212件中 11 - 20件表示
  • 2005年の読売ジャイアンツ

    2005年の読売ジャイアンツから見た堀内恒夫堀内恒夫

    この年の読売ジャイアンツは、堀内恒夫監督の2年目のシーズンである。2005年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1967年の読売ジャイアンツ

    1967年の読売ジャイアンツから見た堀内恒夫堀内恒夫

    10月10日 - 堀内恒夫投手、広島カープ戦(後楽園球場)でノーヒットノーラン達成。おまけに自ら3本の本塁打を連発する快挙。これを含めて2回から7回まで6イニング連続本塁打の新記録も達成する。因みにこの試合では長嶋茂雄三塁手は欠場、王貞治一塁手はノーヒットだった。1967年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1970年の日本シリーズ

    1970年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    ロッテ・木樽正明と巨人・堀内恒夫の投手戦となった。4回表、ロッテは2つの四球と山崎裕之のヒットで二死満塁のチャンスで、早くも千田啓介に代打の切り札・江藤慎一を送るが、三振に倒れた。ロッテは5回にも二死満塁のチャンスを迎えるが、有藤通世がショートゴロでチャンスを生かせなかった。11回裏、巨人の黒江透修が木樽の140球目をとらえサヨナラ本塁打。堀内は158球を投げ、延長11回を完封した。巨人の日本シリーズでのサヨナラ勝ちは1965年の対南海第5戦(土井のタイムリーで日本一決定)以来5年ぶり3度目(サヨナラ本塁打での決着は巨人では初。全体としても前年の対阪急第2戦の長池徳士のタイムリーに続いて史上13回目のサヨナラゲーム)。1970年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • カーブ (球種)

    カーブ (球種)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    カーブの中でも特に球速が遅く、なおかつ大きく曲がる物をスローカーブと称する事がある。80?90km/h程度のスローカーブを投げる投手もおり、速球との球速差が40?50km/h以上になる事もある。打者から見れば速球との球速差が大きくてタイミングを合わせにくく、上から落ちて来るような軌道でストライクゾーンに入って来るためミートしにくい。直球が速いほど球速差が大きく効果的なため、金田正一、堀内恒夫、今中慎二などの速球派投手が得意とした。逆に直球の遅い投手が緩急をつける目的で多投することもあり、星野伸之、石川雅規、山本昌、田口麗斗などがその典型である。カーブ (球種) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    福岡ソフトバンクホークスのリック・バンデンハークが日本デビューから11連勝。堀内恒夫以来50年ぶり。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の読売ジャイアンツ

    2004年の読売ジャイアンツから見た堀内恒夫堀内恒夫

    この年の読売ジャイアンツは、堀内恒夫監督の1年目のシーズンである。2004年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 山本功児

    山本功児から見た堀内恒夫堀内恒夫

    辞任後の2004年には、二軍ヘッド兼打撃コーチとして巨人に復帰した。これは、同年に、巨人時代の先輩である堀内恒夫が同球団の一軍監督へ就任し、堀内からの要請があったため。翌2005年からは一軍ヘッドコーチとなるが、チームの不振で堀内は辞任し、山本も同年限りで退団。ここで初めて現場から離れたこととなり、復帰もなかった。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1974年11月21日、巨人の監督に就任した長嶋は、「クリーン・ベースボール」を標榜した。前監督の川上が築き上げた確率野球(自らの失策を減らし、相手の失策を誘い、そこにつけこんで勝利するスタイル)を捨て、投、打の力量差がそのまま勝敗につながるという信念のもとにチームを再編。そのためヘッドコーチに関根潤三、投手コーチに宮田征典、守備・走塁コーチ補佐に黒江透修、バッテリーコーチに淡河弘などをそれぞれ招聘し、川上は作戦コーチの牧野茂、投手コーチの藤田元司に残るように要請し、森昌彦をコーチで残せ、堀内恒夫をトレードで出せとアドバイスしたが、長嶋は川上時代のコーチ陣を一掃し、川上のアドバイスをすべて蹴っている。当時の長嶋は森とは犬猿の仲であった。新背番号は「90」。新背番号を考えていた長嶋は当時小学生の息子の一茂に相談した際に「現役のときは3つの3があった(打順が3番、背番号3、3塁手)から、3を3つ足して9」と言われ、それをきっかけに「90」にした(当時背番号9は吉田孝司が付けていたため)。長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た堀内恒夫堀内恒夫

    この時、堀内恒夫を投手として招き、正真正銘の最終打席を行った。結果は、堀内の渾身のストレートにより、空振り三振に仕留められた。また入団時のポジションである投手に戻って堀内と勝負したが、こちらも堀内にレフトに本塁打を浴びた。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 福本豊

    福本豊から見た堀内恒夫堀内恒夫

    野村克也は、福本について「(こちらが)走ると思うと走らない。走らないと思うと走る。あいつに鍛えられた」と評している。また、堀内恒夫は「福本はクロスプレーも巧い。福本は、クロスプレーの際に相手の捕手がベースを覆い隠していた場合には、相手の脚の関節をスパイクの裏で蹴るらしい。そうすることにより、自然に相手の足が動いて隠れていたホームベースがあらわれる」と語っている。福本豊 フレッシュアイペディアより)

212件中 11 - 20件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード