179件中 61 - 70件表示
  • セ・リーグオールスター東西対抗

    セ・リーグオールスター東西対抗から見た堀内恒夫堀内恒夫

    甲子園球場にとっては手書きスコアボードによる最後の試合となった(翌年、電光掲示板に全面改装)。また、巨人の同僚時代に兄貴分・弟分のような関係でもあった巨人・堀内恒夫と阪神・小林繁は共にこの大会が現役選手としての最終登板となった。セ・リーグオールスター東西対抗 フレッシュアイペディアより)

  • 1967年の日本シリーズ

    1967年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    巨人の先発・堀内恒夫は1回裏に早くもピンチを迎える。ゴーディ・ウインディが四球、阪本敏三が中堅前安打で無死1、2塁でスペンサーを迎えた。しかし堀内は「巨人の投手は2-0からは絶対に外してくる」との先入観を逆手に取り意表をつく3球勝負でスペンサーを見逃しの三振に仕留めた。続く長池もショートフライに打ち取り、2死。森本を歩かせて2死満塁とするも、早瀬を三振に仕留め、ピンチをしのいだ。1967年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1968年の日本シリーズ

    1968年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    この試合から阪急西宮球場に移る。1回裏、巨人の先発・堀内はスペンサー、矢野、長池に3連続四球を与え、続く森本に2点タイムリーを打たれる乱調ぶり。堀内は森本に打たれた所で降板。3回表に巨人は王の2ランで同点に追い付き、阪急も直後3回裏、長池のタイムリー2塁打で勝ち越す。阪急の先発はこの年29勝を挙げ、勝ち頭となった米田だったが、5回表に王のソロ、柴田の2ランで更に3点を失い、頼みの米田は5回5失点。5回裏、一死から登板した金田もいきなり2四球を与え、満塁から森本に犠牲フライを打たれる。更に1四球を与えて満塁のピンチが続くも、岡村を凡退に切って取り、この回を1点で抑える。巨人は8回表に国松のタイムリー、森の3ランで4点を取り、試合を決めた。1968年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2005年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    この年は分離ドラフトへの制度変更もあり3年ぶりに抽選が行われた。まず1巡目で巨人とオリックスがともに大阪桐蔭高校の辻内崇伸投手を入札したため、抽選が行われた。クジは二つ折りで封筒に入れられ、当たり・外れ両方にNPBの印が押され、当たりクジにのみ「交渉権獲得」の印が二つ折りの内側に押されていたのだが、事前に主催者側(議長:小池唯夫パシフィック・リーグ連盟会長)からの説明が無かった為、オリックス・中村勝広GM(当時)がNPB印を見て当たりクジと勘違いし、巨人・堀内恒夫監督(当時)は、自分のクジに「交渉権獲得」とあったものの喜ぶオリックスを見て外れたのだろうと思い込み、首をひねりながらもそのまま席に戻った。本来ならばこの後に主催者側は両球団が引いたクジの確認をしなければなかったがそれも怠り「交渉権はオリックス」と発表される。2005年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    (セ) ●坂井(洋)、堀内(巨)、平松(洋)、松岡(ヤ)、稲葉(中)?伊藤(洋)、田淵1972年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1968年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1968年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    (セ) ○安仁屋(広)、堀内(巨)、金田(巨)、石戸(サ)?田中(広)、森1968年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 野村克則

    野村克則から見た堀内恒夫堀内恒夫

    、新監督に就任した堀内恒夫が率いる読売ジャイアンツに金銭トレードで移籍した。なお、巨人ではファーストネームやニックネームでの登録を原則認めていないという事情から本名「野村克則」で登録。しかし、正捕手の阿部慎之助の存在により出場はわずか3試合のみに留まり、シーズン終了後球団から戦力外通告を受ける。野村克則 フレッシュアイペディアより)

  • 広野功

    広野功から見た堀内恒夫堀内恒夫

    1966年、ドラフト第1期生(3位)で中日ドラゴンズに入団。オープン戦で右肩を脱臼し、再起不能とまで言われたが、5月には1軍に合流し一塁手のレギュラーを獲得、8月2日には巨人・堀内恒夫から逆転サヨナラ満塁本塁打を放った。しかし1968年には田中勉投手との交換トレードで西鉄ライオンズに移籍する。貧打に悩む西鉄と千原陽三郎の台頭により後継一塁手に不安のなくなった中日の利害が一致した結果だった。西鉄では1969年に20本塁打を放つが、打率が上がらず不本意な結果に終わる。1971年には読売ジャイアンツに移籍、この年の5月20日のヤクルト戦で会田照夫から代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放った。尚、逆転サヨナラ満塁本塁打を2本打った選手は、現在まで広野ただ一人のみである。広野功 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年の日本シリーズ

    1977年の日本シリーズから見た堀内恒夫堀内恒夫

    (巨)●堀内(1敗)、加藤初、新浦?吉田孝、杉山1977年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1974年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1974年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    (セ) 堀内恒夫(読売ジャイアンツ)、平松政次(横浜ベイスターズ)、●松岡弘(ヤクルトスワローズ)?田淵幸一(阪神タイガース)1974年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

179件中 61 - 70件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード