138件中 81 - 90件表示
  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たノーヒットノーラン

    打撃では通算21本塁打を記録。特に1967年10月10日の対広島戦(後楽園球場)ではノーヒットノーランを達成し、さらに自ら3打席連続本塁打を放っている。投手による3打席連続本塁打は史上唯一。これに関して本人は現役引退後、「4打席目にホームランを打てずガッカリしてベンチに戻った際に他の選手に言われるまでノーヒットノーランに気付いていなかった。『4打席連続本塁打の代わりにノーヒットノーランでいいや』『あーあ、しょうがねえ、じゃあノーヒットノーランでもやるか』と思った」と語っている。1973年の日本シリーズ第3戦では2本塁打を放っているが、日本シリーズで投手の1試合複数本塁打も史上唯一。この2本塁打などの活躍で1972年、1973年と2年連続で日本シリーズMVPを受賞している。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た最優秀選手 (野球)

    27歳の若さで150勝を達成するなどまで13年連続2桁勝利を挙げ、V9時代のエースとして活躍。通算12回のリーグ優勝、9度の日本一に貢献した。には26勝を挙げ、セ・リーグMVPに選出されている。この年の堀内を最後にセ・リーグでシーズン25勝以上した投手はいない。V9を含め、巨人はからまでセ・リーグMVPを独占したが、この間ON(王貞治・長嶋茂雄)以外で受賞したのは堀内が唯一。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た最高勝率 (野球)

    1965年のドラフト1位で読売ジャイアンツに入団し、1年目のから一軍に定着。プロ初登板(初先発)の投球練習時には1球目をわざとバックネットに投げて緊張をほぐしたという。5月30日の対大洋戦から6月22日の対サンケイ戦にかけて44回連続無失点を記録するなど、セ・リーグ記録(新人記録でもある)となる開幕13連勝を含む16勝を記録。最優秀防御率、最高勝率、沢村賞、新人王のタイトルを獲得。入団時の背番号は21だったが、翌からはエースナンバー18を背負った。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た最優秀防御率

    1965年のドラフト1位で読売ジャイアンツに入団し、1年目のから一軍に定着。プロ初登板(初先発)の投球練習時には1球目をわざとバックネットに投げて緊張をほぐしたという。5月30日の対大洋戦から6月22日の対サンケイ戦にかけて44回連続無失点を記録するなど、セ・リーグ記録(新人記録でもある)となる開幕13連勝を含む16勝を記録。最優秀防御率、最高勝率、沢村賞、新人王のタイトルを獲得。入団時の背番号は21だったが、翌からはエースナンバー18を背負った。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た東京ドーム

    3月29日には、東京ドームで開催された日本初のメジャーリーグ公式戦・ニューヨーク・メッツ対シカゴ・カブスで、この試合を観戦に来た皇太子徳仁親王夫妻の横に座り、野球解説を行った。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    守備では、ダイヤモンドグラブ賞を創設年のから7年連続で受賞。非常にクイックがうまく、「世界の盗塁王」福本豊をして「全く癖が見抜けなかった」と言わしめ、一度も盗塁を成功させなかった。日本シリーズでは、捕手が弱肩とされる森祇晶であったにもかかわらず福本には一度も盗塁を許していない。また、オールスターゲームで対戦した際にも、堀内がわざと一塁へ歩かせた福本を田淵幸一が刺している。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た読売新聞

    その後、日本テレビのプロ野球解説や、巨人の投手コーチ、ヘッドコーチを歴任した( - 、 - )。読売新聞スポーツアドバイザーとして、野球教室のイベント等にも携わっていた。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見たゴルフ

    趣味はゴルフ。また、無類のプラモデル好きで「日本の名城」等を寮でよく作ったという。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た週刊誌

    シーズン終盤は高橋由・ローズ・清原などが離脱した反面、矢野謙次、亀井義行など生え抜きの若手選手が活躍を見せる光明もあった。しかし、先発投手陣は崩壊したままで、投手陣の明るい話題は工藤公康の11勝のみでチーム防御率は2年連続で球団のワースト記録を更新した。チームはBクラスに低迷し、一部週刊誌には堀内の采配を批判する記事が後を絶たなかった。関東での視聴率の減少で地上波のプロ野球中継の激減が始まったのもこの年からである。終盤はやや盛り返して5位となり、30年ぶりの最下位こそ免れたものの、球団シーズンワースト記録となる80敗を喫した。優勝した阪神は1,2番の起動力と下位打線のつなぎにより1点を確実に取り、JFKによる安定したリリーフ陣によって守る“安定型”野球だった。この年を持って「敗軍の将、兵を語らず」の言葉を残し辞任した。球団史上初の優勝経験無しの監督という、非常に不名誉な記録を残すこととなった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た秘密のケンミンSHOW

    2009年7月頃、「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ制作・日本テレビ系列)に山梨県民として出演。全国の盆地がある県民が盆地について討議する「盆地サミット」では以前堀内の母校である甲府商業高校の講演会(巨人監督時分)でも出てきたフレーズである「山は有っても山梨(無)県」という堀内の常套句が出てきた。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

138件中 81 - 90件表示

「堀内恒夫」のニューストピックワード