212件中 111 - 120件表示
  • 1967年の野球

    1967年の野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    10月10日 - 巨人の堀内恒夫が後楽園球場での対広島22回戦に先発し、ノーヒットノーランを達成。また打撃では2、4、6回と3打席連続本塁打を記録。1967年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県営兼六園野球場

    石川県営兼六園野球場から見た堀内恒夫堀内恒夫

    上記1949年4月26日の巨人対大映戦では巨人・川崎徳次が大映打線に8本の本塁打を打たれて13失点しながら、自らも打つ方で3本の本塁打を含む4安打9打点を挙げる活躍をして完投勝ちした。1試合での被本塁打8はNPB記録であり、失点13も勝利投手の失点数としては最多である。また、投手の1試合3本塁打は後輩の堀内恒夫と合わせて2人しか記録しておらず、1試合9打点も投手が1試合で記録した打点としては最多である。石川県営兼六園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 小川亨

    小川亨から見た堀内恒夫堀内恒夫

    宮崎商業高校では四番打者、中堅手として1963年夏の甲子園県予選決勝に進出。清俊彦投手を擁する高鍋高を破り夏の甲子園への出場を決める。しかし大会では2回戦に進出するものの、甲府商の大石勝彦(大洋-東映)、堀内恒夫両投手の継投に敗れた。高校同期に高橋博士捕手、1年下に山本真一三塁手、2年下には控え投手の水谷実雄がいた。その後、高校日本代表として高橋や池永正明、和田徹らとともにハワイに遠征を経験。小川亨 フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見た堀内恒夫堀内恒夫

    2010年参議院選挙では阿達雅志(自民党・繰り上げ当選)、堀内恒夫(自民党・繰り上げ当選)、三原じゅん子(自民党)、谷亮子(民主党(現・生活の党と山本太郎となかまたち))、有田芳生(民主党)、真山勇一(みんなの党(現・民進党)・繰り上げ当選)が当選。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た堀内恒夫堀内恒夫

    に入団テストを経て巨人に復帰したものの、当時投手コーチの堀内恒夫が復帰に猛反発した事が影響し、オープン戦でも1度しかチャンスを与えて貰えずペナントレースでは一軍登板は無く、同年10月13日に引退を表明した。東京スポーツの運動部デスク・溝口拓也によると堀内だけが「西本なんていらねえ」と言っていたという。当初はシーズン中の引退試合も検討されたが、チームが最終戦まで中日と優勝争いを繰り広げた(10.8決戦)ために見送られ、シーズンオフの1995年1月21日に入団以来のライバルで親友でもある定岡正二の企画の下、多摩川グラウンドで引退試合が行われた。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 広野功

    広野功から見た堀内恒夫堀内恒夫

    大学卒業時にはロサンゼルス・ドジャースからも誘われたが、のドラフト第1期生(3位)で中日ドラゴンズに入団。ジム・マーシャルが抜けた正一塁手の最有力候補として期待がかけられていたが、オープン戦で右肩を脱臼。再起不能とまで言われたが、5月には一軍に合流し、三番・一塁手のレギュラーを獲得。100試合に出場して、打率.277、13本塁打を記録する。また、8月2日には巨人の堀内恒夫から逆転サヨナラ満塁本塁打を放っている。翌は規定打席に達し、打率.233(リーグ26位)ながら19本塁打を記録。には田中勉との交換トレードで西鉄ライオンズに移籍。20勝できる投手が欲しかった中日側の希望によるトレードであったが、サンケイがデーブ・ロバーツを交換相手に田中を狙っているとの情報を察知した中日は、将来復帰させるからと広野を説得して送り出している。西鉄ではクリーンアップを任されてには20本塁打を放ち、同年にはオールスターゲームに初出場。は黒い霧事件で野球に嫌気がさして不調に陥り、打率.188と低迷する。に高橋明・田中章・梅田邦三と広野・浜村健史の3対2の交換トレードで、読売ジャイアンツに移籍。なお、広野の巨人への移籍が決まった際には、将来中日に復帰させる前提で西鉄に送り出したはずの広野を巨人に持って行かれたとして、広野の交換要員であった田中が黒い霧事件で引退(実質的に追放)していたこともあって、中日に対してファンから抗議が相次いだという。巨人ではON砲の後を打つ五番打者・右翼手として期待され、特別に山内一弘コーチが付けられて多摩川グラウンドでマンツーマンによる特訓を受けた。5月に一軍に昇格すると、5月20日のヤクルト戦(福井)で会田照夫から代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放つ。なお、逆転サヨナラ満塁本塁打を2本打った選手は、現在まで広野ただ一人である。次の試合から五番・右翼手として先発出場するが、5月23日の大洋戦で平松政次から死球を受け右手指を骨折し、1ヶ月ほど戦列を離れる。結局この年は76試合の出場に留まり、打率.255、4本塁打の成績に終わる。その後も持病となった右肩の調子が思わしくなく、末次民夫との右翼手のレギュラー争いに敗れて出場機会が減り、・ともに打率1割台と成績を残せなかった。なお、1973年には中日戦で再び代打逆転満塁本塁打を打っている。には金銭トレードで中日に移籍。西鉄の後身である太平洋の稲尾和久監督からの、引退後にコーチ就任の条件を付けたオファーを断って、かねてからの約束通りの復帰であったが、主に代打で1割台の打率に終わり、この年限りで引退。この年10月14日に行われた長嶋茂雄の引退試合では中日の五番打者・一塁手としてフル出場。これが広野にとっても現役最終試合となった。広野功 フレッシュアイペディアより)

  • 永淵洋三

    永淵洋三から見た堀内恒夫堀内恒夫

    翌年のからは野手に専念。同年のオールスターゲーム第3戦では、堀内恒夫よりソロホームランを放ち、さらに金田正一、高橋一三からも安打を記録する。3番右翼として127試合に出場し、打率.333を記録。首位打者を張本勲と分け合った。張本のいる東映が先に全日程を終了し、永淵のいる近鉄が2試合を残している時点で永淵の打率が張本を上回っており、永淵は残り2試合を欠場すれば単独で首位打者を獲得出来る状況ではあったが、チームが阪急との残り2試合の直接対決を連勝すれば逆転優勝するチャンスであったため欠場するわけにはいかず、最初の試合はスタメンで出場した。しかし、この試合で近鉄は阪急に敗れ、阪急のリーグ3連覇が決まり、近鉄は優勝を逃した。永淵自身もこの試合は4打数1安打となり、打率2位だった張本と並んだ。そして最終戦は欠場し、張本と首位打者を分け合った。この時酒好きであったことから当時の新聞などには「酒(主)力打者」と書かれた。永淵洋三 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺秀武

    渡辺秀武から見た堀内恒夫堀内恒夫

    最初の3年間はわずか3勝と低迷し、マウンド上での気の弱さも相まってメリーちゃんのあだ名で呼ばれた(当時の寮長であった武宮敏明が、バャリースオレンヂのテレビCMに出ていたチンパンジーの「メリーちゃん」を「渡辺に似ている」と言った事が始まり)。4年目ののオープン戦中に、杉浦忠を真似てアンダースローで投げたところ、伸びのある直球が行く。これを見つけた投手コーチの藤田元司の勧めで下手投げに転向してから頭角を現し、同年に13勝、防御率2.34(リーグ8位)を挙げる。以降、堀内恒夫や高橋一三と並んで、V9時代の巨人の主戦投手として活躍し、1972年までの7シーズンで6度の二桁勝利を記録した。この間のには23勝(リーグ2位)とチームトップの勝ち星を挙げるとともに、5月18日の広島戦でノーヒットノーランを達成する。また、翌の8月4日には大洋相手に三者連続三球三振の記録を達成している。渡辺秀武 フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩二

    山本浩二から見た堀内恒夫堀内恒夫

    450本塁打:1983年10月3日、対読売ジャイアンツ25回戦(浜松球場)、7回表に堀内恒夫から左越ソロ ※史上7人目山本浩二 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・デービス (野球)

    ウィリー・デービス (野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    初安打:同上、4回表に堀内恒夫から単打ウィリー・デービス (野球) フレッシュアイペディアより)

212件中 111 - 120件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード