138件中 31 - 40件表示
  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た2009年

    1月11日、野球殿堂競技者表彰選考にて、野球殿堂入り。殿堂入り表彰式は、2008年8月1日のオールスターゲーム第2戦(横浜スタジアム)の際に執り行われた。2009年9月からは読売新聞のTVCMに解説者役として出演している。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た定岡正二定岡 正二

    4月9日の対中日戦で、球団通算3000勝目の勝利投手となる。1980年6月2日の対ヤクルト戦で通算200勝を達成。巨人一筋で200勝を挙げたのは中尾碩志と堀内のみ。しかしに藤田元司が監督に就任すると、江川卓、西本聖、定岡正二の台頭により登板が急激に減り、同年の日本シリーズでは登板機会がなく、には投手コーチ兼任となる。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た横浜スタジアム

    1月11日、野球殿堂競技者表彰選考にて、野球殿堂入り。殿堂入り表彰式は、2008年8月1日のオールスターゲーム第2戦(横浜スタジアム)の際に執り行われた。2009年9月からは読売新聞のTVCMに解説者役として出演している。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た海野一幸

    2005年に地元山梨でオープン戦が行われた際、隣の競技場で地元のJリーグクラブ・ヴァンフォーレ甲府の試合と日程がかぶってしまうことが発覚。そのため堀内は甲府社長の海野一幸と相談。結果、オープン戦の日程を一日ずらすことで決着した。野球とサッカーの両方を観戦したい県民に対しての配慮ともいえる。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た柴田勲

    「悪太郎」とあだ名される通り、「鬼軍曹」と恐れられていた当時寮長の武宮敏明は巨人歴代三ワルとして王貞治、柴田勲と堀内を挙げている。寮生活では門限破りの常習犯として知られていて、武宮の目を逃れるため風呂場の窓から入った、寮から抜け出すために非常用のはしごを買っていた、帰宅を待ち構えていた王に殴られた(『見かねた王の鉄拳伝説』)、ファンが家族を装って寮に電話をかけてきたために部屋を抜け出していたことが発覚したなどの逸話は数知れない。本人曰く、門限破りで見つかったのは100回以上のうち3回だけとの事。巨人では当時門限を一度破ると8万円、二度目は16万円と回を重ねるごとに罰金が倍になる決まりであったが、当時堀内の毎月の手取りは30万前後だったため、3回目の門限破りをした月には、給料袋にマイナス6万円と書いた紙が入っていたという。外へ飲みに行っていたため、チームメイトと一緒に門限を破っていたわけだが、堀内一人が門限破りで見つかった時も、ほかのチームメイトのことは黙っていたという。しかし自らの監督時代には、キャンプ中の夜の外出を全面的に禁止した。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た海老沢泰久

    ただ栄光のために―堀内恒夫物語、海老沢泰久著、新潮文庫、ISBN 4101266034堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たビル・シンガー

    ロサンゼルス・ドジャースのベロビーチキャンプに参加した際、ビル・シンガーからチェンジアップを学んだ。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た水沼四郎

    1500奪三振:1976年8月17日、対広島東洋カープ20回戦(広島市民球場)、6回裏に水沼四郎から ※史上23人目堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た田中正仁

    堀内恒夫―悪太郎まかり通る! 名球会comics、永島直樹・田中正仁著、ぎょうせい、ISBN 4324026548堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た二岡智宏

    大阪近鉄バファローズからタフィ・ローズ、福岡ダイエーホークスから小久保裕紀とパ・リーグ本塁打王経験者が2選手同時に加入。怪我のため前年出場ゼロの小久保は41本塁打、96打点と復活。ローズも45本塁打、99打点と猛打を発揮し、本塁打王とベストナインを獲得。一番から仁志敏久、清水隆行、ローズ、高橋由伸、小久保、ペタジーニ、阿部慎之助、二岡智宏と続く「史上最強打線」はプロ野球記録のチーム259本塁打を記録し、究極の形となる。しかし、投手陣の不調を補って前半戦こそ優勝を争ったものの次第に超重量打線に極力サインを省いた戦いが機能しなくなり、機動力不足や高齢化による守備力の低下が目立つようになる。6月の中日戦で同一カード3連敗を喫し、首位を奪われ失速。優勝した中日に8ゲーム差を離されて3位に終わる。優勝した中日は福留孝介、アレックス、荒木雅博、井端弘和ら「打って走って守れる選手」と、川上憲伸を中心とする安定した投手力による“守り勝ち”野球だった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

138件中 31 - 40件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード