179件中 91 - 100件表示
  • ジミー・ジョーンズ (野球)

    ジミー・ジョーンズ (野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    カーブ、チェンジアップのほか、鋭いスライダーなど多彩な変化球を駆使した。長い腕をしならせるフォームから低めに制球し、大崩れしにくいタイプだと言われた。スタミナに不安があるため巨人では100球をメドに交代していたが、5回までは安心して試合を任せられるとコーチの堀内恒夫は評している。ジミー・ジョーンズ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1966年の野球

    1966年の野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    7月27日 - 読売ジャイアンツのルーキー堀内恒夫投手が開幕から13連勝。1966年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤豊

    須藤豊から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1993年、長嶋監督の要請で巨人のヘッドコーチとして2度目の復帰。には参謀役としてチームのリーグ優勝、日本一に貢献した。退団。野球解説者を経て、に西武のヘッドコーチに就任。同年7月10日の近鉄戦で東尾修監督が審判への暴力行為で3試合出場停止処分となり3試合監督代行を務めた。退任。にヘッドコーチとして巨人に復帰。堀内恒夫新監督の参謀役を期待されるもチームは思うように機能せず、同年退団。須藤豊 フレッシュアイペディアより)

  • 高倉照幸

    高倉照幸から見た堀内恒夫堀内恒夫

    に宮寺勝利との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。移籍一年目は2本塁打を記録するが、いずれも10月10日の対広島戦(後楽園)においてで、この試合で高倉は通算1500本安打を達成している。またこの試合において巨人は、2回から7回にかけて高倉と堀内恒夫、瀧安治、末次利光と合わせて日本プロ野球記録となる6イニング連続本塁打を記録、新記録は7回高倉のこの日2本目の本塁打によって達成されている。右肘の故障で途中欠場するも好調を維持し、日本シリーズでも優勝に貢献する。しかしには強肩好打の高田繁が入団、故障もあって不本意な成績に終わり、オフに自由契約となる。翌にアトムズに移籍。に現役引退。高倉照幸 フレッシュアイペディアより)

  • 1967年の野球

    1967年の野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    10月10日 - 巨人の堀内恒夫が対広島カープ戦(後楽園)でノーヒットノーランを達成。掘内は打っても日本プロ野球初となる投手による3打席連続本塁打を記録。巨人の高倉照幸が通算1500本安打達成。巨人はこの試合2回から7回にかけて、堀内、高倉と瀧安治、末次利光によって日本プロ野球記録の6イニング連続本塁打を記録。1967年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た堀内恒夫堀内恒夫

    に巨人に復帰したものの、当時投手コーチの堀内恒夫が復帰に猛反発した事が影響し、一軍登板は無く、同年に引退した。当初はシーズン中の引退試合も検討されたが、チームが最終戦まで中日と優勝争いを繰り広げた(10.8決戦)ために見送られ、入団以来のライバルで親友でもある定岡正二の企画の下、多摩川グラウンドで引退試合を行った。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た堀内恒夫堀内恒夫

    2005年、巨人に金銭トレードで移籍した経緯として、報道によると、契約更改交渉予定だったが予定時間が二転三転し、交渉は行われたものの、その場で金銭トレード(推定1億円)での巨人移籍が通告され、その数時間後に巨人で入団会見をするという急な移籍となった。ファンの感情的な憶測とは裏腹に『「バレンタイン流マネジメント」の逆襲(高橋徹・著、講談社・刊)』によれば、金銭トレードはボビー自身が主導したもので巨人1球団に対してというものでもなかったようである。不要な選手を放出して資金を捻出しただけとバレンタイン監督自身はMLB出身の監督らしく極めて冷静に振り返っている(小坂の守備力を高く評価していた一方、打撃力の低さを短所とみており、2005年に残したような成績を来季以降も残せると判断していなかったようである)。一方、巨人清武代表は入団会見で小坂に関し「1年前から狙っていた選手のひとり」と相反するコメントを残している(伏線になる事実としては、2004年オフ、正二塁手仁志敏久がFA権行使しメジャーリーグ移籍を試みており、当時の巨人堀内恒夫監督もクラシカルな守りの野球を掲げ仁志流出を危惧していた。仁志の代替選手をリストアップしており、小坂がその数名のリストのなかに入っていたのではないかと思われる)。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本シリーズ

    1986年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    実況:加藤進 解説:村山実、池谷公二郎、堀内恒夫 ゲスト解説:長嶋茂雄、大石大二郎(近鉄)1986年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1972年の日本シリーズ

    1972年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    西本幸雄監督率いる阪急ブレーブスと川上哲治監督率いる読売ジャイアンツの2年連続の対決となった1972年の日本シリーズは、巨人が4勝1敗で勝利し、8年連続14度目の日本一。注目は、この年に日本記録の106盗塁を残した快足福本豊。しかし、巨人は緻密な野球で福本の足を完全に封じ込め、阪急が勝利を収めた第3戦で決めた1盗塁に抑え込んだ。一方、巨人は第5戦の3回、王貞治、長嶋茂雄が連続本塁打。末次民夫が歩くと、黒江透修、森昌彦がまた連続本塁打とこの回だけで4本塁打と畳み掛けた。また守備でも明暗を分けた。打力重視で起用された阪急のソーレルはミスが続出、一方、巨人の守備陣は随所にファインプレーが出る。これもち密なデータに裏付けされたものだった。2勝をあげ、第2戦で勝ち越し二塁打を放った堀内恒夫がMVPに選出された。また、この年は選手としての長嶋茂雄にとって、最後の日本シリーズ出場となった。1972年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た堀内恒夫堀内恒夫

    2004年、堀内恒夫が監督に就任し、守備重視の戦略を採ったため再び外野に専念した。また、前年の低打率もあり打席は左一本に絞った。レギュラー選手の力を高めて戦う方針に変わったことで「一芸選手」の鈴木の出場機会は減った。選手層の豊富な外野ではレギュラーを奪えずに代走での出場が主になったが、それでもチームトップの9盗塁を記録した。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

179件中 91 - 100件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード