138件中 91 - 100件表示
  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たメジャーリーグ

    現在は日本テレビ、スポーツ報知野球解説者などを務める。研究と趣味を兼ね、スケジュールの合間をぬってメジャーリーグ観戦に熱心に足を運んでいる。2006年3月5日には、東京ドームで行われたWBC1次リーグの日本vs.韓国戦を皇太子夫妻が観戦に訪れた際、巨人球団会長の渡邉恒雄、コミッショナーの根來泰周とともに同席。解説を務めた。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た阪急西宮スタジアム

    甲府市立甲府商業高等学校では1年生次からレギュラーとなり、県大会を勝ち抜き山梨県代表となった。しかし、堀内が出場した第45回記念大会(1963年)は記念大会のため出場校が多く、会場に阪急西宮球場と甲子園を併用し、甲府商は西宮組に入ったために甲子園では投げていない。これは『巨人の星』でもエピソードに使われている。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た1981年の日本シリーズ

    4月9日の対中日戦で、球団通算3000勝目の勝利投手となる。1980年6月2日の対ヤクルト戦で通算200勝を達成。巨人一筋で200勝を挙げたのは中尾碩志と堀内のみ。しかしに藤田元司が監督に就任すると、江川卓、西本聖、定岡正二の台頭により登板が急激に減り、同年の日本シリーズでは登板機会がなく、には投手コーチ兼任となる。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た史上最強打線

    大阪近鉄バファローズからタフィ・ローズ、福岡ダイエーホークスから小久保裕紀とパ・リーグ本塁打王経験者が2選手同時に加入。怪我のため前年出場ゼロの小久保は41本塁打、96打点と復活。ローズも45本塁打、99打点と猛打を発揮し、本塁打王とベストナインを獲得。一番から仁志敏久、清水隆行、ローズ、高橋由伸、小久保、ペタジーニ、阿部慎之助、二岡智宏と続く「史上最強打線」はプロ野球記録のチーム259本塁打を記録し、究極の形となる。しかし、投手陣の不調を補って前半戦こそ優勝を争ったものの次第に超重量打線に極力サインを省いた戦いが機能しなくなり、機動力不足や高齢化による守備力の低下が目立つようになる。6月の中日戦で同一カード3連敗を喫し、首位を奪われ失速。優勝した中日に8ゲーム差を離されて3位に終わる。優勝した中日は福留孝介、アレックス、荒木雅博、井端弘和ら「打って走って守れる選手」と、川上憲伸を中心とする安定した投手力による“守り勝ち”野球だった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た第45回全国高等学校野球選手権大会

    甲府市立甲府商業高等学校では1年生次からレギュラーとなり、県大会を勝ち抜き山梨県代表となった。しかし、堀内が出場した第45回記念大会(1963年)は記念大会のため出場校が多く、会場に阪急西宮球場と甲子園を併用し、甲府商は西宮組に入ったために甲子園では投げていない。これは『巨人の星』でもエピソードに使われている。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た新潮文庫

    ただ栄光のために―堀内恒夫物語、海老沢泰久著、新潮文庫、ISBN 4101266034堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た1971年の日本シリーズ

    日本シリーズ最優秀投手賞:4回 (1970年、1971年、1972年、1973年)堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たプロ野球監督

    堀内 恒夫(ほりうち つねお、1948年1月16日 - )は、山梨県甲府市出身の元プロ野球選手(投手)・監督堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たドロップ

    小学生時代に右手人差し指をうどん製作機に挟まれ、1cmほど切断する大怪我を負っている。しかしそのハンディキャップが逆に独特の大きなカーブ(ドロップ)を生み出すことになった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た視聴率

    シーズン終盤は高橋由・ローズ・清原などが離脱した反面、矢野謙次、亀井義行など生え抜きの若手選手が活躍を見せる光明もあった。しかし、先発投手陣は崩壊したままで、投手陣の明るい話題は工藤公康の11勝のみでチーム防御率は2年連続で球団のワースト記録を更新した。チームはBクラスに低迷し、一部週刊誌には堀内の采配を批判する記事が後を絶たなかった。関東での視聴率の減少で地上波のプロ野球中継の激減が始まったのもこの年からである。終盤はやや盛り返して5位となり、30年ぶりの最下位こそ免れたものの、球団シーズンワースト記録となる80敗を喫した。優勝した阪神は1,2番の起動力と下位打線のつなぎにより1点を確実に取り、JFKによる安定したリリーフ陣によって守る“安定型”野球だった。この年を持って「敗軍の将、兵を語らず」の言葉を残し辞任した。球団史上初の優勝経験無しの監督という、非常に不名誉な記録を残すこととなった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

138件中 91 - 100件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード