1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示
  • 宏池会

    宏池会から見た堀内光雄堀内光雄

    2016年は「加藤の乱」前後の派閥の長だった堀内光雄、加藤紘一、小里貞利が相次いで他界した。宏池会 フレッシュアイペディアより)

  • 宏池会 (谷垣派)

    宏池会 (谷垣派)から見た堀内光雄堀内光雄

    2000年の加藤の乱をうけて、2001年に宮澤喜一・古賀誠ら反加藤グループは堀内光雄を代表とする宏池会(堀内派)を結成し、加藤派を離脱。加藤支持グループは、改めて加藤を代表とする宏池会(加藤派)として活動を始めるが、大半の議員が堀内派へと移ったため、第2派閥から第6派閥へと転落した。宏池会 (谷垣派) フレッシュアイペディアより)

  • 宏池会 (古賀派)

    宏池会 (古賀派)から見た堀内光雄堀内光雄

    2000年11月、宏池会会長加藤紘一の第2次森内閣不信任決議案同調の動きに反発した宮澤喜一元首相、池田行彦、堀内光雄、丹羽雄哉ら反加藤グループが、2001年1月に堀内派を結成。第2次森改造内閣発足に伴う党役員人事では、野中広務幹事長の後任に国会対策委員長の古賀誠を送り込んだ。宏池会 (古賀派) フレッシュアイペディアより)

  • 日韓議員連盟

    日韓議員連盟から見た堀内光雄堀内光雄

    堀内光雄(自由民主党・顧問)日韓議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ山梨

    テレビ山梨から見た堀内光雄堀内光雄

    どうしてもやむを得ない場合にはTBSに出資した経験のある朝日、読売、毎日といった全国紙か、最悪TBS自体が出資ないしは経営に関与する形でJNN加盟に漕ぎ着けた例があるものの、系列に県紙がない状況でJNNへの加盟が認められたのは金丸信や筆頭株主の富士急行、更には同社創業家出身の自民党衆議院議員堀内一雄(元自民党総務会長堀内光雄の実父)らの政治的影響も大きかった。このため、UTYはTBSから辰繁存を常勤取締役として受け入れると共に(後に専務取締役を経てFM富士初代社長)、1973年(昭和48年)、日刊『山梨新報』を創刊し系列新聞を保有する。暫くして全国紙への折込形式で配布される週刊誌に移行するが、これによってJNN加盟の条件である地元新聞社の支援が、名目上ながらも実現した。テレビ山梨 フレッシュアイペディアより)

  • 国益と国民の生活を守る会

    国益と国民の生活を守る会から見た堀内光雄堀内光雄

    元83会(いわゆる「小泉チルドレン」)であるが、自民党本部が造反組から復党した堀内光雄を公認したことに不満を持ち離党。郵政民営化関連法案の採決では賛成票を投じているが「民営化の弊害排除は必要との見解」は一致、としている。国益と国民の生活を守る会 フレッシュアイペディアより)

  • 小里貞利

    小里貞利から見た堀内光雄堀内光雄

    2000年(平成12年)森喜朗総裁の下で自由民主党総務会長に就任。加藤の乱に際しては加藤紘一、山崎拓に内閣不信任決議案に賛成投票をせず、本会議欠席に留めるよう説得。その裏で、野中広務幹事長と交渉し、本会議を欠席した議員に対し除名などの処分を行わないことを約束させる。加藤、山崎による第2次森内閣倒閣運動は結果的には不発に終わったものの、党役員人事で小里は総務会長を離任。加藤の乱を契機に堀内光雄ら加藤派の反加藤グループが離脱して、少数派閥に転落した加藤派に残留。2002年(平成14年)に加藤紘一が議員辞職したため、派を預かり小里派会長に就任。小里貞利 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示