179件中 11 - 20件表示
  • 山本功児

    山本功児から見た堀内恒夫堀内恒夫

    引退後は1989年?1993年までロッテ一軍打撃コーチ、1994年は二軍打撃コーチ、1995年?1996年まで再び一軍打撃コーチ、1997年から1998年まで二軍監督を経て1999年から2003年までロッテ監督に就任。辞任後、2004年チームの先輩である堀内恒夫新監督の要請で古巣・巨人の二軍ヘッド兼打撃コーチに就任、翌2005年からは一軍ヘッドコーチとなる。しかし、チームの不振で堀内は辞任、山本も同年限りで退団した。翌年の2006年から2007年までスポーツ報知野球評論家、アール・エフ・ラジオ日本(ジャイアンツナイター)野球解説者を務めた。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年の日本シリーズ

    1970年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    ロッテ・木樽正明と巨人・堀内恒夫が息詰まる投手戦を展開。4回表、ロッテは2つの四球と山崎裕之のヒットで2死満塁のチャンスで、早くも千田啓介に代打の切り札・江藤慎一を送るが、堀内が気迫を見せて三振に打ち取った。ロッテは5回にも2死満塁のチャンスを迎えるが、有藤通世がショートゴロでチャンスを生かせなかった。11回裏、巨人の黒江透修が木樽の140球目をとらえサヨナラホームラン。堀内は158球を投げ、延長11回を完封した。巨人の日本シリーズでのサヨナラ勝ちは1965年・対南海第5戦(土井のタイムリーで日本一決定)以来5年ぶり3度目(サヨナラホームランでの決着は巨人では初。全体としても前年の対阪急第2戦の長池徳士のタイムリーに続いて史上13回目のサヨナラゲーム)。1970年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見た堀内恒夫堀内恒夫

    この間長嶋は監督にとどまり続けるが、シーズンオフになるたびに後継監督候補として、堀内恒夫や森、江川などのOBの名が取りざたされた。その中、後任とさせるために1998年より原辰徳を一軍コーチとして入閣させる。長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤公康

    工藤公康から見た堀内恒夫堀内恒夫

    8月17日、対ヤクルト戦で2失点完投勝利。通算200勝を達成した。元広島東洋カープの北別府学以来12年ぶり、史上23人目、巨人在籍投手としては監督の堀内恒夫以来24年ぶり5人目。41歳3か月での200勝は当時の史上最年長記録となった。この試合では自ら決勝本塁打を打って、大記録に花を添えている。41歳、23年目でのプロ入り初本塁打はそれぞれ史上最も遅い記録である。本人は、「パ・リーグで打席に立つことがなかったのだから、(セ・リーグに移籍して)5年目の初ホームラン」と語っている。なお、工藤がプロ野球公式戦で放ったホームランはこの1本だけである。工藤公康 フレッシュアイペディアより)

  • 江夏豊

    江夏豊から見た堀内恒夫堀内恒夫

    からは血行障害や心臓疾患が悪化し、肩痛・肘痛を抑えるために服用していた痛み止めなどの影響で体重も激増。同世代のライバルであった巨人・堀内恒夫に先んじて通算150勝を達成するも、成績は年々下降していた。江夏豊 フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た堀内恒夫堀内恒夫

    この時、堀内恒夫を投手として招き、正真正銘の最終打席を行った。結果は、堀内の渾身のストレートにより、空振り三振に仕留められた。また入団時のポジションである投手に戻って堀内と勝負したが、こちらも堀内にレフトに本塁打を浴びた。王の最後の打席への堀内の投球は、1球目にドロップ (縦のカーブ) 、2球目もドロップ、3球目にストレートであった。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • アル・バーリック

    アル・バーリックから見た堀内恒夫堀内恒夫

    1968年11月7日に新潟市営鳥屋野野球場で行われた日米野球の試合で、3回にカージナルスのカート・フラッドが巨人の堀内恒夫から放った打球は、球場のフェンスに跳ねてスタンドに入る。塁審の平光清は本塁打を宣告するが、これに巨人の黒江らが、打球がフェンスの内側で跳ねたと主張し、審判団での協議を求めた。平光が審判を集めようとしたところ、一塁塁審をしていたバーリックが、『君がホームランと言ったのなら、それでいいんだ』と大声で諭し、巨人軍側の抗議を一蹴してしまった。アル・バーリック フレッシュアイペディアより)

  • 優勝予告

    優勝予告から見た堀内恒夫堀内恒夫

    前年まで3年連続で優勝を逃してきた巨人は、監督の堀内恒夫を解任。原辰徳が監督に就任した。また李承燁、野口茂樹、豊田清、ジェレミー・パウエルらを獲得し、優勝への期待が高まった。「優勝予告」という言葉はそういった状況から生まれたと思われる。「優勝予告」と題されたFlashも作成された。(後述)しかし、開幕直後は好調だったもののシーズン途中で失速してしまい、最終的には4位という不本意な成績しか残せなかった。優勝予告 フレッシュアイペディアより)

  • 悪太郎

    悪太郎から見た堀内恒夫堀内恒夫

    堀内恒夫(元東京讀賣巨人軍選手。悪太郎というニックネームがあった)悪太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚昌利

    手塚昌利から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1998年から阪神タイガースのオーナー代行を務め、オーナーの久万俊二郎を支えていた。2004年、一場靖弘(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)への裏金問題の発覚による久万の引責辞任に伴い、第7代オーナーに就任。2005年に読売ジャイアンツ監督・堀内恒夫の後任として星野仙一シニアディレクターが候補に挙げられた。この件に関して久万は『星野さんが巨人の監督になってもいいじゃないですか』と発言したのに対し、手塚は『誠に遺憾である』と反対意見を述べた(結果、星野は巨人監督就任を断って阪神シニアディレクターを続投した)。手塚昌利 フレッシュアイペディアより)

179件中 11 - 20件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード