151件中 101 - 110件表示
  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た週刊朝日

    新人の開幕連勝記録を更新中の時に、週刊朝日編集部がホームプレート上に光電式の速度計測装置を使用して測定した結果155km/hを記録した。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たチェンジアップ

    球質は軽いが切れがよく、遠くから弓なりに伸びる直球、一度浮き上がってから突然急ブレーキがかかったように曲がり落ちる大きなカーブ、ロサンゼルス・ドジャースのベロビーチキャンプに参加した際、ビル・シンガーから教えを受けたチェンジアップを武器とした。コントロールは危なかったが逆球にはならずピンチに強かった。体重が理想的に配分された身体で、均整のとれた体格であった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た巨人の星

    甲府市立甲府商業高等学校では1年生次から中堅手、控え投手として活躍。夏の甲子園県予選決勝では、3年生エース大石勝彦をリリーフして機山工を降す。しかし第45回記念大会は出場校が多く、会場に阪急西宮球場と甲子園を併用し、甲府商は西宮組に入ったために甲子園に行くことはなかった。これは『巨人の星』でもエピソードに使われている。大会では武雄高、宮崎商を降し山梨県勢初の3回戦に進出するが、優勝した明星に0-11で完敗。堀内はリリーフで2試合に登板している。2年上のチームメートには雨宮捷年右翼手がいた。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た1965年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1965年の第一回ドラフト会議で1位指名を受け読売ジャイアンツに入団。1年目のキャンプ終盤、高橋一三に代わり一軍昇格し5月に一度二軍に落ちたもののすぐ復帰しそのまま一軍に定着。プロ初登板(初先発)の投球練習時には1球目をわざとバックネットに投げて緊張をほぐしたという。5月30日の対大洋戦から6月22日の対サンケイ戦にかけて44回連続無失点を記録するなど、セ・リーグ記録(新人記録でもある)となる開幕13連勝を含む16勝を記録。最優秀防御率、最高勝率、沢村賞、新人王のタイトルを獲得し、チームの優勝に貢献した。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナイン:2回 (1972年、1974年)堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た引退試合

    、現役引退を発表。引退試合(10月22日の対大洋戦)では、巨人3点リードの8回表から登板。8回裏に回ってきた現役最終打席で本塁打を放っている。投手としては2イニングを抑えてセーブを記録。引退試合での現役最終打席は、「ホリさんまで打順を回そう」と野手陣が打ちまくったことにより実現した。引退試合後の1983年の日本シリーズには出場しなかった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たメジャーリーグ

    から現在まで、日本テレビ野球解説者、スポーツ報知野球評論家に復帰。研究と趣味を兼ね、スケジュールの合間をぬってメジャーリーグ観戦に熱心に足を運んでいる。2006年3月5日には、東京ドームで行われたWBC1次リーグの日本vs.韓国戦を皇太子夫妻が観戦に訪れた際、巨人球団会長の渡邉恒雄、コミッショナーの根來泰周とともに同席。解説を務めた。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た1981年の日本シリーズ

    はリーグ最多の18敗を喫しチームも最下位に終わった。4月9日の対中日戦で、球団通算3000勝目の勝利投手となる。1980年6月2日の対ヤクルト戦で通算200勝を達成。巨人一筋で200勝を挙げたのは中尾碩志と堀内のみ。しかし、に藤田元司が監督に就任すると、江川卓、西本聖、定岡正二の台頭により登板が急激に減り、同年の日本シリーズでは登板機会がなく、には投手コーチ兼任となる。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た第45回全国高等学校野球選手権大会

    甲府市立甲府商業高等学校では1年生次から中堅手、控え投手として活躍。夏の甲子園県予選決勝では、3年生エース大石勝彦をリリーフして機山工を降す。しかし第45回記念大会は出場校が多く、会場に阪急西宮球場と甲子園を併用し、甲府商は西宮組に入ったために甲子園に行くことはなかった。これは『巨人の星』でもエピソードに使われている。大会では武雄高、宮崎商を降し山梨県勢初の3回戦に進出するが、優勝した明星に0-11で完敗。堀内はリリーフで2試合に登板している。2年上のチームメートには雨宮捷年右翼手がいた。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た1971年の日本シリーズ

    日本シリーズ最優秀投手賞:4回 (1970年、1971年、1972年、1973年)堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

151件中 101 - 110件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード