212件中 41 - 50件表示
  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    実況:新谷保志、解説:堀内恒夫2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • べしゃり暮らし

    べしゃり暮らしから見た堀内恒夫堀内恒夫

    名前の由来は堀内恒夫+大田泰示。べしゃり暮らし フレッシュアイペディアより)

  • 酒井順也

    酒井順也から見た堀内恒夫堀内恒夫

    投球スタイルは技巧派に近いが、球の球威とキレがあり、2004年に堀内恒夫監督が新守護神候補に酒井の名を挙げるなど期待されていた。しかし、制球の甘さが致命的な課題となっており、度々フォーム改造(オーバースローからサイドスローへ転向)なども試みていた。酒井順也 フレッシュアイペディアより)

  • 和田徹

    和田徹から見た堀内恒夫堀内恒夫

    大阪府堺市出身。明星高校では、3年生時の1963年に四番打者、捕手として春夏の甲子園に出場。真田重蔵監督の下、エース堀川浩伸(法大)とバッテリーを組み、チームを牽引する。春の選抜では1回戦で池永正明投手を擁する下関商に敗退、下関商はこの大会で優勝した。夏の選手権では順調に勝ち進み、準決勝で井上健仁(東映)、平岡一郎両投手のいた横浜高を降す。決勝で下関商と再び対決。接戦の末に1-2で雪辱し初優勝を飾った。なおチームの2年後輩には、後に早大を経て巨人入りする、控え捕手の阿野鉱二がいた。阿野は同じ浜寺中学の後輩でもある。また3回戦で対戦した甲府商の堀内恒夫外野手とも、後に巨人の投手として対戦することとなる。和田徹 フレッシュアイペディアより)

  • 西沢正次

    西沢正次から見た堀内恒夫堀内恒夫

    初安打:1971年6月16日、対読売ジャイアンツ9回戦(広島市民球場)、9回裏に堀内恒夫から西沢正次 フレッシュアイペディアより)

  • 大石勝彦

    大石勝彦から見た堀内恒夫堀内恒夫

    中学時代はエースピッチャーとして県大会優勝を経験。甲府商業高校ではエース、三番打者として、3年次の1963年に夏の甲子園へ出場。1回戦で武雄高に大勝、2回戦では高橋博、小川亨らのいた宮崎商を降し、山梨県勢初の3回戦に進出。しかしこの大会に優勝した明星高の堀川浩伸(法大)、和田徹のバッテリーに完封を喫する。高校同期に右翼手の雨宮捷年、2年下には控え投手の堀内恒夫がおり、この大会では2試合に登板している。大石勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・シピン

    ジョン・シピンから見た堀内恒夫堀内恒夫

    初本塁打:1972年4月25日、対読売ジャイアンツ4回戦(川崎球場)、7回裏に堀内恒夫から2ランジョン・シピン フレッシュアイペディアより)

  • セ・リーグオールスター東西対抗

    セ・リーグオールスター東西対抗から見た堀内恒夫堀内恒夫

    甲子園球場にとっては手書きスコアボードによる最後の試合となった(翌年、電光掲示板に全面改装)。また、巨人の同僚時代に兄貴分・弟分のような関係でもあった巨人・堀内恒夫と阪神・小林繁は共にこの大会が現役選手としての最終登板となった。セ・リーグオールスター東西対抗 フレッシュアイペディアより)

  • 勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー

    勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレーから見た堀内恒夫堀内恒夫

    レギュラーパネラーの広瀬は、毎回のように「生涯ホームラン12本」「俳優デビューや歌手デビュー」をネタにされていた(「堀内恒夫がピッチャーでありながら21本のホームランを打っているのに、野手の広瀬は逆の12本」など)。また定岡正二や宮本和知も「野球選手として認識されていない(専門的なコメントをして笑われる)」、「原辰徳と仲がいいことをアピールして顰蹙を買う」、「引退後の村田兆治が140km/hの直球を投げられるのに現役時代の定岡は133km/h」など、ヘナチョコなキャラクターをネタにされていた。勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・カークランド

    ウィリー・カークランドから見た堀内恒夫堀内恒夫

    1イニング2本塁打:1969年8月14日、対読売ジャイアンツ19回戦(後楽園球場)、2回表先頭で金田正一から右中間へソロ、2死3塁で堀内恒夫から右中間へ2ラン ※史上6人目ウィリー・カークランド フレッシュアイペディアより)

212件中 41 - 50件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード