212件中 71 - 80件表示
  • ダン・ミセリ

    ダン・ミセリから見た堀内恒夫堀内恒夫

    2004年シーズン終了後、日本プロ野球の読売ジャイアンツと契約。本人は2004年シーズンを最後に引退を決意していたが(後述)、巨人サイドの強い要請で現役続行を決意し来日する。先に巨人入団が決定していたゲーブ・キャプラーは、メジャー時代にミセリとチームメイトだったことがあり仲が良く、ミセリのことを「非常に打ちにくい」と球団に推薦していた。監督の堀内恒夫もビデオを見て獲得を希望した。入団時には「メジャー6球団からオファーがあったが、新たな野球にチャレンジできるチャンスだと思った。優勝に貢献できるよう何でもするつもりだ」と意気込みを語った。メジャー通算579試合に登板したその豊富なキャリアから、長年絶対的なクローザー不在に悩んでいた巨人の救世主として期待されていた。ミセリ自身も「50セーブを目指したい」と目標を大きく掲げた。ダン・ミセリ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見た堀内恒夫堀内恒夫

    6日 - 自民党の参院議員中村博彦の死去に伴い、2010年の参院選比例名簿により、堀内恒夫が繰り上げ当選。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2005年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た堀内恒夫堀内恒夫

    この年は分離ドラフトへの制度変更もあり3年ぶりに抽選が行われた。まず1巡目で巨人とオリックスがともに大阪桐蔭高校の辻内崇伸を入札したため、抽選が行われた。クジは二つ折りで封筒に入れられ、当たり・外れ両方にNPBの印が押され、当たりクジにのみ「交渉権獲得」の印が二つ折りの内側に押されていたのだが、事前に主催者側(議長:小池唯夫パシフィック・リーグ連盟会長)からの説明が無かった為、オリックスのGMの中村勝広がNPB印を見て当たりクジと勘違いし、巨人の監督の堀内恒夫は、自分のクジに「交渉権獲得」とあったものの喜ぶオリックスを見て外れたのだろうと思い込み、首をひねりながらもそのまま席に戻った。本来ならばこの後に主催者側は両球団が引いたクジの確認をしなければなかったがそれも怠り「交渉権はオリックス」と発表される。2005年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 沢村栄治賞

    沢村栄治賞から見た堀内恒夫堀内恒夫

    現在は沢村賞選考委員会の審議により、毎年12球団の中から原則1名が選出される。過去には1966年には村山実・堀内恒夫の2名、2003年には井川慶・斉藤和巳の2名が同時選出されている。賞金は300万円。最終的な判断は選考委員に委ねられており、選考基準項目はあくまで参考に過ぎない。特に近年は投手の分業化が進んで完投試合数が減ってきており、2001年以降、沢村賞受賞者のうち完投試合数の基準項目である10試合以上を満たした選手はわずか4人しかいない。これについては、選考委員からも完投試合数について、選考基準の見直しを示唆する声も出てきていた。また、200投球回達成者がいないシーズンも近年は増えており、これらに対応するために2018年から新たに「沢村賞の基準で定めたクオリティー・スタート(QS)の達成率を含む」が補則項目として加えられた。QSの基準は「先発で登板した全試合に占める、投球回数7回で自責点3点以内」となる。沢村栄治賞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤宏志

    佐藤宏志から見た堀内恒夫堀内恒夫

    は新監督の堀内恒夫の目に留まり、自己最多の26試合に登板し一軍に定着。プロ初勝利、プロ初セーブを含む3勝1セーブを挙げた。8月1日の阪神戦でプロ初先発を務め、7回1死まで阪神打線を無失点に抑える好投で、初先発勝利を飾っている。佐藤宏志 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克則

    野村克則から見た堀内恒夫堀内恒夫

    の開幕前、金銭トレードで新監督として就任した堀内恒夫が率いる読売ジャイアンツへ移籍。その際には背番号は松井秀喜の移籍で空番となっていた55を勧められたが本人は「荷が重い」として63となった。なお読売ジャイアンツでは本名で登録を原則としているため「野村克則」として登録。しかし、一軍出場は僅か3試合に留まり、同年オフにたった一年程度で戦力外通告を受けた。その際にジャイアンツ側からブルペン捕手、または二軍バッテリーコーチ就任を打診されたが、現役続行を希望し、12球団合同トライアウトを受けた。トライアウトでは2打席連続本塁打を放つなどの活躍が田尾安志の目に留まり、この年に誕生した新球団・東北楽天ゴールデンイーグルスが獲得を発表。この時の経緯はTBSテレビの「プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達」で紹介された。野村克則 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の野球

    1987年の野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    巨人の桑田真澄が札幌円山球場での対広島11回戦で勝利投手となってシーズン10勝目を挙げ、1967年の江夏豊、堀内恒夫が記録して以来の20年ぶり10代での2ケタ勝利を記録。1987年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た堀内恒夫堀内恒夫

    東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹が対西武戦(コボスタ宮城)でドラフト制導入以降の高卒新人では堀内恒夫の記録を更新する70回2/3無本塁打。達成直後にエルネスト・メヒアに本塁打を打たれ記録は71回1/3でストップ2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 岡島秀樹

    岡島秀樹から見た堀内恒夫堀内恒夫

    福本豊は「あっち向いてホイ投法やね」、元チームメイトのJ.C.ロメロは「彼は自動操縦だな (He's on autopilot, man.)」、アレックス・コーラは「彼の目は首についている (His eyes are in his neck.)」と言っている。星野仙一は「あんな投げ方でよくストライクが入るね」、巨人時代の元監督・堀内恒夫は「子供は真似しちゃいけません」と解説で発言している。角盈男は「打者からするとどこに飛んでくるかわからない、ぶつけられるかもしれない、恐怖心を煽るフォーム」と指摘している。ボストン・レッドソックス監督のテリー・フランコーナは、「あんな投げ方でコントロールできるのか?」と聞きそびれているうちに、本人が実績を残し聞くに聞けなくなったという。ジェイソン・バリテックは、SHEILAからのインタビューで「岡島(秀樹)さんみたいな(独特な)投げ方って捕球しにくくない?」という質問に対して、「大丈夫だよ、ミットめがけて投げているから(笑)」とコメントした。岡島秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本慎也

    宮本慎也から見た堀内恒夫堀内恒夫

    からは、日刊スポーツの野球評論家や、NHKの野球解説者に転身。同年1月21日には、プロ野球経験者の代表・堀内恒夫(元巨人投手・コーチ・一軍監督、参議院議員)の後任扱いで、日本野球機構の調査委員へ就任することが理事会で承認された。宮本慎也 フレッシュアイペディアより)

212件中 71 - 80件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード