138件中 21 - 30件表示
  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た原辰徳

    オフ、原辰徳が突然辞任した後継として巨人監督に就任する。就任会見では「青天の霹靂。この時期にまったく予想していなかったし、大変なことになったなと…」と複雑な心境を吐露した。一方で「投手を中心とした守りの野球」「藤田元司さんのようなチーム作りを目指す」と早くも抱負を述べるなど意欲を見せた。監督時代の背番号は88で、これは甲府商時代の恩師・菅沼八十八にちなんでつけたもの。なお、2リーグ制以降の投手出身の巨人監督は藤田に続き2人目。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た川上憲伸

    大阪近鉄バファローズからタフィ・ローズ、福岡ダイエーホークスから小久保裕紀とパ・リーグ本塁打王経験者が2選手同時に加入。怪我のため前年出場ゼロの小久保は41本塁打、96打点と復活。ローズも45本塁打、99打点と猛打を発揮し、本塁打王とベストナインを獲得。一番から仁志敏久、清水隆行、ローズ、高橋由伸、小久保、ペタジーニ、阿部慎之助、二岡智宏と続く「史上最強打線」はプロ野球記録のチーム259本塁打を記録し、究極の形となる。しかし、投手陣の不調を補って前半戦こそ優勝を争ったものの次第に超重量打線に極力サインを省いた戦いが機能しなくなり、機動力不足や高齢化による守備力の低下が目立つようになる。6月の中日戦で同一カード3連敗を喫し、首位を奪われ失速。優勝した中日に8ゲーム差を離されて3位に終わる。優勝した中日は福留孝介、アレックス、荒木雅博、井端弘和ら「打って走って守れる選手」と、川上憲伸を中心とする安定した投手力による“守り勝ち”野球だった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た西本聖

    4月9日の対中日戦で、球団通算3000勝目の勝利投手となる。1980年6月2日の対ヤクルト戦で通算200勝を達成。巨人一筋で200勝を挙げたのは中尾碩志と堀内のみ。しかしに藤田元司が監督に就任すると、江川卓、西本聖、定岡正二の台頭により登板が急激に減り、同年の日本シリーズでは登板機会がなく、には投手コーチ兼任となる。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た沢村栄治賞

    1965年のドラフト1位で読売ジャイアンツに入団し、1年目のから一軍に定着。プロ初登板(初先発)の投球練習時には1球目をわざとバックネットに投げて緊張をほぐしたという。5月30日の対大洋戦から6月22日の対サンケイ戦にかけて44回連続無失点を記録するなど、セ・リーグ記録(新人記録でもある)となる開幕13連勝を含む16勝を記録。最優秀防御率、最高勝率、沢村賞、新人王のタイトルを獲得。入団時の背番号は21だったが、翌からはエースナンバー18を背負った。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た讀賣テレビ放送

    2009年7月頃、「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ制作・日本テレビ系列)に山梨県民として出演。全国の盆地がある県民が盆地について討議する「盆地サミット」では以前堀内の母校である甲府商業高校の講演会(巨人監督時分)でも出てきたフレーズである「山は有っても山梨(無)県」という堀内の常套句が出てきた。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たコナミ

    発売コナミ。いずれも解説者役として出演堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たゴールデングラブ賞

    守備では、ダイヤモンドグラブ賞を創設年のから7年連続で受賞。非常にクイックがうまく、「世界の盗塁王」福本豊をして「全く癖が見抜けなかった」と言わしめ、一度も盗塁を成功させなかった。日本シリーズでは、捕手が弱肩とされる森祇晶であったにもかかわらず福本には一度も盗塁を許していない。また、オールスターゲームで対戦した際にも、堀内がわざと一塁へ歩かせた福本を田淵幸一が刺している。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た阪神タイガース

    1歳年下の江夏豊(阪神タイガース)とはライバル関係にあった。江夏が堀内と呼び捨てに記者に話している事を聞きつけて、腹を立てていたという。ともに99勝で迎えた一戦で投げ合い、この時は堀内が完封で勝利して先に100勝を達成したが、150勝を懸けた試合でも対戦し、この時は江夏に軍配が上がっている。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た広島東洋カープ

    打撃では通算21本塁打を記録。特に1967年10月10日の対広島戦(後楽園球場)ではノーヒットノーランを達成し、さらに自ら3打席連続本塁打を放っている。投手による3打席連続本塁打は史上唯一。これに関して本人は現役引退後、「4打席目にホームランを打てずガッカリしてベンチに戻った際に他の選手に言われるまでノーヒットノーランに気付いていなかった。『4打席連続本塁打の代わりにノーヒットノーランでいいや』『あーあ、しょうがねえ、じゃあノーヒットノーランでもやるか』と思った」と語っている。1973年の日本シリーズ第3戦では2本塁打を放っているが、日本シリーズで投手の1試合複数本塁打も史上唯一。この2本塁打などの活躍で1972年、1973年と2年連続で日本シリーズMVPを受賞している。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た阪神甲子園球場

    甲府市立甲府商業高等学校では1年生次からレギュラーとなり、県大会を勝ち抜き山梨県代表となった。しかし、堀内が出場した第45回記念大会(1963年)は記念大会のため出場校が多く、会場に阪急西宮球場と甲子園を併用し、甲府商は西宮組に入ったために甲子園では投げていない。これは『巨人の星』でもエピソードに使われている。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

138件中 21 - 30件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード