知和男・鳩山邦夫・中村喜四郎・中島衛・西田司・池田行彦・堀内光雄・相澤英之・津島雄二・塚原俊平・中西啓介・渡辺秀央・中川秀直・甘利正など)。大塚雄司 フレッシュアイペディアより)

  • 83会

    83会から見た堀内光雄堀内光雄

    比例南関東ブロックより選出。2005年総選挙で争った郵政改革反対派の堀内光雄が復党し公認を得たことに不満を表し、2009年7月に離党。8月の総選挙に無所属(平沼グループ)で出馬し落選。2012年の総選挙では無所属で立候補し山梨2区で当選。2014年の総選挙でも同じく無所属で立候補し山梨2区で当選。その後、二階俊博の肝煎りで自民党復党するも公認は得られず、2017年の総選挙に再び無所属で立候補するも、同じ無所属となった堀内詔子に敗れ、落選。83会 フレッシュアイペディアより)

  • 民主王国

    民主王国から見た堀内光雄堀内光雄

    山梨県の場合、初めから民主(旧社会)が強かったわけではなく、1980年代までは自民党の重鎮であった金丸信をはじめ中尾栄一、堀内光雄(上述の堀内詔子の義父)、田邊圀男ら大臣経験者を輩出する保守王国であった。衆議院選挙では、当時の山梨県全県区(定数5)で、自民党の公認候補が4議席獲得することも珍しくなく、小選挙区移行後も第41回衆議院議員総選挙で輿石東が建設大臣(現・国土交通大臣)であった中尾に敗れるほどであった。しかし、1990年代に金丸と中尾が相次いで逮捕されると保守王国の地盤は揺らぎ始め、2005年には第45回衆議院議員総選挙(所謂郵政解散)における「郵政造反組」(堀内光雄と保坂武)と「小泉チルドレン」の扱いについて自民党山梨県連が自民党本部の意向に反し造反組を支援したこと、さらに郵政造反組復党問題では山梨県第2区において候補者の調整失敗による保守分裂が起き、自民党山梨県連の2県議会派が対立して上述の通り国政選挙や首長選挙で独自候補を擁立することすら困難な状況となっている。また、地方でも元自民党の山梨県議であった山梨市市長が収賄容疑で逮捕されるなど、結果「自民党が自滅を繰り返すうちに民主王国となっていった」ともいえる。民主王国 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内詔子

    堀内詔子から見た堀内光雄堀内光雄

    夫・堀内光一郎(富士急行社長、堀内光雄元自民党総務会長の長男)。堀内詔子 フレッシュアイペディアより)

67件中 51 - 60件表示