212件中 51 - 60件表示
  • 柴田猛

    柴田猛から見た堀内恒夫堀内恒夫

    引退後は広島( - 一軍ブルペンコーチ)、南海・ダイエー(・ - 一軍バッテリーコーチ, - ・ - 二軍監督)、阪神( - 一軍バッテリーコーチ, 一軍作戦コーチ, 一軍チーフ兼バッテリーコーチ)、オリックス( - 二軍バッテリーコーチ)、ヤクルト(フロント, - 一軍バッテリーコーチ)、兄弟(守備コーチ)、中日( - 調査部員)、巨人( - 運営部特別嘱託スタッフ)、中信(ヘッド兼打撃コーチ)で監督・コーチ・フロント業を歴任。古葉竹織、ドン・ブレイザー、安藤統男、穴吹義雄、杉浦忠、上田利治、田淵幸一、野村、藤田平、江仲豪、星野仙一、長嶋茂雄、原辰徳、堀内恒夫、李来発ら15人の監督に支える。柴田猛 フレッシュアイペディアより)

  • 故意落球

    故意落球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    4回表、巨人の攻撃。一死一塁で打者の堀内恒夫はバントを試みたが、一塁前への小飛球となった。一塁走者の吉田孝司が一塁から動けないのを見たジョン・ミラー一塁手は、併殺を意図してボールをグラブに当てて落とし、すぐに拾って二塁へ送球し、二塁上でそれを受けた遊撃手はそのまま一塁へ送球した。このミラーのプレイは明らかに故意落球であるから、現在のルールでは堀内にアウトが宣告された上でボールデッドになり、二死一塁で試合は再開されるが、1970年当時は、故意落球が発生してもボールインプレイだった(堀内にアウトが宣告されるのは同じ)ため、一塁送球の間に二塁に到達していた吉田の進塁が認められ、試合は二死二塁から再開された(堀内が既にアウトになっているから、中日側は吉田をアウトにするためには吉田自身に触球する必要があった)。故意落球 フレッシュアイペディアより)

  • 内田順三

    内田順三から見た堀内恒夫堀内恒夫

    初安打:1970年4月21日、対読売ジャイアンツ1回戦(後楽園球場)、8回表に緒方勝の代打で出場、堀内恒夫から二塁打内田順三 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年の阪急ブレーブス

    1972年の阪急ブレーブスから見た堀内恒夫堀内恒夫

    10月29日 - 最優秀選手にセ・リーグは巨人の堀内恒夫、パ・リーグは福本豊が選出される。1972年の阪急ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    実況:蛯原哲、解説:堀内恒夫2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1948年のスポーツ

    1948年のスポーツから見た堀内恒夫堀内恒夫

    1月16日 - 堀内恒夫(山梨県、野球)1948年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の野球

    1976年の野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    巨人の堀内恒夫が広島市民球場での対広島20回戦の六回裏に水沼四郎から三振を奪い、プロ通算1500奪三振を達成。1976年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 雨宮捷年

    雨宮捷年から見た堀内恒夫堀内恒夫

    中学時代は捕手、甲府商業高では1年から右翼手のレギュラー。同期のエース大石勝彦(大洋?東映)を擁し、1963年夏の甲子園に出場する。山梨県勢初の3回戦まで進出するが、優勝した明星高に敗退。2年下の控え投手に堀内恒夫がいた。雨宮捷年 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1月11日 - 野球体育博物館は日本野球殿堂入りを発表。競技者表彰のプレーヤー部門では元読売ジャイアンツの堀内恒夫と元広島東洋カープの山本浩二、特別表彰は海草中の嶋清一を選出。本年から創設された競技者表彰エキスパート部門は該当者なし。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    読売ジャイアンツの澤村拓一が対DeNA23回戦で10勝目を挙げ、巨人では堀内恒夫以来45年ぶりとなる新人からの2年連続2桁勝利を記録2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

212件中 51 - 60件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード