179件中 41 - 50件表示
  • 寺田吉孝

    寺田吉孝から見た堀内恒夫堀内恒夫

    初本塁打:1979年8月8日、対読売ジャイアンツ14回戦(明治神宮野球場)、6回裏に西井哲夫の代打として出場、堀内恒夫から逆転決勝3ラン寺田吉孝 フレッシュアイペディアより)

  • 浅見源司郎

    浅見源司郎から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1983年10月22日の巨人対横浜大洋戦での堀内恒夫の引退試合(自らの現役最終打席で、金沢次男投手より本塁打を放ち花を添える。試合も巨人が勝利した)。浅見源司郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県営兼六園野球場

    石川県営兼六園野球場から見た堀内恒夫堀内恒夫

    上記1949年4月26日の巨人対大映戦では巨人の川崎徳次投手が大映打線に8本の本塁打を打たれて13失点しながら、自らも打つ方で3本の本塁打を含む4安打9打点を挙げる活躍をして完投勝ちした。1試合での被本塁打8はNPB記録であり、失点13も勝利投手の失点数としては最多である。また、投手の1試合3本塁打は後輩の堀内恒夫と合わせて2人しか記録しておらず、1試合9打点も投手が1試合で記録した打点としては最多である。石川県営兼六園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ミセリ

    ダン・ミセリから見た堀内恒夫堀内恒夫

    2004年シーズン終了後、日本プロ野球の読売ジャイアンツと契約。本人は2004年シーズンを最後に引退を決意していたが(後述)、巨人サイドの強い要請で現役続行を決意し来日する。先に巨人入団が決定していたゲーブ・キャプラーは、メジャー時代にミセリとチームメイトだったことがあり仲が良く、ミセリのことを「非常に打ちにくい」と球団に推薦していた。監督の堀内恒夫もビデオを見て獲得を希望した。入団時には「メジャー6球団からオファーがあったが、新たな野球にチャレンジできるチャンスだと思った。優勝に貢献できるよう何でもするつもりだ」と意気込みを語った。メジャー通算579試合に登板したその豊富なキャリアから、長年絶対的なクローザー不在に悩んでいた巨人の救世主として期待されていた。ミセリ自身も「50セーブを目指したい」と目標を大きく掲げた。ダン・ミセリ フレッシュアイペディアより)

  • 三澤興一

    三澤興一から見た堀内恒夫堀内恒夫

    2004年に当時の堀内恒夫新監督たっての希望により、根市寛貴+金銭のトレードで巨人に復帰する。3勝したものの怪我もあり15試合の登板にとどまり、オフに戦力外通告を受ける。三澤興一 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤宏志

    佐藤宏志から見た堀内恒夫堀内恒夫

    は新監督の堀内恒夫の目に留まり、自己最多の26試合に登板し一軍に定着。プロ初勝利、プロ初セーブを含む3勝1セーブを挙げた。8月1日の阪神戦でプロ初先発を務め、7回1死まで阪神打線を無失点に抑える好投で、初先発勝利を飾っている。佐藤宏志 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井順也

    酒井順也から見た堀内恒夫堀内恒夫

    投球スタイルは技巧派に近いが、球の球威とキレがあり、2004年に堀内恒夫監督が新守護神候補に酒井の名を挙げるなど期待されていた。しかし、制球の甘さが致命的な課題となっており、度々フォーム改造(オーバースローからサイドスローへ転向)なども試みていた。酒井順也 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    実況:新谷保志、解説:堀内恒夫2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1948年のスポーツ

    1948年のスポーツから見た堀内恒夫堀内恒夫

    1月16日 - 堀内恒夫(山梨県、野球)1948年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 堀田一郎

    堀田一郎から見た堀内恒夫堀内恒夫

    2003年5月5日の対広島戦で、プロ入り初本塁打を高橋建から東京ドームのバックスクリーンへ放ち、感極まりベンチ裏で号泣した。堀内恒夫監督時代(2004 - 2005年)は主に試合終盤での代走や守備固めで出場し、手薄な外野陣を走守面でカバーするなど活躍した。堀田一郎 フレッシュアイペディアより)

179件中 41 - 50件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード