179件中 21 - 30件表示
  • 勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー

    勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレーから見た堀内恒夫堀内恒夫

    レギュラーパネラーの広瀬は、毎回のように「生涯ホームラン12本」「俳優デビューや歌手デビュー」をネタにされていた(「堀内恒夫がピッチャーでありながら21本のホームランを打っているのに、野手の広瀬は逆の12本」など)。また定岡正二も「野球選手として認識されていない(専門的なコメントをして笑われる)」、「引退後の村田兆治が時速140kmで投げられるのに現役時代の定岡は110?133km」など、ヘナチョコなキャラクターをネタにされている。勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー フレッシュアイペディアより)

  • クリス・レイサム (野球)

    クリス・レイサム (野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    2003年オフには解雇もあると見られていたが新監督となった堀内恒夫の方針もあり残留。しかし、2004年は1軍昇格は一度も無く、そのまま退団となった。クリス・レイサム (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 海老沢泰久

    海老沢泰久から見た堀内恒夫堀内恒夫

    ただ栄光のために 堀内恒夫物語 新潮文庫 1985 のち文春文庫海老沢泰久 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小さん (6代目)

    柳家小さん (6代目)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    父・5代目小さん没後、当初6代目小さんは兄弟子10代目柳家小三治が最有力だったが、小三治は小さんを継がないとしたため、6代目柳家小さんを襲名した。襲名の際山田洋次、5代目中村富十郎、2代目中村吉右衛門、堀内恒夫らが祝いのコメントを出し、落語芸術協会会長・桂歌丸も「三語楼(当代小さん)には先代のその上の天然記念物になってほしい」と言うコメントを出して後輩の門出を祝った。柳家小さん (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 和田徹

    和田徹から見た堀内恒夫堀内恒夫

    明星高校では、3年生時の1963年に全国高校野球選手権で正捕手としてチーム(監督は真田重蔵)の優勝に貢献した。なおチームの2年後輩には、後に早稲田大学を経てプロ入りする阿野鉱二捕手がいた(阿野は、同じ中学の後輩でもあった)。また、3回戦で破った甲府商業高校の堀内恒夫外野手とは、後にプロで投手-打者として対戦する事となる。和田徹 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢次男

    金沢次男から見た堀内恒夫堀内恒夫

    巨人の堀内恒夫投手の引退試合において、彼の現役最終打席となる8回にホームランを打たれた。試合後の堀内選手からインタビューで「悪いことをした」とコメントされている。金沢次男 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤宜之

    斉藤宜之から見た堀内恒夫堀内恒夫

    この年ヤンキースに移籍した松井秀喜の抜けた外野をカバーし、故障した高橋由伸や不調の清水隆行に代わり外野の穴に収まりかける。原辰徳に代わり就任した堀内恒夫監督も外野のレギュラーの最有力候補として斉藤の名前を挙げていたものの、堀内在任時の・は故障が度重なり、リハビリに大半を費やしたような2年となってしまった。斉藤宜之 フレッシュアイペディアより)

  • 迫丸金次郎

    迫丸金次郎から見た堀内恒夫堀内恒夫

    初盗塁:1983年7月1日、対読売ジャイアンツ14回戦(後楽園球場)、9回表に二盗(投手:堀内恒夫、捕手:笹本信二)迫丸金次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    広島テレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:加藤進 (広島テレビ) 解説:中畑清、堀内恒夫 ゲスト:武豊1991年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    日本テレビ 実況:小川光明 解説:金田正一 ゲスト解説:堀内恒夫(巨人コーチ)、有藤道世1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

179件中 21 - 30件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード