151件中 81 - 90件表示
  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た川崎球場

    初完投勝利・初完封勝利:1966年5月30日、対大洋ホエールズ11回戦(川崎球場堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た1973年の日本シリーズ

    打撃も上手く、投手では通算で21本塁打を記録。特に1967年10月10日の対広島戦(後楽園球場)ではノーヒットノーランを達成し、さらに自ら3打席連続本塁打を放っている。投手による3打席連続本塁打は史上唯一。これに関して本人は現役引退後、「4打席目にホームランを打てず(中前安打)ガッカリしてベンチに戻った際に、自分でも打撃に熱中していたことから、他の選手に言われるまでノーヒットノーランに気付いていなかった。『4打席連続本塁打の代わりにノーヒットノーランでいいや』『あーあ、しょうがねえ、じゃあノーヒットノーランでもやるか』と思った」と語っている。1973年の日本シリーズ第3戦では2本塁打を放っているが、日本シリーズで投手の1試合複数本塁打も史上唯一。この2本塁打などの活躍で1972年、1973年と2年連続で日本シリーズMVPを受賞。1983年の引退登板でも当時大洋の金沢次男投手からホームランを放っている。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た後楽園球場

    巨人はレギュラーシーズンで過去5度、相手チームの胴上げを目の前で見る屈辱を喫したが、堀内はそのうち3度もグランドで立ち会ったは後楽園球場で選手、は明治神宮野球場でコーチ、2005年は阪神甲子園球場で監督として見ることになってしまった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た1972年の日本シリーズ

    打撃も上手く、投手では通算で21本塁打を記録。特に1967年10月10日の対広島戦(後楽園球場)ではノーヒットノーランを達成し、さらに自ら3打席連続本塁打を放っている。投手による3打席連続本塁打は史上唯一。これに関して本人は現役引退後、「4打席目にホームランを打てず(中前安打)ガッカリしてベンチに戻った際に、自分でも打撃に熱中していたことから、他の選手に言われるまでノーヒットノーランに気付いていなかった。『4打席連続本塁打の代わりにノーヒットノーランでいいや』『あーあ、しょうがねえ、じゃあノーヒットノーランでもやるか』と思った」と語っている。1973年の日本シリーズ第3戦では2本塁打を放っているが、日本シリーズで投手の1試合複数本塁打も史上唯一。この2本塁打などの活躍で1972年、1973年と2年連続で日本シリーズMVPを受賞。1983年の引退登板でも当時大洋の金沢次男投手からホームランを放っている。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た自由民主党 (日本)

    堀内 恒夫(ほりうち つねお、1948年1月16日 - )は、山梨県甲府市出身の元プロ野球選手(投手)、監督、政治家。自由民主党所属の前参議院議員(1期)。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たノーヒットノーラン

    打撃も上手く、投手では通算で21本塁打を記録。特に1967年10月10日の対広島戦(後楽園球場)ではノーヒットノーランを達成し、さらに自ら3打席連続本塁打を放っている。投手による3打席連続本塁打は史上唯一。これに関して本人は現役引退後、「4打席目にホームランを打てず(中前安打)ガッカリしてベンチに戻った際に、自分でも打撃に熱中していたことから、他の選手に言われるまでノーヒットノーランに気付いていなかった。『4打席連続本塁打の代わりにノーヒットノーランでいいや』『あーあ、しょうがねえ、じゃあノーヒットノーランでもやるか』と思った」と語っている。1973年の日本シリーズ第3戦では2本塁打を放っているが、日本シリーズで投手の1試合複数本塁打も史上唯一。この2本塁打などの活躍で1972年、1973年と2年連続で日本シリーズMVPを受賞。1983年の引退登板でも当時大洋の金沢次男投手からホームランを放っている。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た読売新聞

    現役引退翌年のから王貞治監督の下で巨人投手コーチ専任。からまで、日本テレビ・RFラジオ日本のプロ野球解説者やスポーツ報知野球評論家。からまでは監督・長嶋茂雄の下で巨人の一軍投手コーチ、ヘッドコーチを歴任した。からまで、日本テレビ野球解説者、スポーツ報知野球評論家に復帰。また読売新聞スポーツアドバイザーとして、野球教室のイベント等にも携わっていた。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た横浜DeNAベイスターズ

    、現役引退を発表。引退試合(10月22日の対大洋戦)では、巨人3点リードの8回表から登板。8回裏に回ってきた現役最終打席で本塁打を放っている。投手としては2イニングを抑えてセーブを記録。引退試合での現役最終打席は、「ホリさんまで打順を回そう」と野手陣が打ちまくったことにより実現した。引退試合後の1983年の日本シリーズには出場しなかった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た最高勝率 (野球)

    1965年の第一回ドラフト会議で1位指名を受け読売ジャイアンツに入団。1年目のキャンプ終盤、高橋一三に代わり一軍昇格し5月に一度二軍に落ちたもののすぐ復帰しそのまま一軍に定着。プロ初登板(初先発)の投球練習時には1球目をわざとバックネットに投げて緊張をほぐしたという。5月30日の対大洋戦から6月22日の対サンケイ戦にかけて44回連続無失点を記録するなど、セ・リーグ記録(新人記録でもある)となる開幕13連勝を含む16勝を記録。最優秀防御率、最高勝率、沢村賞、新人王のタイトルを獲得し、チームの優勝に貢献した。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た野球殿堂 (日本)

    1月11日、野球殿堂競技者表彰選考にて、野球殿堂入り。殿堂入り表彰式は、2008年8月1日のオールスターゲーム第2戦(横浜スタジアム)の際に執り行われた。2009年9月からは読売新聞のTVCMに解説者役として出演している。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

151件中 81 - 90件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード