212件中 101 - 110件表示
  • 1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    日本テレビ 実況:小川光明 解説:金田正一 ゲスト解説:堀内恒夫(巨人コーチ)、有藤道世1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 須藤豊

    須藤豊から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1993年、長嶋監督の要請で巨人のヘッドコーチとして2度目の復帰。には参謀役としてチームのリーグ優勝・日本一に貢献した。退団。その後はには日本放送協会(NHK)野球解説者を経て、に西武のヘッドコーチに就任。同年7月10日の近鉄戦で東尾修監督が審判へ暴力行為を振るい3試合出場停止処分となり、3試合監督代行を務めた。退任。にヘッドコーチとして巨人に復帰。堀内恒夫新監督の参謀役を期待されるもチームは思うように機能せず、同年退団。須藤豊 フレッシュアイペディアより)

  • 河原純一

    河原純一から見た堀内恒夫堀内恒夫

    に就任した新監督の堀内恒夫はストッパーとしての復活に期待するが、故障で出遅れる。5月に一軍に合流し立て続けに2セーブを記録するが5月23日の阪神戦では1点リードを守れずサヨナラ負けを喫すなど早くも配置転換となった。この年は前年を下回る13試合の登板に留まった。河原純一 フレッシュアイペディアより)

  • 野村祐輔

    野村祐輔から見た堀内恒夫堀内恒夫

    は開幕から一軍の先発ローテーションの一角を担うと、4月8日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)でプロ初勝利。4月29日の対東京ヤクルトスワローズ戦では、8回を被安打1と好投した末に、本拠地・マツダスタジアムでの初勝利を挙げた。前半戦で7勝(3敗)を挙げるほどの好調を受けて、オールスターゲームにも、新人ながらセントラル・リーグ(セ・リーグ)の監督推薦選手として初出場。第2戦(7月21日・松山坊っちゃんスタジアム)6回表から救援で登板すると、3回無失点という好投で敢闘賞に選ばれた。一軍公式戦通算では、9勝11敗と負け越したものの、防御率1.98を記録。セ・リーグの一軍公式戦で最終規定投球回に到達した末に防御率1点台を記録した新人投手は、1966年の堀内恒夫以来46年振り5人目であった。シーズンの終了後には、パ・リーグの益田直也とともに、平成生まれの選手では初めて新人王に選ばれている。野村祐輔 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ報知

    スポーツ報知から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1989年に、前年に現役(阪神タイガース)を引退したばかりの掛布雅之とジャイアンツOB・堀内恒夫が共演したCMが放送されていた。スポーツ報知 フレッシュアイペディアより)

  • 清水隆行

    清水隆行から見た堀内恒夫堀内恒夫

    ''、監督就任した堀内恒夫の方針により再び2番打者としての出場になる。開幕前には同じ外野手の斉藤宜之の成長もあり一塁手の練習を提案されたものの、開幕するとシーズンのほとんどで2番・左翼手としてスタメン出場を果たした。2年振りの打率3割をマーク、自己最多の16本塁打を記録。清水隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 燃えろ!!プロ野球

    燃えろ!!プロ野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    2Pでは、セ・パ12チームのほかにStというOB選手によるチームが使用できる。登場する野手はタカキ゛、コウシ゛、ハリモト、ミスタG、タフ゛チ、オオスキ、ヒロオカ、ノムラ、カワトウ、ナカニシ、トヨタ゛、ヤマウチ、イセ、ヒロセ、オウ、タカイ、オオヤ、ヤサ゛ワ。投手はムラヤマ、イナオ、ヒラマツ、カネタ゛、スス゛キ、エモト、アキヤマ、ホリウチ、オオトモ、エナツ、エイシ゛、コヤマ。燃えろ!!プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川緑地広場硬式野球場

    多摩川緑地広場硬式野球場から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1955年、当時の建設省から巨人が敷地を借り受け、グラウンドの整備を行い、かつ、付随する施設を建設した。同年6月11日開場。巨人の第3期黄金時代(V9。1961年 - 1974年)を築いた城之内邦雄、森昌彦、長嶋茂雄、王貞治、黒江透修、柴田勲、土井正三、堀内恒夫、渡辺秀武、高橋一三、末次利光、高田繁といった名選手もこの多摩川の地で鍛え上げられた。多摩川緑地広場硬式野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 田中幸雄 (内野手)

    田中幸雄 (内野手)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    18歳5ヶ月で本塁打:上記「初本塁打」の試合。ドラフト制度実施後の選手としてはの堀内恒夫(読売ジャイアンツ)と森安敏明(東映フライヤーズ)、5月27日の谷繁元信(横浜大洋ホエールズ)と並び史上2位の年少記録。1位は18歳4ヶ月の高橋周平(中日ドラゴンズ、1994年1月18日生)で、6月17日に打った。田中幸雄 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 高木琢也

    高木琢也から見た堀内恒夫堀内恒夫

    長崎県南高来郡北有馬町(現・南島原市)出身。小学生時代は野球少年で、「堀内2世」と周囲に言われた豪腕投手だった。高木琢也 フレッシュアイペディアより)

212件中 101 - 110件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード