212件中 121 - 130件表示
  • 手塚昌利

    手塚昌利から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1998年から阪神タイガースのオーナー代行を務め、オーナーの久万俊二郎を支えていた。2004年、一場靖弘(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)への裏金問題の発覚による久万の引責辞任に伴い、第7代オーナーに就任。2005年に読売ジャイアンツ監督・堀内恒夫の後任として星野仙一シニアディレクターが候補に挙げられた。この件に関して久万は『星野さんが巨人の監督になってもいいじゃないですか』と発言したのに対し、手塚は『誠に遺憾である』と反対意見を述べた(結果、星野は巨人監督就任を断って阪神シニアディレクターを続投した)。手塚昌利 フレッシュアイペディアより)

  • 外木場義郎

    外木場義郎から見た堀内恒夫堀内恒夫

    豪速球と縦に鋭く割れるカーブを武器とした。外木場の投げるカーブは堀内恒夫などに見られるタイミングを外すカーブとは異なり、メジャーリーグにおいて "power curve" と呼ばれる、曲がりの鋭さで打者を翻弄するものであった。外木場義郎 フレッシュアイペディアより)

  • 牧野茂 (野球)

    牧野茂 (野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    堀内恒夫を「野手に転向して打撃に打ち込ませていたら、(打者として名球会に入った)柴田勲以上に大成していた」と太鼓判をおしたことがある。牧野茂 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 長崎慶一

    長崎慶一から見た堀内恒夫堀内恒夫

    100本塁打:1980年8月9日、対読売ジャイアンツ18回戦(横浜スタジアム)、7回裏に堀内恒夫からソロ ※史上114人目長崎慶一 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の野球

    1975年の野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    巨人の堀内恒夫が後楽園球場での対対阪神6回戦で2勝目を挙げ、プロ通算150勝を達成。1975年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 武田翔太

    武田翔太から見た堀内恒夫堀内恒夫

    ''、ウエスタン・リーグで6月10日からの先発登板3試合15イニングで自責3、防御率1.80と好投し、一軍では5勝の新垣渚が7月1日に抹消される台所事情により、7月7日に一軍へ昇格。同日札幌ドームで行われた対北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板初先発を果たし、初回に柳田悠岐のレフト前タイムリーヒットで先制点を貰うと6回を投げ1安打1四球1死球4奪三振と好投しプロ初勝利を挙げた。球団の高卒新人の初登板初勝利は、井上祐二以来31年ぶりの快挙、高卒ルーキーの初登板初勝利は2年ぶり17人目となる。続く7月14日の対千葉ロッテマリーンズ戦でも先発、5回に本多雄一の走者一掃先制三塁打で3点の援護を貰うと6回を投げ4安打2四球8奪三振無失点と好投し2連勝、本拠地福岡Yahoo!JAPANドームでの初白星を手にした。なお高卒初登板からの2連勝は球団史上初の記録である。7月19日のフレッシュオールスターゲームにも6回2点リードから5番手として登板し、6者連続の凡退に抑えて、同試合の優秀選手賞を受賞した。8月4日の対埼玉西武ライオンズ戦では初の二桁三振(10奪三振)を記録して3勝目となった。8月19日の対オリックス・バファローズ戦で5回2失点の好投で4勝目を挙げた。高卒ルーキーのデビューから先発で無傷の4連勝はの堀内恒夫以来46年ぶりの快挙となった。8月20日に疲労回復のため出場選手登録を抹消。9月2日に一軍へ戻ると、同日の対日本ハム戦に先発し、4回に中田翔にプロ初被本塁打となるツーランホームランを打たれるなど6回を投げ5安打2四球8奪三振2失点でプロ初黒星、本拠地初黒星となった。9月25日には対オリックス戦にて111球、4安打1四球とプロ初完封、完投勝利で7勝目を飾った。10月3日の対日本ハム戦では4試合連続勝利を記録した。最終的に、同年は8勝1敗、防御率1.07の成績を残した。新人王は得票数2位で受賞できなかったが、優秀新人賞として特別表彰された。クライマックスシリーズファーストステージは10月14日第2戦で吉川光夫以来5年ぶり6人目となる高卒新人によるポストシーズン先発を果たしたが、3回に捕まり2点ビハインド一死満塁で降板、2回1/3を投げ5失点(自責4)でポストシーズン初黒星となった。。オフの12月3日に初の契約更改交渉に臨み1,200万円増の年俸2.000万円(金額は推定)で契約した。2002年の寺原隼人の2倍を上回る高卒新人最高となる150%のアップ率だった。武田翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一久

    石井一久から見た堀内恒夫堀内恒夫

    、新人の石井は「将来のエース」として背番号16という若い数字を与えられて期待され、日本シリーズ第3戦では前代未聞となる「レギュラーシーズンで未勝利の高卒新人ながら先発登板」を果たす。高卒新人投手の先発登板自体、1953年の中村大成、1956年の稲尾和久、1966年の堀内恒夫、2007年の吉川光夫含めて5人だけ。全守備位置を通じて高卒新人のシリーズ先発出場は1988年の立浪和義以来4年ぶり、1990年代では唯一の事例。4回に2点を失い降板、敗戦投手となっている。石井一久 フレッシュアイペディアより)

  • 金田正一

    金田正一から見た堀内恒夫堀内恒夫

    有本義明は戦後最高のカーブの使い手として、堀内恒夫・江川卓と並んで金田を挙げている。金田正一 フレッシュアイペディアより)

  • 篠塚和典

    篠塚和典から見た堀内恒夫堀内恒夫

    初本塁打:1980年5月5日、対横浜大洋ホエールズ5回戦(後楽園球場)、9回裏に堀内恒夫の代打で出場、遠藤一彦からソロ篠塚和典 フレッシュアイペディアより)

  • ドカベン スーパースターズ編

    ドカベン スーパースターズ編から見た堀内恒夫堀内恒夫

    投手。2005年の東京との交流戦開幕試合(清原と同じ試合)で、堀内恒夫監督の奇策により先発。初回に山田に2ランを浴びるものの、その後は立ち直り無失点に抑え、勝利投手となる。ドカベン スーパースターズ編 フレッシュアイペディアより)

212件中 121 - 130件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード