212件中 31 - 40件表示
  • 小俣進

    小俣進から見た堀内恒夫堀内恒夫

    初奪三振:1975年5月28日、対読売ジャイアンツ6回戦(後楽園球場)、5回裏に堀内恒夫から小俣進 フレッシュアイペディアより)

  • 星一徹

    星一徹から見た堀内恒夫堀内恒夫

    堀内恒夫 - 巨人軍背番号18の後継者。息子飛雄馬の先輩選手として登場。星一徹 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のスポーツ

    1966年のスポーツから見た堀内恒夫堀内恒夫

    7月27日 - 読売ジャイアンツの堀内恒夫、開幕13連勝の日本タイ記録1966年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 史上最強打線

    史上最強打線から見た堀内恒夫堀内恒夫

    2003年の巨人は、前年限りでニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜の穴埋めが出来なかったことや、投手陣の崩壊によって3位となり連覇を逃したため監督の原辰徳が任期を1年残して辞任し堀内恒夫が後任の監督に就任する事態に至った。史上最強打線 フレッシュアイペディアより)

  • 参稼報酬調停

    参稼報酬調停から見た堀内恒夫堀内恒夫

    従来は、実際は調停委員を構成するコミッショナー及び連盟会長の任命権限は各球団にあるため、選手側が勝利する可能性は限りなく低かった。しかし、2009年に野球協約が改正され、調停委員会がコミッショナーから独立した。改正によって「中立機関」となった最初のケースである西武の涌井秀章の場合、調停委員会のメンバーは2人の弁護士と、前巨人監督で元選手の堀内恒夫の3名となった。参稼報酬調停 フレッシュアイペディアより)

  • 金沢次男

    金沢次男から見た堀内恒夫堀内恒夫

    巨人の堀内恒夫投手の引退試合において、彼の現役最終打席となる8回にホームランを打たれた。試合後の堀内選手からインタビューで「悪いことをした」とコメントされている。金沢次男 フレッシュアイペディアより)

  • アル・バーリック

    アル・バーリックから見た堀内恒夫堀内恒夫

    1968年11月7日に新潟市営鳥屋野野球場で行われた日米野球の試合で、3回にカージナルスのカート・フラッドが巨人の堀内恒夫から放った打球は、球場のフェンスに跳ねてスタンドに入る。塁審の平光清は本塁打を宣告するが、これに巨人の黒江らが、打球がフェンスの内側で跳ねたと主張し、審判団での協議を求めた。平光が審判を集めようとしたところ、一塁塁審をしていたバーリックが、『君がホームランと言ったのなら、それでいいんだ』と大声で諭し、巨人軍側の抗議を一蹴してしまった。アル・バーリック フレッシュアイペディアより)

  • 第15回日本レコード大賞

    第15回日本レコード大賞から見た堀内恒夫堀内恒夫

    堀内恒夫(読売ジャイアンツ投手。この年の日本シリーズでV9を達成し、シリーズMVP)第15回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年の読売ジャイアンツ

    1977年の読売ジャイアンツから見た堀内恒夫堀内恒夫

    堀内恒夫(投手、6年連続6度目)1977年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の野球

    1971年の野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    9月2日 - 中日球場で行われた中日対巨人23回戦の三回裏、中日の高木守道が巨人先発の堀内恒夫の投球を頭部に受け死球となり、これに怒った高木が堀内にヘルメットを投げつけて堀内の右肩にぶつかり、高木、堀内がともに負傷で試合を退く。1971年の野球 フレッシュアイペディアより)

212件中 31 - 40件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード