前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
179件中 1 - 10件表示
  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た堀内恒夫堀内恒夫

    通算最多登板 27?堀内恒夫(巨人)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • 1973年の日本シリーズ

    1973年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    第1戦は江本孟紀の好投などで南海が勝ったが、その後は巨人のペースだった。特筆すべき活躍として投手堀内恒夫の野手顔負けのバッティングが挙げられる。第2戦では延長戦で決勝打、第3戦では2本塁打を放った。両試合で勝ち投手となり、MVPを獲得した。1973年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • V9 (読売ジャイアンツ)

    V9 (読売ジャイアンツ)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    後に巨人の第3次黄金時代かつ、究極の栄光期とも称される。この時代の巨人は、1961年(昭和36年)に就任した川上哲治監督のもと、王貞治・長嶋茂雄という二人のスーパースター(いわゆるON砲)に加え、森昌彦・柴田勲・黒江透修・高田繁・土井正三といった名選手や、堀内恒夫・高橋一三・城之内邦雄といった球史に名を残す投手が揃い、バッテリー、内野、外野と全てにおいて選手配置が適した、「精密機械」の様な守りチームだった。日本におけるスモールベースボールの先駆けとなった。V9 (読売ジャイアンツ) フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の日本シリーズ

    1971年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    (巨)○堀内(1勝)?森1971年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た堀内恒夫堀内恒夫

    V9の間、最優秀選手を王は5回、長嶋は3回受賞している。また、川上監督や牧野ヘッドコーチのもとでロサンゼルス・ドジャースの戦術(スモールボール)を取り入れた。またON以外にも、金田正一・城之内邦雄・堀内恒夫・高橋一三、渡辺秀武などの投手や、森昌彦捕手、土井正三・黒江透修内野手、柴田勲・末次利光・高田繁外野手などの選手が揃っていた。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 稲尾和久

    稲尾和久から見た堀内恒夫堀内恒夫

    日本シリーズでは、51年後の吉川光夫と共にシリーズ史上2人しかいない「パ・リーグ高卒新人投手として先発登板」を記録(セ・リーグ高卒新人では堀内恒夫・石井一久)。稲尾和久 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1994年10月5日、神宮球場でのヤクルト戦に先発登板した際は、8回2死までノーヒットノーランに抑え、堀内コーチの指示で、8日に備えるため、完封のかかった9回を回避、降板。7日夜、宿舎で長嶋監督から呼び出され、「しびれるところで、いくぞ」と言われて、意欲満々で試合当日に臨んだ。桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 武宮敏明

    武宮敏明から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1953年に2軍監督、コーチに就任。同時に川崎市中原区新丸子に所在していた巨人の合宿所「多摩川寮」寮長となった。規則に大変厳しく、午後10時の門限やその他規則を破った選手には容赦なく鉄拳が飛んだという。しかし武宮の功績もあって多摩川寮からは王貞治、柴田勲、堀内恒夫ら主力となる選手が続々と輩出され、「V9」達成など巨人史に功績を残していくこととなった。武宮敏明 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の日本シリーズ

    1976年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    (巨)堀内、●小林(1敗) - 吉田孝1976年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    第1戦、両軍投手陣が踏ん張り5回まで0が並び、膠着状態が続いたが、全パは広瀬叔功(南海)の3ラン本塁打で先制した。その後も得点を重ねた全パが戦勝。第2戦、ドラフト1期生の堀内恒夫(全セ・巨人)、森安敏明(全パ・東映)が登場(第3戦には近鉄の鈴木啓示も全パ2番手として登板)。試合そのものは榎本喜八(東京)の2打席連続本塁打で全パが2連勝した。第3戦は古葉毅(現・竹識)が5回に2ラン本塁打を打ち、全セが一矢報いた。1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
179件中 1 - 10件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード